女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武神闘宴からの帰り道(5) ~回避ランサー破門~

回避系ランサー、無理。
無理無理無理無理ム~リ~リ~ム~…。

良い感じで湧いた(頭が)ところで、今回の記事に入りたいと思います。
今回は、回避系ランサーのレクチャーをしようと思っていましたが…。

俺には、回避系ランサーは、やっぱ無理でした。

簡単に理由を述べると、下記の様になります。

(1)かなりの練習量がないと回避ランサーになれない
(2)リスクとメリットが見合わない
(3)そもそも「武神闘宴」は回避ランスで挑む必要がない

まず、(1)ですが、回避ランサーは最初から成れる物ではなく、大抵の場合、ガードランサーからレベルアップして回避ランサーになります。
ガードの一瞬をステップに置き換える練習をする事で手数を増やす訳ですから、そもそも、どういった一瞬でガードできるのか…という感覚が染みついていないと、回避のタイミングも分かりません。
となれば、各敵の攻撃タイミングを、実戦の中でいちいち覚えて行く必要があります。

しかし、ガード系ランサーを長年やってきた俺がそれを分かってないのでありますからして、もう全然ダメです。
俺が。

大事な事なので二度言います。
もう全然ダメです。
俺が。

次に、(2)ですが、これはそのままです。
攻撃をステップで避けることによって、ガードするタイムラグと引き換えに槍の一刺し二刺しのチャンスが手に入る訳ですが、避けに失敗したら、一刺し二刺しじゃ済まないレベルでのタイムロスになります。
そんな状況に陥るくらいなら、最初からガード後に反撃の方が確実です。
そう、回避ランサーは、リスクとリターンの比率がネコ火事場と同じぐらいのリスキー戦法でした。
つまり上級者向けの戦法な訳です。
俺お断りな訳です。

(3)
…実は、「武神」のうち、ティガ、黒グラ、黒ディア…には、必ずしも回避系ランサーで挑む必要はなく、ガード系ランサーでも十分です。
ティガは壁ハメ、黒ディアには閃光ハメ。
黒グラは下手に回避するより、スキルがあれば腹下に居座った方が効率的。

となれば、後はナルガとラージャンをどうにかすれば良いだけの話なのですが…。
…よく考えたら、どっちの敵も「突進」だけで事足りてしまうような気もしているのです…。

ほら、確か俺、ランスの「突進」だけでG級ナルガ倒した覚えあるし。
ラージャンも、まともなプレイでは弾き返されがちなので、逆に突進オンリー戦法の方が良いかもしれない。
閃光玉の余りと、シビレ罠を使えばなんとかなるはず。

ただ、黒グラの腹下に居座る気なら、「ガード強化」のスキルは必須です。
「匠」「心眼」「ガード強化」が必須、か…。
できれば、「根性」か、「ボマー」が付けばなぁ…。

そう思って、全力木反で聞いてみた装備が下記の分。

蛇槍【ウロボロス】爆弾+4        

剣聖のピアス  剣術+10 
グラビドU    ガード強化+1              匠+4
ザザミX     ガード強化+3+1  爆弾+2+2    
ザザミX     ガード強化+3     爆弾+2    匠+2 
ザザミU     ガード強化+2              匠+4

「剣術」「斬れ味+1」「ガード強化」「ボマー」

…うむ、これならいい感じで行けそうです。
よし、これで「誇りを賭けた試練」と「最後の招待状」に練習に行ってきます!!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。