女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「武神闘宴へのより道(6)~ファンキー中学生~」

「ラオートってスゲエ強えんだぜ、お前まだラオ倒してないの!?」

某掲示板での、ファンキー中学生のセリフです。けだし名言ですね。

前回、「弾幕の教え」に目覚めていながら、「ラオート万歳!」と厨まっしぐら発言をした俺ですが、一応、属性弾をメインにしたい…という発言にはキチンとした理由が一応あります。

まず、ご覧頂きたいのが、下記の実験結果。
「忍びよる気配」の村ティガに閃光ハメで犠牲になって頂いて、各弾薬の検証をしてみたものです。

1.貫通弾で左腕→左足を通す 3:57 42発
2.貫通弾で足→胴→足を通す 4:30 48発 
3.電撃弾を左腕→胴体に通す 5:30 40発
4.電撃弾を頭→右腕に通す   5:06 36発
5.貫通弾で乱戦(閃光なし)   6:22 52発
6.電撃弾で乱戦(閃光なし)   6:10 48発

じゅんじゅんさんが仰られたように、左腕→左足を通すのが一番ダメージ高く、なおかつ最速のようです。
(※ただし、試行回数がいずれも1回だけなので、結果はかなりブレがあると思われます。また、(2)の方は理論上、(1)を超えるはずですが、ティガが動くたびに的がずれるのが原因かと思われます。(3)の電撃弾については、「属性攻撃強化」が付いているので、それがない場合は50~51発になります)

このように、ティガのダメージ検証をした際、「金華朧銀」では貫通弾が最もDPSが高くなるという結果が出ました。
しかしそれは、「属性弾の装填数が全体的に少ない」という要因も影響しています。
…つまり、リロードがなければ、あるいは属性弾の装填数が5発とかだったなら、貫通弾よりも属性弾のDPSの方が高い結果が出た可能性がある訳です。

もう一つは、エイミング能力。
貫通弾は、基本的に相手の弱点を狙うよりも、ヒット数を稼ぐことにウェイトを置いて撃ちます。
しかし…もしも、通常弾をきちんと使うように、属性弾にてティガやナルガの頭を正確に狙撃できたとしたら?
そちらの方が、圧倒的にダメージも高いんじゃなかろうか?

高威力の弾を、最速で的確に、かつ多量に撃ち込む…。
ガンナーの理想を追い求めた時、俺の中に浮かんだヴィジョンは、貫通弾撃ちではなく、属性弾撃ちでした。

これは、確かめてみなくてはならぬ。
そんな思いに突き動かされ、作ってみた装備がこれ。

キリンX (+連射珠×2) ※剣士用
ブランゴX(+連射珠×2)
ザザミZ (+流射珠)
キリンX (+連射珠×2)
不動・真 (+ド根性珠)
発動スキル「自動装填」「属性攻撃強化」「根性」

もちろん「根性」はネコ火事場用のものです。
パワーバレルラオ砲を担ぎ、「怪力の種」を飲んで、ネコ火事場を発動させれば、属性攻撃強化のスキルにより、攻撃力は事実上1000を超えます。
しかも自動装填。考えただけでヨダレが出そうですよ(ぉ

そんな訳で、早速「クイックシャフト」を担ぎ、「誇りを賭けた試練」に出かけた訳ですが。

…速攻で3乙しました。
ヘヴィボウガンで回避系スキルなしなので、もうボコボコ。
なのに、中途半端に守備力があるので、なかなかネコ火事場も発動しない…という悪循環。

しかし、その攻撃力は半端なく素晴らしかったです!!
ディアブロスに2乙してから、やっとネコ火事場発動!!
閃光玉で動きを止めて、氷結弾の嵐ッ!!

閃光玉を3つ使って拘束し、氷結弾を全弾撃ちきると、黒ディアは何もできずに倒れました。
討伐時間が「2分」って、スゲエ、マジスゲエよ!!

…まぁ、それまでに黒ディアに突かれて転がされた時間が8分間あるのですが(爆

次の黒グラにも、圧倒的な速度で水冷弾を撃ち込み、あっという間に怒らせた俺。
凄い、凄いこの装備!!

しかし、この装備が凄かったのはそこまで。
黒グラの怒りの咆哮を避けられず、愚かにも真正面で硬直した俺は、即座にグラビームで乙りました。
これで3乙です。

…この装備で、武神は無理だ。 

そんな直感がしました。
パワーはあり過ぎるくらいあるのですが、まるでビッグバイクを乗り回しているような感触で、明らかに俺の方が振り回されていました。
時速100キロに達するまでたった3秒、でもスピードがあり過ぎて、緩いカーブも曲がりきれなかった…そんな感じです。
でもいつか、この装備を使いこなしてみせます。
黒ディアを2分で倒せるのですから、「誇り」の10分針…いや、5分針も夢ではないかもしれません。

ガンナーとしての腕を鍛えれば鍛えるほど、この装備は俺に壮快感を与えてくれるはずです。
極限のスピード領域を見せてくれる、本物のビッグバイクみたいにね。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。