女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント返信

なんか気が付いたら、凄い量のコメント溜まってました(ぉ
ちなみに、イベント参加者の方々から寄せられたコメントは、後日返しますね~。

☆SSさん
>武神闘宴・グラビ亜に毒けむり玉って効果あるんですか?

えーとですね、毒けむり玉の効果は「着弾した周囲の空域に居るモンスターに毒属性値10を与える」なんです。
なので、イャンクックなら初期の毒耐性が確か100だったので、10個(以上)投げれば毒けむり玉でも毒化できます。

武神の黒グラを毒けむり玉で毒化させるには、初期耐性値200なので、複数人で大量に投げまくらないと毒化しないです。
なので、効果のあるなしでは、「ある」なんですけど、戦法として導入できるレベルではないですね。

☆はまちさん
>MHFは過去にヘヴィの射程修正というのもありました。
そーなんですよ、過去のシリーズでは、超遠距離からの射撃ができたんですよね。
「ポータブル」も、黒龍を隣のエリアから拡散弾で狙うという事が出来ましたし、状態異常弾も肉質無視でした。
この仕様は「P2」からは無くなったんですけど、修正の時期がバラバラなあたり、MHPのスタッフとMHFのスタッフはそれぞれ別々に修正を加えたんでしょうね。
会社内でそれぞれ相互に連絡くらいしてたら良いと思うんですけど。

>アカムはお金がないハンターの強い味方ですねb
俺もちょっとやってみましたが、確かにアカムは美味しいですねw
雷系のランスで7分でしたw

☆イクバクさん
>ドドブラ亜種の池ポチャ
でも、実際に使ってみると、殆ど使い所ないですよ(汗)
あと、雪山でティガを上手く壁に噛みつかせるには、ちょっとコツが要るんですよ。
壁に対して垂直に突っ込んでくるように、納槍して適切な位置に移動して待つのが重要なんです。

>それにしてもナズチはやりにくい…
けむり玉を使ってみてはいかがで?
影が浮かび上がりますよ。

>ちょうど成人式の前日で、口先で祝う大人達より自分を一人前と認めてくれたようだったよ。
でもね、その人の「成人の儀」を心から祝ってくれる人は、その人の両親だけなんです。
どっちにせよちょっと皮肉な話ですよね。

☆Melokuさん
ハイ、エリア6の高台にもラージャンは乗るんですけど、エリア6では落とし穴が使えないので、バックジャンプ雷弾を誘発する方法がないんですよ。
股間でガードして待って、ボディプレス→バックジャンプ雷弾待ち、と言ったところでしょうか…。

☆TAPさん
もう、超ぶっちゃけてしまいますけど、あの記事はSasamingさんやTAPさんみたいに、弓を極めた人あての記事だったんですよね。
ただ俺個人が公開先を指定するのもさすがにアレだなと思ったので、極めた弓師さん(か、強く要望する方)に自発的に申し出て頂きたく、「ナルガ弓5分針」というとんでもないハードルを加えた訳です。

え? 俺自身はナルガ弓30分針です(ぉ

>【臭い】を嗅ぎ取って立ち回ってますよ。
実際には、そういう微妙な勘どころを掴んで動く、ってのが大事だと思うんですよね~。
物ごとには、データに取りきれない細々とした事象が様々に絡み合うのが殆どですから、やはりセンスで動ける、ってのは大事だと思います。
まぁ、俺みたいなマニュアル人間は、データを取って試す…の繰り返しですが、これも一種の性分なので仕方ないなぁ、と思っております。

☆者武さん
実は俺も環境がないのに勢いでイベント始めちゃってどうしようと思ってます。
これが半分マジなので困りもんです。

☆YUZUさん
>面白そうな記事だったのでバトン受け取ってみました。
や、どうもありがとうございます! 
意外とやって頂けてる方が多いので嬉しゅうございます!

>この理論的なアプローチ、すごいですね!
モンハンって、結構曖昧な部分が多いじゃないですか。
そのシステムの作りこみって凄いよな~、と思う反面、何が効率良くて何が効率悪いのか…が微妙に分かりにくいため、ちょっと調べてみようというのを繰り返していたら、モンハン雑学ブログになり果てております(ぉ
俺自身は文系なんですけどね…。

☆LUNAさん
>「武神」がテーマのバトン
武神バトンにお答え頂きありがとうございます!
しかしLUNAさん、全武器余裕、ナルガを一撃で倒すって凄いですね!

…何か俺も背中に散弾を撃たれる予感がッ!!(ぉ

☆イクバクさん
>今度からキリンは秘境のだけにしておこう…
それが吉です。
どーゆー訳か、俺も沼地のキリンは異常にタフなような気がして、行く気になれないんですよね。
秘境の方がエリアチェンジできない分、キツイはずなんですけど…。
それと、キリンはイカヅチの山のが楽ですよ。

>武神関係のQは以下省略します。
武神バトンになってNEEEEEEEE!!!

>もれなくってことでやってみましたが、これが今の自分の実力だっ!…orz...
まぁ、俺も今は武神クリアできるかどうか怪しい(ぉ
くらいの腕前ですから、そんな気を落とさずに。
地道に練習すれば、いつかは上手くなりますよ。

…って俺が言っても、メチャクチャ説得力ないですねwww

>回復薬忘れちゃって喰らう度にキャンプまで撤退
普通にクエストリタイヤした方が良かったんじゃ…。
でも、苦労の甲斐あって天鱗出たようで良かったですね(笑)

☆タクミさん
>いい企画ですねぇ。
>武神をクリアしていない俺にはすごく参考になりそうなネタです。
>他のクリアしたブロガーの方々の回答も気になります。

昔、あまりに武神がクリアできなかった頃、業を煮やしてこんなバトン回してみようかと思った時期が本当にありました。
でも、さすがに「武神の攻略法知りたいだけじゃん」ってのが見え見えだったので、いくら俺でも恥ずかしくて流石に回せませんでした…。
一応、今ではネタとして回せるかなー、と思ってます。
多分皆さん、思い入れの強いクエストでもあるでしょうしね。

他の皆さんの回答も素晴らしいですよッ!

>そういえばネコ集めが必須とも書いてありましたので、
>「Q12:貴方が「武神」に挑む際に欲しいと思うキッチンスキルは?」
>とか個人的に聞いてみたいですね。

実はですねぇ、タクミさんのこの質問、凄く良かったです。
何で思いつかなかったんだろうと思って、書き足す事も考えましたが、残念な事にその時には既にバトンが周り初めていました…。

ちなみに、俺が欲しいキッチンスキル、一杯ありますよ。
ネコの調合術【大】、ネコの防御術【大】、ネコの火薬術、ネコの状態異常強化他いろいろ。

>この差し出されたバトンを受け取れる日が来るのだろうか…。
大丈夫ですよー、ヘボプレイヤー代表みたいな俺だって出来るんだから、タクミさんだって必ずできますよ。
楽しんで練習していけばすぐです。

☆neko飯さん
>だからといって、「暇」じゃないですよ(笑

あれはですね、正月に書きかけてたので、「正月にこんな所見てるくらいだから暇なんだろ」ってニュアンスだったんです。
しかし、俺自身が正月忙しくて、記事を書きあげる事ができませんでした。
正月三が日を遥か過ぎた後で「暇なんだろ」って言われても困っちゃいますよね。
実際暇じゃないし。

社会人の方は暇ではないと言うのは重々に理解しております。
ね ぇ 、暇 な ん だ ろ(ぉ

真面目な話、時間が売買できるのなら売って欲しいッ!!!(ぉ

☆PECOさん
>フルフルのこやし玉
いえいえ、俺の方がもっといい加減な事書いてますよッ!(自慢にならねー
後々JAR○に訴えられるんじゃねーかってくらい!

>Wikiの記述がちょっと気になる
実は、俺も、もしかすると何かあるんじゃないかって思ってるんです。
視界がないという、フルフルのモチーフをスタッフがそのまま野ざらしにしておくとも思えなくて。
もしかすると、赤フルだと有効だとか、体力減って初めて有効とかそんなのかもしれません。
でも、検証はしなくて良いですよ!?
俺自身、これは思ってはいたものの、面倒で検証してないんですから。

>未知なる招待状に興味津々なのですが大剣しか使えないので躊躇しています。
でもイベントを盛り上げたいのでやっぱり参加希望でお願いします。

うむ、では参加登録しておきます。
ちなみに、「未知なる招待状」は、大剣しか使えなくても問題はないですよ。
難易度激しく高くなりますけど(ぉ

>なんかプルプルしてて吹いた(笑)
さすがPECOさんというか、遂に見つけちゃったんですねぇ…。
でもイベント終わるまで、詳しい話は伏せて頂きますようよろしくお願いします(涙)

☆Melokuさん
>やはりセルフ短縮は7.0で使えないみたいですよ。
あれ~、俺も一応メンテナンスリポートには全て眼を通したつもりだったんですけど…。
俺の目は節穴だったようで(汗)

よし、じゃあ今から記事書きなおすかw
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。