FC2ブログ

女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

「迫り来る仙高人」

シェンガオレン1頭の討伐クエストです。
弱点は龍属性ですが、ソロでは討伐は結構厳しいし、キークエということで最初っから撃退狙いです。

まず予備知識ですが、ここのシェンガオレンは砦に一直線に向かって来て、ひたすら砦を壊そうとします。
ガオレンが砦を壊そうとした時に、ダメージを与えひるませれば、ガオレンの攻撃が失敗し、砦の耐久度を維持することができます。

そのダメージを与える方法についてはいくつかありますが、俺としては、足に双剣で攻撃することをお薦めします。
シェンガオレンは、足にダメージが蓄積すると、ひるんでよろけ、足が赤くなります。

その「ひるむ」までに必要な乱舞の数を数えておき、直前までダメージを与えておいて、砦を攻撃しようと立ち上がったところで、改めて乱舞を食らわしてひるませて攻撃を失敗させる…って段取りです。
ではでは、攻略行きたいと思います。

~丼$魔の「迫りくる仙高人」攻略~

武器:タイフーン(双剣)
防具:「耐震」と「砥石高速化」が付く防具ならなんでも。下位ブランゴでも十分です。

資材:モドリ玉×2、秘薬×2、砥石×20、強走薬グレート×5

(1)
まず、強走薬グレートを飲み、シェンガオレンの足に乱舞します。
シェンガオレンは、足にタイフーンの乱舞を6~8発喰らうとひるみます。
乱舞の当たりっぷり、切れ味によって結構必要回数の誤差が出ますので、それは勘で把握してて下さい。
「勘って何!? きっちり○回でひるむって事が分かっていないと嫌!」
という方は、「砥石高速化」でいつも切れ味マックスの状態を維持するのをお薦めします。
もしくはスキル「業物」を付けてても良いでしょう。

(2)
シェンガオレンが砦にたどり着くまでに、それぞれの足に乱舞を6発程度喰らわしておきます。
もちろん、進行方向の反対側から乱舞し、蹴られないように注意してください。
防具が下位ブランゴの場合、2回蹴られたら死にます(爆)

そして、シェンガオレンが砦に攻撃すべく近づいて立ち上がったら、再び乱舞を喰らわしてひるませます。
これで砦への攻撃阻止が成功、砦の耐久度をそのまま維持できます。

(3)
シェンガオレンが砦に接した状態でひるんだら、モドリ玉でベースキャンプに戻って、撃龍槍とバリスタを一気に食らわします。
ただし、足へのダメージ管理がこのクエストのキモなので、実は、これはしなくても良い行動です。
俺にしてからが、単に撃龍槍とバリスタ打ちたいから戻るだけなので(ぉ

ただ単に撃退したい方はこのまま(4)にお進み下さい。

(4)
シェンガオレンの足にダメージを与えてひるませると、足が赤く茹であがりますが、1本につき2段階まで赤くなります。
全ての足を2回赤くすると、足の部位破壊が成功、地響きを立ててシェンガオレンがダウンします。
巻き込まれると、即死級のダメージを受けるのでご注意ください。
ダウンしたらもちろん顔面に乱舞、乱舞、乱舞ゥゥゥッ!!!!

…と言いたい所ですが、実は足に乱舞してダメージを蓄積しておく方が効率的です。
繰り返しますが、このクエストでは、単にシェンガオレンの攻撃を阻止すれば良いだけなので、本体にダメージを与える行動はあんまり意味ないです。

…パ、パーティプレイの時とかに貫通弓で弱点を狙えばいいんだからねっ!?
ソロプレイで倒せないのをひがんでるんじゃないんだからっ!!
撃退を徹底したいなら、(5)に進めばいいじゃないっ!!

(5)
20分針ごろに、再び撃龍槍が使用可能になるので、モドリ玉でキャンプに戻り、シェンガオレンが砦に肉薄していたら撃龍槍でダウンさせる。
撃龍槍って、ある意味カタルシスですよね!
…でも、これも無意味な行動なので、撃退を徹底したい方は(6)へお進み下さい。

(6)
シェンガオレンの攻撃を阻止し続けると、計12回目くらいのひるみで、無事拠点の防衛に成功します。
慣れれば、砦の耐久度を50%維持したままクリア可能です。事実俺がそうなので。

ただ、撃退だと、クエストクリア後も、ぶんぶんと未錬たらしそうにシェンガオレンが砦に攻撃しているのが、なんかムカつくというかなんというか…。
撃退されたんだから、ラオシャンロンみたいに故郷に帰れよ!と言いたいんですけどね。


余談ですが、パーティプレイで討伐を狙う際、今回の攻略で無意味な行動だった(3)(4)(5)は必須の行動なので、ご留意くださいませ。
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム