女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァイアサンズ・メルヴィレイ(30)

DATE : H27.1.25
TIME : 10:15
STID : 00941724

「ふいー、やっと終わった…」

大講義室のチャイムが鳴り、木曜日の1時限目、証券法がつつがなく終了した。
今日の2限目は空き時間だが、午後から簿記論と仏語が入っており、下宿に帰ったら恵方海苔巻きのお願いに行って、夜10時から朝までバイト。 大学生は忙しいぜ。

「これから、どうすっかな…」

空き時間である2限目は、できればデジ研でゆっくり休みたかったが、今のあそこに行くのはなんか危険な感じがして、距離を取った方が良いように思えていた。

「ねぇ、貴方」

さりとて、生協で小腹を満たす余分な金がある訳でもなく、行き先を無くしていた俺は、経済棟の駐輪場でチャリを押しながら、どうしようかと考えていたのだが…。

「ねぇ、そこの貴方」

コンビニにでも行って、時間潰そうかな。

「ちょっと! 人が呼んでるのに、無視しないでよ!」
「え、俺? …げっ」
「何よ、その『げっ』ってリアクション」

ぼっちの俺に話しかけてきたのは、昨日の厨二妄想ノート女、茅原琴莉だった。


可愛い見た目とは裏腹に、いきなり敵意剥き出しだ。

「いや、だって…」

まさか、俺を探してるとは思わなかったし。

「だって何よ」
「いえ、何でもないです…。 って、何の用?」

すると、茅原さんは右手を差しだし、「携帯貸して」と言ってきた。

「…どうかしたの? 携帯忘れてきたとか? どこか連絡したい所があるの?」

と、俺が携帯…スマートタブレットを取り出すと、茅原さんは

「違うわよ! いいからさっさと貸しなさい!」

それをいきなりひったくった。
…うえに、俺に背を向けて速攻逃げ出した。

「おい、待てよ! 何でいきなり携帯パクってんだよ、お前!」

何なんだ、この女!?

俺は動揺しつつ、サークル会館前に逃亡する茅原さんを追いかける。
幸いにして、相手の厚底の靴では極めて走りにくいらしく、すぐ追いつく事が出来た。
そして、彼女の腕をひっ掴む。

「捕まえたぞ! 携帯返せよ!」
「やだ! アンタ、あの時、私のノートをカメラに撮ったでしょ!?」
「撮ってねぇよ!」
「嘘付かないで! 携帯持ってたって、それしかないでしょ!」

俺たちはぐぐぐ、と携帯を互いに両手で奪い合う形になったが、茅原さんはメチャ非力で、そんなに力を入れてないのに、こちらにズルズルとひきずられる。

「…お願いだから、写真を消させて! 人の秘密を勝手に撮るなんて卑怯よ! エッチバカ変態!」
「わ、分かった! だから大声上げるのは止めてくれよ!」

茅原さんの声で、周囲の皆が俺たちの方を見る。
誤解されるのが怖くて、俺は手を離した。

「ひゃっ!?」

が、急に手を離したのが悪かったのか、茅原さんはヨロヨロとよろけて、後ろに大きく倒れ込みそうになる。

「危ない!」

俺はそれを見て、即座に彼女に近づき、肩を掴んで抱きかかえた。
が、体勢が悪く、俺たちは二人して転んでしまう。

「…あいたた」
「悪い、大丈夫か」

何とか、俺が下になる形で倒れ込む事ができ、茅原さんは、俺に覆い被さるような格好になった。
良かった、これなら怪我はない…だろうけど…。

女の子の体って、超柔らかい…。
それに、ふわふわの髪の毛からメチャ良い匂いする。

「大丈夫よッ!」
「はぶっ!?」

だが、茅原さんは俺の上から一瞬で離れると、起き上がりざまに格闘ゲームさながらの追い打ち攻撃で、俺の腹にストンピングを喰らわしてきた。 厚底の靴で。

俺が悶絶している間にも、茅原さんは必死に携帯を操作している。

「ああ、もうこれ、写真のアルバムどこにあるのよっ! …あら?」
「げほっ、ちょっと待てよ、話聞いてくれよ、ぐへっ、俺、別に君のノートを写真に撮ったりしてないって…」

だが、茅原さんの目は、携帯のある部分を凝視し、それから俺を正面から見据えて、言った。

「…貴方、『リヴァイアサン』のプレイヤーなの?」


DATE : H27.1.25
TIME : 11:11
STID : 00941724、A0000021

「じゃあ、茅原さんも、リヴァイアサンのプレイヤーなの?」
「琴莉って呼んで。 名字は嫌いだから」
「琴莉…」

だが、そこで俺は思いっきりほっぺたをつねられた。

「『さん』は!?」
「すいません琴莉さん!」
「よし」

そう言いながら、彼女は再び、俺の携帯をイジり回す。
あの後、彼女は何がなんでもノートの映像データが残ってないかを確認したいみたいだったので、渋々と大講堂前のベンチに移動し、そこで好きにさせていたのだ。

「…ねぇ、電話の着信履歴が凄く少ないんだけど」
「どこ見てんだよ! そこ、写真と関係ねーだろ!」
「それに、メールも業者からのばっかりじゃない」
「ほっとけよ! だから、それも写真と関係ねーだろ!」

だけど、これほどまでに念入りに、執拗に、徹底的に携帯の中身を見られるとは想像もしてなかった。

「…ねぇ、貴方、もしかして友達いないの?」

遂にそれを言われて、俺は力が抜けた。

「ま、あんまりね」
「RUBYとかポートボイスも入れてないの?」
「SNSは苦手なんだよ」
「なんで? ポートボイスとか、もうマレット使いには必須じゃない」
「いや…俺、あんまりそういうの、好きじゃないんだ」

俺、あんまり人に対して、胸を張ってられる人間じゃないから。

「ふーん、私と一緒ね」
「…え?」
「何でもない」

そう言って、彼女はその後もずーっと…10分以上も、俺の携帯をいじり回していた。

「…ねぇ」
「何だよ」
「面倒臭いから、この携帯もう壊して良い?」
「何言ってんだバカ! 冗談言うなっての!」

俺は彼女の手から携帯をひったくると、鞄の中にしまい込んだ。

「ね、君、名前なんて言うの?」
「礼雄。 桐嶋礼雄」
「…もしかして、8月生まれ?」
「そうだよ。 礼儀の礼と、雄々しいの雄で、礼雄」
「もしかして、A型?」
「そうだけど…」
「ふーん、そっかそっか。 獅子座のAね」
「もしかして、占いか何か?」
「別に」

そこで、茅原…いや、琴莉さんは、勝手に話を切ってしまった。
まぁ、写真の疑いは晴れたみたいだし、いいか。

「…そういやさ、琴莉さんも、リヴァイアサンをやってるんだよね?」
「時々ね」
「どんだけ進んでるの? もうネージュは卒業した?」
「ネージュ…? 何それ?」

え?
…宇園市の人間は、ネージュ村から始まるんじゃなかったのか?

「あ、それ、村の名前だったの? …うん、ごめん、ド忘れしてた。 それに、私は別の場所に居るから」
「へー、そうなんだ。 それ、なんて街?」

だが、彼女はその質問には沈黙して答えなかった。

「…? どうしたの?」
「ね、礼雄くん。 貴方は、このゲーム、好き?」
「え?」
「このゲームの世界。 好き?」

…なんだこの質問? ま、いいけど。

「素敵な世界だよ。 俺は好きだな」
「本当?」
「うん」
「本当の本当に?」
「いや、本当の本当に」
「本当の本当の本当に好き?」
「いや、本当に本当だって! 好きだよ!」

「でも、プレイヤーはヒドい人たちが多いじゃない。 それでも良いの?」

…ん?
もしかして、琴莉さんもPKとかセクハラとか、そういう被害に逢ってるんだろうか。

「そりゃ、ヒドい人には俺も結構出会ったよ。 でもそれは、ゲームシステムに影響されてるからであって、皆が全員ヒドい人、って訳でもないと思うな」
「礼雄くんは、システムが悪いって思ってるの?」
「ああ。 なんというか、プレイヤーに課金と競争を強いるような…あのせいで、皆マジになり過ぎてるんじゃないか、って思う。 実際、他のゲームでは、そんな事なかったし」
「それなのに、嫌になったりしないの?」
「分からない。 でも、今は正直、結構引き込まれてる」
「どうして?」
「それも分からない。 でも、フィーリングなんだ。 好きになれそうだ、って予感がしてるんだ」
「そうかぁ…」

なんだか、さっきとうって変わって、琴莉さんの雰囲気は大分見た目どおりの穏やかな感じになってる。

「ねぇ、礼雄くんは、誰とプレイしてるの?」

それになんだか、急に慣れ慣れしくなったような…。

「えっと、友達と」
「電話の履歴にあった、藤宮くん?」

…本当しっかり見てたんだな、こいつ!

「そう、高校の友人なんだよ。 そいつと一緒にやってるんだ」
「大学の友人は?」

それ、聞くのぉお!?

「…」

「ごめん、本格的にぼっちなんだね。 ってか、何でそんなに友達居ないの?」

いや、完全に居ないって訳じゃないというか、むしろデジ研には一杯仲間居るんだよ!?
ただ、リヴァイアサンを一緒にやる相手が居ない、というだけで!

「ふーん…」
「じゃあさ、琴莉さんは、誰とプレイしてるの?」
「内緒。 でも、そんなに言うほどプレイしてないよ」
「え、でもネージュ村より先に進んでるんだよね?」
「うん。 でも、私あのゲーム、あまり好きじゃないんだ」
「あ、そうなんだ…」

よかったら一緒に「リヴァイアサン」をプレイしない?
と申し出ようという試みは、口に出す前にかき消えた。
そもそもゲームがそんな好きじゃないんなら、どうしようもないし。

…でも、それなら、彼女はどういう理由で「リヴァイアサン」を始めたんだろうか?

俺がそう疑問に思ったところで、2限目の終了を知らせるチャイムが、大講堂の方から小さく聞こえてきた。

「っと、琴莉さんは時間良いの? そろそろお昼になるけど」
「…そうね、じゃあまた今度ね。 あ、それと、最後に聞きたいんだけど」
「何?」

すると、琴莉さんは眉を鋭く逆立てて言った。

「…あのノート見て、どう思った?」
「…え?」
「見たんでしょ? しっかりと。 中身」
「え、えと、あの、その…」

どういう答えをすりゃええねん、と一瞬テンパりかけるが、その時反射的に、あかり姉の声が響いてきた。
女の子はとにかく褒めろ、と…。

「絵、案外上手だよね」
「もしかして、キャラのページまで見てたのッ!?」

一瞬、琴莉さんの顔に般若の面が重なった気がした。

「い、いやでも、俺、アニメやマンガ、よく見るから…。 ああいうの結構慣れてるっていうか、素直に良いな、って思った」
「…それ、本当!? というか、貴方アニメオタクだったの?」
「そ、そうです…。 時々、設定資料集も買うし」
「ふーん…。 じゃ、最近は何買ったの?」
「『Words Worlds Swords』のキャラクターブック」
「なるほど…。 まぁ妥当ね」

何が妥当なのか分からないが、琴莉さんは、腕組みしながら何事かを考えている様子を見せた。
ってか、「WWS」の話題が普通に通じたという事は、この娘もアニオタなのか。

「ま、良いわ、許してあげる。 でも、あのノートの内容は、忘れてね。 絶対よ」
「わ、分かったよ…」

俺が内心で胸を撫で下ろすと、

「それじゃ、礼雄くん、またね」
「あ、ああ…」

そう言って、彼女は少し微笑むと、手を振り去っていった。 

「(礼雄くん、またね、か…)」

いろいろあったけど、携帯をガン見されて素性を知られてからは、わりと打ち解けて話せた気がする。
もしかして、これ、人生初のモテ期到来なのか。
それとも、女性に優しくされたら、誰でもうっかり惚れてしまう、童貞病の初期症状か。

…間違いなく後者だろうな、とは自覚しつつも、淡い期待に胸が高揚するのは、どうしても止められなかった。

「…あ」

彼女の姿が、完全に見えなくなってから、俺は自分の失態に気づいた。
彼女は、確か福祉経済総論の講義を取ってたはず。
もしもノートを借りることができれば、伊庭のレポートで単位を取れる可能性は、飛躍的に高まったのに。

「しまった!」

そう思った俺は、慌てて駆け出すが、もう彼女の姿は、どこにも見えなかった。

<続く>
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。