女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「武神闘宴への道(10)~ガンアスリーテスの世界~」

そういう訳でして、俺は、再び村のラージャン相手に、ライトボウガンで5分針を出すべくやってきました。
なんか、最近、最初の目的だった「武神闘宴」からは少し外れている気がしますが、俺が寄り道するのはいつもの事です!(ぉ

昨日の日記でもありましたように、ラージャンのタイム短縮を狙うなら、立ち回りの無駄を極力省く事。
そのための要訣は2点。

(1)移動に前転を使う
(2)狙撃地点を意識した回避

(1)は移動速度の確保、というだけですが、問題は(2)。
今までは、傍観するしかなかったデンプシーとケルビステップ。
この攻撃に有効に射撃を試みるため、ラージャンの真後ろに位置するような立ち回りが有効ではないのか?と考えた訳です。
さて、その結果がどうだったかと言うと…。

予想以上に有効でした!!

実は、ラージャンのデンプシーは、右半身(向かって左側)の判定が非常に薄いそうです。
「回避性能」が付いていれば、まず間違いなく回避できるそうで。
なので俺は、ラージャンとすれ違うようにデンプシーを引きつけて避け、前転で後ろに位置取りました。
そしてデンプシー続行中のラージャンに射撃。
やはり、後ろという位置取りは正解のようです。
かなりの弾数を撃ち込めるので、これでDPSが稼げます。

ケルビステップについては、怒り状態の場合、ほぼ確実にバックステップしてきます。
なので、最初のケルビステップを避けたら、ラージャンが最初にケルビステップをした開始地点近くに移動。
するとラージャンがバックステップでこっちに突っ込んでくるので、貫通弾を振り向くまで連射。
これでもかなりのDPSが稼げます。

あと、空中雷弾の際には、地面の影を見て着地位置を確認し、狙撃準備して着地と同時に連射。

こうして俺は、ラージャンの攻撃パターンをつぶさに研究し、その立ち回りに対して最も効率的と思われるリアクションを考えて狙撃していったのですが…。
その立ち回りの中で、俺が感じていたことは…。

…面白い!!

元々、俺は間断なく一方的に攻撃するのが好きなのですが、この戦法は恐ろしく俺の肌に合ってました。
相手の隙を最大限活用し、ガリガリ撃ちこんでいく。
自分の立ち回りを進化させ、その中でさらにもっと効率的な射撃方法を考えて、変えていく。
結果、展開された光景は、貫通弾の弾幕。

これか、これなのか…!!
俺の思いこみとは思いますが、この時、じゅんじゅんさんの世界が見えたような気がしました。
今まで知らなかった「モンスターハンター」のもう一つの顔。
攻撃頻度を高める試行錯誤が、これほど面白いとは!!

方法論を重んじる俺としては、あまり抽象的な話は好きではないのですが、コツはラージャンの右手に注目することです。
ここだけに意識を払い、この右手外側をギリギリ廻っていくような立ち回りをすれば、極力被弾を抑え、効率的に戦っていける気がしました。

そしてこの日、俺は村ラージャンで、7:21のタイムを出すことが出来ました。
昨日から、一気に2分以上縮んだ訳です。凄いよ俺。

だけど、自分の立ち回りがベストだと思い込んで、自分の能力に蓋をしていたのも俺。
しかし、そんな事はない。
立ち回りは常に進化させることができるし、どんなプレイヤーだって、まだまだ戦闘能力を延ばせるのです。
それを気付かせてくれたじゅんじゅんさんに、報告がてらお礼に行った訳ですが…。

「2回目のトライで、『最後の招待状』 5:06出ました」

えええ。

「敵の攻撃を歩いて避けながら調合するとかすれば、もっと立ち回りの無駄を省けますよ」

いや、それ無理です。
左手の親指と人差し指がバラバラに動かないと不可能DEATH(爆)

真のガンナー、ガンアスリートへの道はやたら遠いようです…。

話は代わりますが、ラージャンって、眼の前に落とし穴を置かれると、罠破壊のために、かならずバックジャンプ雷弾を出すそうですね。それを使って、ラージャンを高台に乗せられないんですかね?
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。