女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァイアサンズ・メルヴィレイ(33)

「やったった! 『オートヒーリング』買うたった! 他人に取られるとこやったで、危なかったー!」

後から来た客が、そう叫んだ。

「…な!?」
「あー、ええ買いもんしたわ、さぁ帰ろ」
「ちょっと待て、お前!」

俺はすかさずシングルチャットで、そこから足早に去ろうとするアバター…黄緑と橙のやたら派手な外見の奴…を叩いた。

「…!?」

会話ウインドウにポップした相手の顔は、失敗作のピエロの面のような、奇怪な面を付けていた。
名前は「エルキッド」、ネームカラーは白。


「何や、何か用事あるんかお前」
「用事も何も、その『オートヒーリング』は俺が買おうってしてたんだぞ! まだ検討中で!」

だが、エルキッドと言う奇怪なピエロ男は、明らかにネイティブ(?)…ではない関西弁で反論してきた。

「知らんわそんなん。 てか、買いたいなら早よ買えばええやん? 商人の世界は1秒が勝負なんやで、お前みたいな鈍くさい奴はカモになるだけや」

…商人? お前一体、何やってんだ?

「アホかお前? 今言うたとおりの意味や。 ワイは…ちょっと待て」

そこで、他のプレイヤーが、エリアチャットで話かけてきた。
名前は「カリナ」で、見た目は女性プレイヤー。
結構可愛いけど…本物の女性かな?

「あの、すいません…。 エルキッドさんですよね? 魔法の本を買いたいんですけど…」

声は本物の女性だった。 艶のある低い声。

「魔法の本? 何の?」
「『ヒーリング』が欲しいんですけど、ありますか?」
「あるで。 在庫は24冊」
「よかった! じゃあ売って頂けます!?」

「ええとも。 1,000,000Cenで売ったる」

100万っ!?

「はぁ!?」

その途方もないふっかけぶりに、俺もカリナさんも、思わず声を上擦らせた。

「100万て…本気ですか!?」
「本気やでぇ」

ちょっと待て、このエセ関西人。

「あ、あの…。 それって割引とかないんですか?」
「ええとも。 可愛いあんさんのために、出血大サービスで9割引にしたろ」
「本当ですか!?」
「すまん、嘘や。 ビタ一文まけへん」

カリナさんはまたも「ええっ!?」と声を上擦らせる。

「どうしても値引きしてほしかったら、アンタのチョメチョメな写真をくれたら考えても良いで」
「えっ!? …あの、チョメチョメ、って…?」
「彼氏とのニャンニャン写真や。 毎晩ヤリまくってるんやろ」
「な、何言ってるのよ、あんた…」

そこで、場が凍ったように停滞する…が、

「だってアンタ、『カブト』の女やろ? それが分からんワイやと思ったか?」

カリナさんの、ひっと息を飲む声が聞こえた。

そしてしばらくして、突然カリナさんの口調が野太いものに変わった。

「てめぇ、エルキッド…。 いい加減にしろよ、マジで殺すぞ!」

「殺す」のキーワードを受けて、ポップしたセリフアイコンがピンク色になる。

…なんだ、この人ネカマだったのか!?

「やっぱりアンタかぁ、カブト。 でも、色仕掛けでワイが釣れるとでも思ったか? 浅知恵が過ぎるわ」
「うるせぇよ! いい加減に『ヒーリング』売りやがれ! こっちはもう切羽詰まってんだよ!」

いや違う。 どうやら、中の人が交代したようだ。
今は彼氏であるカブトさんが、彼女であるカリナさんのアバターを操作してるのか。

「断る。 ワイはワイに刃向かう奴には絶対に『ヒーリング』は売らん!って決めてんねん。 それとな、カリナちゃんの名前と顔、覚えたで。 あと声も」
「て、てめぇ…!! マジで殺してやる!」
「やってみろや! どうやって町中でPKするつもりなん?」
「リアルで出会った時に決まってるだろ! その時は命乞いしても無駄だからな!」
「バーカ、あんさんはワイのリアル知らんのに、どうするっちゅうねん。 でもワイは知ってるで? 女子純心大学のカリナさんの身の回りが危険にならんよう、せいぜい気ぃつけや」
「…!!」

そこまで話したところで、か細い悲鳴と共に、相手のアバターは消えた。 どうやらログアウトしたらしい。

「や、すまんかったな、レオくん。 ワイが何してるのか…って話の途中やったな」
「…いや、もう分かった」

転売屋、か。
ゲームでもリアルでも、どこにでも居る連中だ。

「転売屋やのうして、商人言うたやろ」
「商人ならさ、『ヒーリング』を俺に売って…」
「100万や」

いきなり切って落とされた。
売らないつもりじゃなくて、マジで言ってたのか。

「何で、お前…」
「そりゃ、ヒーリング系は超貴重だからに決まってるわ。 冒険には必須だし、みな欲しがる。 だからこうして買い占めしてんねん。 そうすれば、多少暴利でも、思い通りの値段で売れる、って訳や」
「…買い占め!?」

ネトゲの中で、そんな事ができるのか?

「せや。 まぁ、多少の工夫は要るけどな。 だから、ああいうバカが頭に血を上らせるんやけどな」

ピエロ男は、改めて自己紹介するわ、と前置きして言った。

「初めまして、レオくん。 ワイは『秒速で10,000Cen稼ぐ男』、エルキッドや。 アンタはワイの敵か? 味方か?」

何だこいつ…。
正体を悟られないようにかもしれないけど、痛々しいくらいにキャラ作ってるな。

「…味方、って答えたら、どうなるんだ?」
「ワイの売ってる品物、売ってやってもええ…って気分になるかもしれん」
「そいつはありがたくって涙が出るね」

確かに、既存のMMOでも、ゲーム内のアイテムを、プレイヤー同士が実際の現金で売買するRMT(リアル・マネー・トレード)で儲ける事はできたりする。
だけど、ゲーム内転売だけで儲ける事ができるなんて…。

「…ところでさ、今のカリナさん。 何でいきなり個人情報が分かったんだ?」

カブトさんに彼女が居るとか、その彼女は北部バイパス近くにある女子純心大学に通ってる、とか。

「半分はハッタリや。 カブトの家は、いつも大音量で『エースビート』流してるからな。 あと、彼女の見た目が大学生っぽい…そんだけやけど、ピシャリやった」

いや、それハッタリ効かせすぎだろ。

「どうせ売らんつもりやから、どうでもええねん。 自分がヒーリングを売るのは、自分の味方をしてくれる相手だけ、や」

…ちょっとは割引とかしないのか?

「アホタレ、金額こそが誠意や。 キチンと100万作ってくる相手こそ信用できる。 それならワイも二言なく売ったるわ」

うわ、こりゃ「交渉の余地なし」だ。
本当、情報弱者は好き放題にやられるんだな、このゲーム。

「そういう事や。 でも、ここにある残りの魔法にも、そこそこ使える奴あんで。 買うなら検討してみ。 ワイは買わんけどな」

おいおい、と俺がツッコむと同時に、そいつはマキアが持っていたのと同じようなアイテムで、光に包まれて消えていった。
ああ、あのワープアイテムで、効率よく町を回ってるんだろうなぁ…。

「ま、いいか」

怒りどころは遙か彼方に過ぎ、もはやオートヒーリングを買われた事など、どうでもよくなっていた。
あいつから買い戻すのは完全不可能、と早々に分かったしな。 そう思えば腹もたたない。

一通りオークションハウスの品揃えを見て、俺は購入する装備を決定した。

ーーーーーーーーーー

【装備】

リップカトラス    7,500Cen 攻撃力+25
ダイルメイル     28,000Cen 防御力+70
ナイトシールド    5,700Cen 防御力+20 中段+下段

【魔法の本】

「サンダー・アロー」:9,000Cen

ーーーーーーーーーー

手堅くまとめて、合計50,200Cenのお買い上げ。
これで、以前に龍真から貰った装備よりはちょっとマシ、という程度になった。

…ま、攻撃力は少し足りてない。
けど、そこは手数…ブレードアーツで補うか。

俺は「機能」アイコンから、マクロのパレットを引き出すと、

「おお」

そこには、「NEW!」のタグと共に、こないだまでは無かったタブが出来ていた。先輩の言ったとおりだ。

「ブレードアーツ」(戦闘スキル)
「マジックスペル」(魔法スキル)
「カルチベイトアーム」(農業・釣りスキル)
「クラフトワーク」(鍛冶・工作スキル)
「ローグツールズ」(盗賊・調査スキル)
「????」(????)

それぞれ一つずつ見てみるが、「ブレードアーツ」の欄に、「喉元突き」「水平斬り」「逆水平斬り」などの固有技(スキル)がいくつか登録されているものの、他のスキルは基本技らしきものが一つあるだけだ。
「????」のタブに至っては開けすらしない。
なんだこれ? 何のスキルのタブなんだ?

「ま、後回しにすっか」

とりあえず、俺はコンボ登録を始める。
登録の仕方は他のMMOと同じで、「記録開始>コンボスタート>記録終了」で登録が完了し、画面にマクロアイコンが現出する。
後はこのマクロアイコンをタップすれば、登録したコンボが発動するという仕組みだ。

「…よし」

画面の中で、ヒュヒュヒュンと軽快に剣を振り、空を斬り裂くマイアバター。
完全に繋がるコンボになってるかは実験しないと分からないが、近い形にはなってると思う。

じゃあ次、魔法。

俺はアイテムストレージから、「サンダーアロー」の本を選んでタップする。

すると画面が暗転し、おどろおどろしいSEと共に、うっすらと魔法陣が浮かび、その中からゴツいハンマーを持った、マッチョのヒゲオッサンが出てきて、叫んだ。

「問おう! 貴様が、我を召還したマジックマスターか!?」

…なんか、この問いかけ、どこかで聞いた事あるような気がするけど、気のせいにしとこう。
とりあえず、俺は「はい(Y)」をタップした。

「ならば! 我が司る魔法『サンダーアロー』、その契約を結びたいという事か!?」

たかが魔法を覚えるだけなのに、やたら確認してくるんだなと思いつつ、俺はまたも「はい」をタップ。

「よかろう! それでは貴様が、わがマスターにふさわしい知性を持つ者かどうか、見極めさせてもらう! いくぞ!」

どこに行くんだよ、と思った瞬間、ウインドウの中にこんな質問が出てきた。

『Q:アマゾンのアラグァリ河流域で起こる、河の水が逆流してしまう現象を何というか?』

…え?

1:パロロッカ
2:ピロロッカ
3:プロロッカ
4:ペロロッカ
5:ポロロッカ
6:アマゾン・ハイウェー

何ですかこれ、と思うと同時に10から始まるタイムカウント。

9、8、7…。

「しまった! そういや、魔法の本って、クイズになってるって、龍真が言ってたような…!」

てか、答え何だこれ!?

スマートタブレットで検索しようにも、今それを使ってるし!

3、2、1…。

「ああ、もう! これかっ!?」

1:パロロッカ

ブー、という無様な効果音と共に、画面にでっかい×印。
セピアの背景の中で、爆笑するヒゲオッサン。

『うわっはっはっ! 未熟者め、契約は失敗だ! 残念だったな! …また逢おう、我が未来のマジックマスターよ!』

と言って、画面は元に戻った。

そして、アイテムストレージにあったはずの「サンダーアロー」の本は消え失せていた。

「はぁぁああっ!?」

俺の魔法の本が!?
9,000Cenもしたのに!?
消えちゃったのっ!?

「何だよ、これぇ!?」

俺は慌ててオークションハウスに戻ると、「ファイアーボール」を買う。

そして再度魔法の本を開封しようとした所で、「いや、待て」とログアウトし、急いで龍真に電話した。


「龍真、サンダーアローが無くなっちゃったんだよぉうぅ…!」

<続く>
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。