女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオート概論(3)

前回、「自動装填は自己矛盾を孕む、とんでもないダメスキルだった」という引きを作りましたが、それは何なのか、お分かりでしょうか?

その前に、ちょっと昔話を。

…ちょうど1年前になりますが、当時、俺はライトボウガン「金華朧銀の対弩」での「武神」に勤しんでました。
「ダイヤモンドダスト」でなんとか20分針を出そうと、火事場を使ったりして悪戦苦闘してたのですが…。

そんな折り、じゅんじゅんさんという方が、「ダイヤモンドダスト」で火事場を使わずに10分針を出してしまいました。
武器は「朧銀の連弩」。

これは衝撃でした。
本当に衝撃でした…。
同威力のボウガンで、火事場なし、なのにタイムは半分って…。
もう文句も付ける箇所すら見当たらないほどの、圧倒的な敗北。

じゅんじゅんさんから教えて頂いた、ボウガンの要訣とは、弾一発の威力を上げる事ではありませんでした。
剣士と違い、ガンナーの弾はいつ、どこに居ても届く訳ですから、自分の立ち回りの無駄を極力削いで、攻撃のチャンスそのものを多量に作り出すこと。
攻撃力が半分のボウガンであっても、手数が倍であるなら、結局同じ火力になるのです。
そして、ボウガンの強さを決めるのは、ボウガンの性能ではなく、スキルでもなく、本人のPSそのものでした。

ボウガンという武器に、まだまだ知りえぬ深淵が存在する事を思い知らされた俺は、それから真面目にボウガンの扱いを勉強するようになりました。
改めて弾弱点を勉強し、通常弾、貫通弾の扱いやクリティカル距離の勉強をしていたのですが…。

そのうち、俺は、自動装填のジレンマに気づき始めました。

自動装填にするとリロードが不要 →手数が圧倒的に増える →しかし、属性弾は丁寧に撃たないと弾が勿体ないし、ダメージも通らない →正確なエイミングを心がける →丁寧な攻撃ならDPSが下がらない →でもそれだと別に自動装填要らない

(分岐)正確なエイミングを心がける →無駄弾を撃たない(狙えない)一瞬がある →その一瞬はリロードに使おう →やっぱり自動装填要らない

そう、これが自動装填のジレンマ。

自動装填だから存分に弾が撃てると思いきや、存分に撃つとすぐに弾が無くなり、狙いが甘いと威力も半減する。
このゲームでモンスターを最速で倒していく際、最も大事な事は、丁寧に弱点を突いていくこと。
それは近接でもガンナーでも同じなので、明確な弱点が存在する場合、そこを丁寧に攻撃していく事が絶対のセオリー。
でもセオリーどおり丁寧に撃っていると、手数とDPSで圧倒する「自動装填」本来の意味が薄れてくる。

暴れ撃ちを認めるスキルなのに、暴れ撃ちをすると弱くなり、強さを求めるとスキル自身の意味が無くなる。

…なんだこりゃ。

通常弾と貫通弾の強さをきちんと理解した瞬間、それは、「自動装填」の偽りの強さが露呈した瞬間でもありました。

ラオート概論(1)で書いたように、練達のヘヴィボウガン使いの方々は、誰もラオートを使っていません。
それは、単にポリシーと言うだけではなく、彼らが真の強者だから。
…自動装填が、「弱い」という事を知っているからだと思うのです。

では何故、俺はそれでも自動装填を使うのか?

次回に続きます。
スポンサーサイト

*Comment

こんばんは! 

ラオート概論、非常に興味深く拝読いたしてます。
続きも楽しみにしております(^▽^)/
  • posted by PECO 
  • URL 
  • 2009.12/27 21:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

>ボウガンの強さはPS
なんだかG級クエがガンナーだと途端に難しくなる理由でもありそうですね。
ボウガンで回避重視スキルの防具が推されるのもこういう理由だからでしょうか。
「PS≒回避のタイミング」な部分があるので、回避系はPSを補強すると言えるかもしれないですね。ボウガンだと狙いの付け方も必要ですが・・・

逆に弓だとビン装着の手間が省けて楽そうです。弓には反動もないしw
…それにしても、装填数+1や自動装填、ボウガンっぽいスキルなのに弓の方が恩恵大きくないか…?
  • posted by イクバク 
  • URL 
  • 2009.12/27 22:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。