女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァイアサンズ・メルヴィレイ(31)

DATE : H27.1.25
TIME : 17:35
STID : 00941724


その日の午後、無事に大学の講義が終わると、俺はまた速攻で下宿へと帰宅し、あかり姉と共に早めの夕食を取った。
それはもちろん、小夜子叔母さんの知人が営むグループホームに、恵方海苔巻きの営業に向かうためだ。
なお、俺は自動車の免許を持っていないので、あかり姉に運転をお願いしている。

「あかりちゃん、これが地図ね。 北バイパスからちょっと離れた所にある『朱琴荘』って所がそうよ」
「えっ、これどこだろ…。 礼雄、分かる?」

俺も分からないが、スマートタブレットの「マップ」アプリを起動して、「朱琴荘」で検索すると、ぐいん、と画面が移動して、マーカーが北バイパスの一部を指し示す。

「ここ」
「えー、これだけで、分かるかなぁ…」
「大丈夫だよ、あかり姉。 スマートタブレットには、カーナビも付いてるから」
「へー」
「ホント? タブレットって便利だね」
「最近の技術の進歩は凄いねぇ」

小夜子叔母さんと、あかり姉は未だに旧世代の携帯…カチパカケータイなのだ。

「じゃあ叔母さん、すいません、車お借りします」
「くれぐれも、運転は気をつけてね!」


「分かってます! それじゃ行ってきまーす」

あかり姉が運転席、俺が助手席に乗り込むと、俺はカーナビアプリを起動して、フロントボードと缶ホルダーの隙間に携帯を差し込む。

「音声案内を開始します。 目的地までは、現地の標識に従って下さい…」

ぽーん、という効果音と共に、道案内が始まる。

「それじゃよろしくな、あかり姉」
「うん、ちゃんとシートベルト締めててね」
「分かってるって」

…なんせ、あかり姉の運転、案外怖いからな。
焦るとパニックになる人だから。

あかり姉はエンジンを始動させると、そろそろと感触を確かめるような感じで、ゆっくり車を運転し始めた。

うわ、ホントにゆっくり。
ちょっと俺まで緊張してくるじゃん。

ぽーん。

「目的地まで、後7キロです。 その道、直進です」
「あ、直進ね。 はーい」

律儀にカーナビにお返事しながら、あかり姉は制限規則ピッタリの速度で、ソロソロと運転していく。

「100m先、右折です。 …右折です」
「はいはい、右折ね」

しばらくして、あかり姉も運転とナビに慣れてきたのか、運転がなめらかになってきた。

「ねぇ礼雄、これ凄いね、スマートタブレットって。 何でも出来るんだね」
「そうだよ、何でもできるんだぜ? ちょっとしたパソコンみたいなもんさ」
「…パソコン?」

だが、そう例えると、あかり姉の表情が少し曇った。

「…だったら、ゲームも出来たりするの?」

いきなりそう言われて、俺は言葉に窮した。
まさか、この場でそんな事を言われるなんて。
そりゃ、確かにゲームは出来る。

「いや、別に入れてないよ。 そりゃゲームはできるのもあるけど、それだって有料なんだぜ? そんな余裕ないよ」

でも今は運転中だし、余計な一言を言ってはマズイ。
ここは嘘でも、無難な答えを選択すべきだ。

「じゃあ、礼雄は…。 ゲームしてないって事だよね」
「あったり前だろ? そう言ったじゃん」
「だよね。 ちゃんと約束したもんね」

それを言われると、胸が痛む。
確かに、あかり姉とその約束はした。
だけど、それは…。

「あ、あかり姉! 前見て、前! 信号、赤!」
「きゃっ!?」

流石のカーナビでも、信号の色までは教えてくれない。
あかり姉は急ブレーキを踏み、俺たちは慣性で前方にガクンと投げ出されそうになる。

「…あかり姉、危ないよ。 今は運転に集中しようぜ」
「そうだね、ごめん、礼雄。 変な事言って」


DATE : H27.1.25
TIME : 17:49
STID : 00941724

北部バイパスにある俺たちの目的地、「朱琴荘」は、ここ高級ホテル?と思わせるほどの立派な建物だった。
見渡すような巨大な施設、かつ5階建て。
駐車場も広々としていたので、あかり姉も戸惑う事なく、スムーズに駐車できた。

車を降りた俺たちは、チラシを手に、入り口から受付窓口へと向かう。 中には、年輩の女性事務員さんが2人ほど居た。

「あのー、すいませーん」
「はい、何でしょう? 入居者のご家族の方ですか?」
「いえ、こちらに佐伯敬子さま、いらっしゃるでしょうか?」
「理事長を? 貴方達、どなた様?」
「あっ、えーと…。 森小夜子の使いのものです」
「ちょっとお待ち下さいね、今確認します…。 あっ、すいません理事長、森小夜子さまの使いという方が…はい、分かりました」

すると、その事務員さんは事務室を出て、

「こちらにどうぞ、理事長室でお待ちです」

と、俺たちを案内してくれた。
理事長室は、3階の廊下の一番奥にあった。

「失礼します理事長、お客様です」

そう言って、事務員さんはノックしつつ、そっとドアを開ける。

「失礼しまーす…」

理事長室の中、巨大な革張りの椅子に埋もれていたのは、アメリカのカトゥーン映画に出てくるような、でっぷり太ったおばちゃんだった。

紫色の髪をアップにし、たぷたぷの二重アゴにドギツい化粧。
ピアス、ネックレス、指輪や腕輪など、大量の貴金属を身につけ、白衣の下には胸元と足元が大きく開いた派手な服、というちょっと信じられない格好に、俺とあかり姉はしばし固まる。

すると、おばちゃんは分厚いファイルから目を離し、椅子をきしませながら立ちあがった。

「…あんたらが、小夜子の姪っ子なの?」
「あ、はい。 私の母の神崎美晴が、小夜子叔母さんの妹なんです」
「あー、そう言われればちょっと似てるね、美人の妹さんだったって評判だったもんねー」

と言って、そのおばちゃんは、巨体を震わしながら、カッカッカと笑う。

「で、そっちの坊やは?」

いや、坊やって。 そりゃ確かに背は低いけど…。

「こちらは、私の父の妹、桐嶋恵美叔母さんの次男で、桐嶋礼雄って言います。 宇園大学の2年生で、バイトしてるんです」
「桐嶋です、よろしくお願いします」
「はーん、じゃあアンタが、海苔巻きを買ってほしいっていう坊やなのね?」
「は、はい!」
「で、どんなもんなの? 恵方海苔巻きって」
「こんな感じです」

そう言って、俺はチラシを手渡した。

「ふーん…。 普通ので400円、豪華な海苔巻きで500円、という所かね」
「あ、でも、普通のだと、本当にただの海苔巻きですよ」

だが、理事長は何も言わず席を立つと、俺たちを連れてきてくれた事務員さんに対し、

「おい、これ皆さんに見せて、意見募って。 食べたい人が多いってんなら考えな。 坊や、チラシは他にあるの?」
「あ、はい!」

俺はそのまま全部のチラシを理事長に渡そうとしたが、

「私じゃなくて、アイツに渡して。 おい」
「はい、理事長」

理事長に指示された事務員さんが、俺の方に手を差し出したので、俺はそちらにチラシを渡した。

俺たちは理事長室を出ると、再び1階に戻り、ホテルのロビーみたいなラウンジに向かう。
そこには、多数の老人と、女性スタッフさんがテレビを見ながら談笑していた。

事務員の女性は、介護を担当しているスタッフさんにチラシを見せて、耳元に口を寄せて何事かささやく。
頷いたスタッフさんは、両手をぶんぶんと振って、大声を上げた。

「はーい、皆さん注目ー!」
「…ほえ?」
「ふわ?」

「あのですねー、今度の節分は、海苔巻きにしたいと思いまーす! しかも、食べたらその日1年、幸せになれるっていう海苔巻きらしいですよー!」

はぁ、へぇ、どんなのじゃ、というお年寄りのか細いリアクションを待たず、スタッフさんはチラシをテーブルの上に広げて置いた。

「これがその海苔巻きです! 『恵方海苔巻き』って言ってですね、しっかり1つ食べ終えたら、その年一年幸せになれるらしいですよ!」
「…あほうのりまき?」
「恵方です! もう、中村のおじいちゃん、しっかりして下さいよー」

と、スタッフさんはにこやか、かつフレンドリーに接していく。
うわ、すげぇな、よくできるなぁ。
俺、あんな事言われたら、笑顔浮かべるより先に呆れ顔しちゃうよ、絶対。

「ほほー」
「はぁ」
「美味しそうだねぇ」
「海苔巻きとか、もう何年も食うてないなぁ」

「どうですか、みなさーん?」

女性スタッフの方が呼びかけるが、イマイチ反応は薄い。
っていうか、「海苔巻きは、子供の頃はぁ、ごちそうじゃったのう」と雑談を始める人も居たりして、全く話が通じてる様子がない。

「礼雄、ほら」

と、俺はあかり姉に背中を押される。

「すいません皆様! よろしかったら、恵方海苔巻き、お食べになられませんか? 節分の日に持ってきますので、よろしくお願いします!」

と、俺より先にあかり姉がアピールしてくれた。

あ、そういう事か。
当事者の俺がボーッとしててどうする。

「よろしくお願いします! 美味しいですので、是非ご検討下さい!」

と、あかり姉のアピールに便乗して、俺もお願いさせてもらった。

「みなさん、どうですかー?」
「美味しそうでしょ、みなさーん?」

あかり姉とスタッフさん…介護士さんって言うのかな?
皆がチラシを見せてアピールしてくれているが、プルプル震えてチラシを見るばかりのご老人たちからは、相変わらずリアクションが帰ってこない。

「どうかね、ダメかなこりゃ」
「どうでしょう…」

後ろで、佐伯理事長と事務員さんが、小さい声でそんな事を言ってる。 
うわ、どうしようこれ。
もっと強引にお願いすべきなのか。

「…あんたが売りに来るのけ?」

「…え?」

「そこの姉ちゃんが、この海苔巻きを売りに来るのけ?」

さっきの爺ちゃん…車いすに乗った、中村のおじいちゃんと呼ばれた老人が、あかり姉を指さしてそう言った。

「そこの、チチとシリのデカい姉ちゃんが、手ずから食べさせてくれるなら、ワシは食うぞ」

すると、周囲がドッと爆笑する。

「まーた始まった! 中村のおじいちゃんって、まだまだ元気ねー、それなら100歳まで大丈夫ね!」
「そんな事言っちゃダメでしょー、あの娘さん困ってるじゃない」
「デカいもんをデカいと言って何が悪い! あの姉ちゃんの胸は素晴らしいぞっ、なぁ!」

「あ、あはは…」

あかり姉は、思わぬセクハラ発言に固まっていた。

「で、どうなんじゃ」
「もちろん売りにきます! あかり姉が!」
「ちょっと、礼雄!」
「よし、買うぞ! みんな買え! 決めたぞ!」
「もー、しょうがないわね、中村のお爺ちゃんはー」

中村というお爺さんの目は爛々と輝き、その視線は発言と違うことなく、あかり姉の胸と尻に注がれまくっていた。
…うーん、こんな年になっても、性欲ってあるんだな。

「私はこの海苔巻きにしてみようかねぇ」
「焼き肉のも美味しそうだねぇ」

そして、中村のお爺さんの号令一下、その場の雰囲気は恵方海苔巻きを買う雰囲気へと流れていった。

「…んー、意外と悪くないようだね」
「そうですね、海苔巻きって、お年寄りには馴染んだ味かもしれませんしね」
「よし、じゃあ決定。 行事イベントに組み込むから、恵方とか言うの調べときな」
「了解しました」

そして、佐伯理事長は俺の肩を叩く。

「坊や、買ったよ。 恵方海苔巻き。 普通の20人前、豪華な奴30人前貰おうか」

…おおっ!? 一気に50人前!?

「あの、理事長。 それだと、入居者の皆さんと数が合わないんですが…」
「一人に一本まるごと食わせる気かい? 喉に詰まらせないよう切り分けて、オードブルみたいにして出しな」
「いえ、そのつもりですが、それだと逆に数が多いなと思って」
「あんたらが食う分だよ。 ちゃんと作り方覚えとくんだよ! 来年からは自分で作るからね!」
「は、はいぃ…」

うわ、じゃあもう来年はダメだな。
っていうか、どこの職場でも、上司と部下ってこんな感じなのかな…。

「チチの姉ちゃん、あんた名前なんていうんじゃ?」
「あ、あかりです…。 神崎、あかり」
「あかりちゃんかー! 光り輝いとって、ええ名前じゃなー!」
「あ、ど、どうも…」

横目で様子を伺うと、あかり姉は中村老人にしっかりと手を握られ、受難の真っ最中だった。

「注文はこの用紙に書けばいいのかい?」
「あ、すいません、よろしくお願いします」

こうして、一気に50人前のノルマが達成されてしまった。

…スゲェ。 これがいわゆる大口契約、って奴なんだろうか。
保科がちまちま契約を取ろうが、絶対に追いつかない。 やった、これで店長の1万円ゲットだぜ!

「じゃあ、すいません、失礼します。 本当にどうもありがとうございましたー」
「ありがとね、節分の前の日にはよろしく」
「はい、分かりました!」

「ほら、中村のお爺ちゃん! このお姉さん、もう帰るって! いい加減手を離してあげて!」
「また来いよ、あかりちゃん! 絶対来るんじゃぞ!」
「は、はい…」

俺は絶賛受難中だったあかり姉の手を引き、皆さんに礼を言って、車に乗り込み施設を後にした。

「…今日は大変だったね、いろいろと」

車中で、あかり姉はため息をつきながら言う。
うん、まぁそりゃそうだろうな。

「でも、マジで助かったよあかり姉。 あかり姉が居なかったら、これ決まってなかったかも」
「…あはは、そうだね」
「あのエロ爺ちゃんに気に入られてたみたいだし」
「ちょっとー、やめてよー」

あの中村という爺ちゃんは、どうもあの入居者たちのリーダーみたいな、そんな感じだったしな。
買う雰囲気を作ってくれたのはありがたかった。

「それで、節分の前の日は、また一緒に行ってくれるよな? 車ないと困るし」
「それは礼雄の態度次第かなぁ」
「えー、なんだよそれ! マジ困るから、協力してくれよあかり姉!」
「ふふふ、考えとくよ、礼雄」

車の中で、そんな和やかな雑談をしながら、俺たちは下宿までの道を走り続けた。


<続く>
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。