女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山津神(3)

見えずの弱点、と言われていたヤマツカミの弱点をあっさり見つけて拍子ぬけの俺。

ヤマツカミの口は、触覚と触覚の間、緑と白の境目、ヒレの裏側に隠れていました。
たこ焼きで言えば、青のりが掛からなくなった部分の境目。
そこが歯に相当するので、そこを少し避けて…。
実際にヤマツカミに射撃すると仰角に打ち込むことになるため、俺は下の歯茎と思しき場所に狙いを付けて撃ち込みました。
ここが弱点のはず!

…。

…。

…?

手ごたえが、なんかおかしい。
「老山龍の心臓」を打ち抜いている時のような手ごたえがない。

…ラオの心臓、というのは、いわゆるラオの弱点のことです。
ちょうど前足背中側に位置しているんですけど、ラオを討伐した後の剥ぎ取りタイムで、ラオの胴体内に入って弱点のらへんを探すと、灰色の卵みたいなのが見つかります。
これがポリゴンで作られた「ラオの弱点」。
多分、空洞のままだと胴体の判定になるために、弱点部分だけを囲って作られたもので、まるで心臓にも似ていることから、「ラオの心臓」と呼んでいます。呼んでいるのは俺だけですが。
戦闘中にここを打ち抜くと、ラオは激しく怯み、怒り、慟哭する訳で、俺はヤマツカミにもそういうリアクションを期待していました。
ですが…。

…ない。

ヤマツカミにはそれがない。

弱点を打ち抜いているなら、数発でひるむリアクションが出るはずなのですが、全然怯まない。
まるで空気の詰まった風船を打ち抜いているような手ごたえ。

何で!?

打たれても全然怯まないヤマツカミを見て、思わずゾンビを相手にマシンガンを乱射するゲームをやっているような感覚に囚われましたが、すかさずガンナー奥儀「弾幕の教え」を展開、ヤマツカミを猛攻撃で蜂の巣にしました。


【目的を達成しました】


おっしゃー!!
タイムは30分針。
ガンランスを使っていた以前に比べれば全然好タイムですけど、目標には全然及んでません。
誰もが発見していない、ヤマツカミの弱点をきちんと打ち抜いているなら、10~15分針とか出てたって全然おかしくない。
むしろ全然普通。

なので…。

これは、俺は弱点を見誤ったという事です。

ヤマツカミを倒した俺は、すかさず死骸に駆け寄り、中に潜りました。
ラオの時と同様に、直接目視でヤマツカミの口を確認しようとした訳です。

あった。

出て…入って…を繰り返して確認した所、ヤマツカミの口は俺の想像通りの位置にありました。
馬蹄形の歯茎上下に、スプーンしゃもじ形の口腔ポリゴンがくっついている形の口。
小さくなっていることもなく、戦闘中移動している様子もなかった。

つまり、俺はヤマツカミの弱点を狙撃できていたはず。

…なぜ?
位置が悪かったの?
それとも、これでベストな射撃だったの?

次回に続きます。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。