女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

リヴァイアサンズ・メルヴィレイ(36)

「ま、とにかく9時まで、装備を整えてようぜ。 多分すぐに時間経ってしまうからさ」

そんな喋りをしている間に、ネージュ村に着いたので、俺たちはイベントの攻略準備をする事にした。

「そうだな、じゃあ礼雄、まずはお前の魔法の本…。 それをみんなで解いてみようじゃないか」
「分かった、じゃあ頼まれてくれるか?」
「任せろ」

そう言って、龍真達はタブレットを置き、俺の両脇に座ってくる。

「じゃ、行くぞ。 『ファイアー・ボール』を展開するぜ」
「お、火炎魔法か。 次のイベントで役に立つかもしれないし、これは是非ともマスターしたい所だな」
「おいおい、そういうプレッシャー掛けんなって…。」

俺はアイテムストレージから、魔法の本をタップして展開する。
すると画面は暗転し、魔法陣の中から、炎の槍を携えた、真っ赤に燃え盛るトカゲが現れた。 
…サラマンダーかな?

「問おう! 汝は、我を召還したマジックマスターか!?」

はいはいそうですよー、と俺は「はい(Y)」を連打し、この後の会話をすっ飛ばす。

「よかろう! それでは貴様が、マスターたりうる知性を備えているかどうか、見極めさせてもらう! いくぞ!」

「頼むぜ龍真、のぞみさん!」
「アニメ以外ならまかせろ」
「スポーツ以外ならなんとか」

そして、ウインドウに表示されたクイズはこんなのだった。


『Q:RPGには武器としてよく出てくる「はがねのけん」。 さて、「鋼(はがね)」とは鉄を主成分にする合金の名称であるが、鉄以外に何の元素を他に含有しているか答えよ』

…えっ?

1:アルミニウム
2:炭素
3:ニッケル
4:銅
5:マグネシウム
6:ジャパニウム

うおおー、なんじゃこれ。
ってか、「鋼」って合金だったの?
そんなん全然知らねぇよ! と思ってたら、

「炭素」

と龍真が横から画面をタップした。

ピンポーン、というSEと共に、サラマンダーさんがビックリしたようなグラフィックへ変化した。

「正解だ! よかろう! 汝を、我がマジックマスターとして認めよう! 受け取れ、我が力『ファイアー・ボール』!」

すると、画面は一瞬光輝き…元に戻った。
アイテムストレージの魔法の本は無くなっていたが、ステータス欄をチェックすると、スキルタブ「マジックスペル」の所に、無事「ファイアー・ボール」が登録されていた。

「おおっ、やった! ありがとう、龍真!」
「今みたいな問題ばかりなら、楽勝なんだけどな」
「そ、そうなの…? リョウくん、全然分からなかったよ、私…」

俺もー。
っていうか、ファイアーボールでこれって、スタッフ絶対に、プレイヤーにクイズ解かせる気ねぇよな。
悪魔か。 悪魔の子か。

「ところでさ…。 のぞみさんの『トラウム』はよく『ヒーリング』を覚えてるよな。 最近知ったけど、ヒーリングって、かなりレアなんだろ?」

すると、龍真とのぞみさんは困ったように言った。

「らしいな。 今思えば、それは僕も不思議に思う。 だが、安くで売ってる時が本当にあったんだ」
「何の気になしに魔法の本を使ってみたら、知った問題が出てきて…」

どんな問題?

「アメリカのガーデナー、ターシャ・テューダーの絵本デビュー作は? って問題で、正解は『パンプキン・ムーンシャイン』」

…何だそれ。

「のぞみは、ガーデニングが好きなんだよ。 ターシャ・テューダーは、ガーデナーだったら誰でも知ってる」

そ、そうなんですね…。
常識なんですね…。

そうだよ、本屋さんにも普通に売ってるよ、素敵だから礼雄くんも見てみたら? と言われ「機会があったらね」と冷や汗かきつつ返すのが精一杯だった。

「どうせ3人居るんなら、他の魔法の本がないか見てみないか」

と龍真に提案され、俺も同意した。
だが、今日のオークションハウスに売っている魔法は…。
売り切れ後の残り物、ばかりだった。

ーーーーーーーーーーーーーーー

「アンチ・パラライズ」:20,000Cen
 ※麻痺に対する抵抗力が大幅に増加する。
  麻痺になってからでも、復帰にかかるまでの時間が短くなる。

「ピュアリフィケーション」:15,000Cen
 ※解毒魔法。 毒や病気などの状態異常から復帰する。
  毒のレベルによっては複数回の解毒が必要。

ーーーーーーーーーーーーーーー

「うっは、こりゃ要らねぇ」
「…やっぱりそうなのか、礼雄。 こんな時に限って、こんな品ぞろえとはな」
「まぁ、耐麻痺に解毒だから、使いどころはありそうだけど、いざ買うとなると悩むな」
「で、どっち? 買った方が良いの? ダメなの?」

普通だったらスルーする所だけど、「オリオン」の奴は麻痺武器を使っていた。
PKプレイヤーなら、状態異常武器を好んで使うかもしれないし、「アンチ・パラライズ」だけは必要かもしれない…。

「よし、じゃあ買うか」

龍真がジャララジャキーンと魔法の本を即決で購入。

「思い切りが良いな!」
「人数が揃うのはあまり無いからな、機会は逃さない方が良い。 …のぞみ、この魔法の本を受け取ってくれ」
「え、私が?」
「そうだ、もしかすると、女性キャラの方が優遇されている可能性があるからな」
「でも、私じゃ使いこなしきれないよ」
「資金を無駄にしない方を選びたい。 のぞみ、頼む」
「う、うん…。 リョウくんが、そう言うなら…」

…というか、それはそれでちょっと困ったな。
「アンチ・パラライズ」をのぞみさんが覚えるという事は、俺がソロで奴と出会った場合、逃げの一手だな。

だけど、先に取られてしまったんだから、しょうがない。
今さらグチグチ言っても後の祭りだ。

「よし、じゃあ問題を頼む。 礼雄もいいか」
「あ、ああ」

のぞみさんが魔法の本をタップすると、「…私のご主人様になりたい殿方ってのはぁ~、貴方かしらぁ~?」と、やたら色っぽい花の妖精が出てきた。

そのグラフィックはもうちょっと見たかったが、のぞみさんは恥ずかしかったのか、「はい(Y)」連打で飛ばし、すぐさまクイズ画面へと移行した。

「じゃ、行くよ問題」
「OK」
「いいとも」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『Q:日曜朝のヒーローヒロインタイム番組の問題。 女児向け番組『魔法少隊まじかる☆あーじゅ』で、主人公のヒロインは誰?』

1:ローザ・キルシュブリーテ
2:ヴァイス・リーリェ
3:ヴィオレット・ロートス
4:ブラウ・イーリス
5:ローツ・カメリア
6:ゲルプ・レーヴェンツァーン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「えっ、何これ」
「またアニメの問題か」

そして、画面の右上で、10からタイムカウントが始まる。

「ねぇ、礼雄くん、これ分かる?」
「無茶言うな、のぞみ。 礼雄が見てたのは、あのワーズ…なんとか言うファンタジーアニメだけだぞ」

いや、分かる。 これ正解むっちゃ分かる。
っていうか、分かりやす過ぎて困ってるわ!

答えは「5:ローツ・カメリア」だ。
「碧守つばき」たんが変身する、へっぽこ主人公。
女子児童なら100人が100人正解できる、超楽勝問題だ。

しかし、俺、大学生!
この問題に答えてしまったら、アニオタどころか、ロリコンの称号まで頂いてしまうかもしれない…ッ!!

「(はぅっ…!)」

しかし、ここでプライド惜しさに答えなかったら、せっかくの「アンチ・パラライズ」を失ってしまう。
それは同時に、「オリオン」への有効そうな対抗策を自ら失ってしまう事をも意味する。

5、4、3…。

「分からないなら、もう勘だな。 2番で行ってみるか」

違うーッ!
「ヴァイス・リーリェ」は白百合モチーフの、追加戦士ですうぅ…ッ! 
主人公じゃありませーんッ!


「2の、ヴァイス・リーリェ、と…」
「はっ!」

だが、龍真の指が「2」を押す直前に、俺が嵐のような勢いで「5」を叩いた。

何故か驚愕した表情の俺と、あっけに取られた顔の龍真と、俺の勢いにビビって引いたのぞみさん。
その視線が幾重にも交わる。

「いやぁーん! 正解よぉ~! 良いわ、私の力…貴方にあ・げ・る! 受け取って、『アンチ・パラライズ』!」

こうして、魔法の契約は成功した。

「…礼雄、お前、もしかして、こういうアニメも」
「いやぁー、分からなかったから、偶然で押したら当たっちゃったよ! 偶然って怖いな! 偶然って!」

と、俺は龍真の冷静なツッコミを力技でぶった斬った。

「…う、うん、そうか、偶然なのか…。 何にせよ、助かったぞ、礼雄」
「う、うん…。 偶然なんだね…。 ありがとう、礼雄くん」
「い、いやぁ、どういたしまして!」

龍真たちの優しさが心に沁みた。


そして、実際に「アンチ・パラライズ」を使ってみたら、なんと俺の耐麻痺の数値が1%から6%になった。
それだけだった。

「…」
「…」
「…」

まぁ、RPGで序盤に使える補助魔法は総じて役立たず、ってのが通例だけど…。


DATE : H27.1.27
TIME : 21:05
STID : 00941724,00187632,00187839


時刻は夜9時を回り、俺、龍真、のぞみさんはベルディスカ山の麓に戻る。
そこには、イベント発表時と同じ規模人数のプレイヤーが集まっていた。

山の麓には、レッドギルド「クリーピング・コインズ」の面々が一列に並び、その中からリーダーであるサムライアバター「ヤツフネ」が出てきて、大声で叫ぶ。

「皆の衆、定刻となった! 定めに従い、入山可能プレイヤーを発表する! …9時から『スカルファング』! 前に出て、アイテムを受け取れい!」

すると、白いマントを羽織ったアバターが前に出てきた。
…「スカルファング」って、先週のイベントで、俺と準決勝を争った奴だ。
本来はあんな格好だったのか。

「11時から、『死季姫』!」

またも、前回のイベントと同じメンツがコールされ、紫の女性型アバターが前に出てくる。
ま、今回の試験もPVPだったし、同じ人間が選ばれたとて、何の不思議もない。

その後も次々とコールが続くが、

「…15時から、『カブト』!」

俺たちは一向に呼ばれない。

「…おいバール、俺たち遅いな」
「ああ、もしかすると最後の方か。 これはマズいな」
「次、かな…?」

「16時から、『鋼鉄戦鬼ムラサメ』!」

だが、コールされたのは俺たちではなかった。
代わりに、全身を赤銅色に染めたアバターが、俺たちのすぐそばから出てきた。

「ムラサメ…!?」

あいつも、このイベントに勝ち残ったのか。

「最後の組、17時から18時まで! 『レオ』!」

そのコールを聞いて、群衆が小さくざわめく。
…お、もしかして、まだ皆、大会で俺が準優勝したこと知ってるのかな。

「なお、パーティメンバーは最大4人まで! 制限時間は1時間! 1分でも破った場合は、我々が直接狩りに行くゆえ、各自、時間厳守を心がけられよ!」

俺は移動用の課金アイテムを、手持ちの1万Cenとトレードしに向かうが、その帰りしな、

「お前も勝ち残ったのか、レオ。 また、歌を歌って勝ったのか?」

わざわざ「鋼鉄戦鬼ムラサメ」が、俺に話しかけてきた。

「いやまぁ、別にそういうんじゃないけど」
「今度は負けないぞ。 結果を楽しみにしていろ」

豪語するだけあって、確かに奴は強そうではあった。
前回はレンタル装備だったから、線の細い素顔が見えていたが、今回は赤銅色に統一された騎士装備で顔を覆っている。 おそらく、課金した奴だな。
そして、見事な緋色の長剣も多分課金剣。

「…お前、本当は両手剣使いだったのか」
「貴様は…まだルーキーか。 意外だな」
「ほっとけよ」

装備新調したのに、まだルーキー扱いかよ。
まぁ仕方ないけど。

「明日は、僕の真の強さを見せてやる。 泣くなよ」
「誰が泣くかよ、とっとと帰れ」
「ふん、明日もその台詞が吐けると良いな。 逃げるなよ、レオ」

そう言って、「鋼鉄戦鬼ムラサメ」は群衆を通り抜け、帰ってしまった。

「…レオ、ムラサメ氏に結構言われたな」
「本当、なんだよあいつ、粘着すげぇし超うぜぇ」

「いや、彼は案外イケるかもしれないぞ」

…イケる? 何が?

「事によっては彼は、僕たちの勝利の鍵になるかもしれない」
「…奴が? 俺たちの勝利の鍵? どゆこと? 何を考えてるんだよ、バールハイト」
「それは明日話してやる。 彼が、僕の望む条件を満たしているか、まだ不明だからな」


そして、俺たちは再びネージュ村へと戻った。
時刻は夜9時半を回っているが、まだやる事が残っていたからだ。
明日のイベントに備えての、課金アイテムの購入。
今のうちに買っておかないと、おそらく明日は暴利な値段に変化するだろう、というのが俺たちの共通見解だった。

「礼雄、イベントの経費は紙に書いていてくれ。 後で不公平がないように精算するから」
「…分かった。 ところで、50,000Cen返さなくて良いのか? まだ余裕あるけど」

龍真はちょっと考えていたが、

「…受け取っておこう。 明日は、PK合戦になる可能性が高いしな」
「えっ、リョウくん、本当に?」
「多分な。 僕は一番に脱出するが、皆にも『転移の魔法石』を渡しておく。 礼雄、のぞみ、受け取ってくれ」

俺たちは「転移の魔法石」をCenとトレードしながら、龍真の見立てを聞く。

「あのヤツフネというプレイヤーの強さの底が分からないが、本当に最後まで戦い抜く自信があるなら、入山料を取らずに、自分たちでイベントを占拠した方が儲かるだろう。 だがそれをしないのは、最後まで護りきれる自信が流石にない、からだと思う」
「まぁ…そうだな。 でもそれだと、俺たちが山に入る時は、この決まりは崩壊してるかもだよな」
「ああ、今日トレードしたアイテムも、もしかすると無駄になってるかもしれない」
「マジかよ…最悪だな」

俺はアイテムストレージを開けて、トレードしたウインドウを見る。 「約束の翼」というアイテムがそこにあったが、これが山の中に居る連中のアバターの所にまで飛ぶアイテムだ。

「理不尽だよね。 無駄になるかもしれないのに、あんな人たちの言うことを聞かなきゃいけないなんて」
「暴力は普遍的に存在する『力』の一つだ。 現実にだって、理不尽な事はどこにでもあるさ」

そう言って、龍真はのぞみさんを諭す。
だが、俺はその言葉を聞いて、ふと龍真の左手を見る。
何気なくスマートタブレットに添えられているその手だが、まだ龍真の中指は思うように動かないはず。


高校二年の時の…あの日の事件のせいで。

<続く>
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム