女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

リヴァイアサンズ・メルヴィレイ(23)

「それではいきまぁす! 『剣闘士の祝宴』決勝戦! 3、2、1…。 DUEL、スタートぉ!」

遂に始まった最終戦。
だがその立ち上がりは静かで、お互いが計ったように付かず離れずの距離を維持し、様子見に徹した。

「(これは…)」

俺は周囲を旋回しながら考える。
敵は二刀流、おそらくガードはできない。
だのに、ここまで勝ち残ってきた理由は…。
攻撃力が圧倒的だから、だろうな。
なのにまだ攻撃してこない。

最上級の課金装備で二刀流、という圧倒的なアドバンテージ。
焦る様子など微塵もなく、こちらをやんわり見定めるその態度は、威圧感すら感じさせた。

「(…くそ、きちんとリサーチしとくべきだった)」

今更にそんなことを考えてもしょうがない。
とりあえず、様子見の今がチャンスだ。

俺はショートダッシュから牽制で「喉元突き」を繰り出す。 当たればキャンセルおまけで「水平斬り」をコンボにしようと思ったのだが、

「何っ!?」

ガキィンと高く響くサウンドエフェクト。
俺の突きは相手の剣で軌道を変えられ、体勢を崩す。
と同時に相手は体を翻し、俺は逆手の一撃を食らって吹き飛んだ。

「(…そうか、そういう事か)」

この一瞬の攻防で受けた「キリエ」の印象。
それで、どんな人物かというのがおおよそ見えてきた。



このイベントの優勝賞金額は、5万円。
だが、この「キリエ」は上限一杯まで課金した。
その理由は、アニメの主人公になりきって無双したいからだ。
では何故、わざわざネージュ村のこのイベントを舞台に選んだのか。
それはおそらく、このゲーム、熟練度や課金の他にも、「情報の多寡」が非常に影響を及ぼすのだ。

「ブレードアーツ」がそうであるように、このゲームでも「二刀流」が使えると言うことは、ここに居るルーキー片手剣使いの連中は、殆ど知らない事だろう。
まして、二刀流の固有スキルとか、知りようもない。

だからこいつは、この大会に参加してきた。
地方都市の情弱プレイヤー相手なら、自分が絶対に勝てる。
それを何らかの方法で知って。
アニメの「キリエ」の闘いを再現できる、それを確信して。

「(…やってやる)」

そう意識した時、俺の中で、不自然なほどに闘志が燃え上がった。

格闘ゲームで一番楽しい時間とは、強キャラを使って俺無双している奴に、弱キャラを使ってボコボコにする事だ。
というか、相手プレイヤーの思い上がった心根をぶっ壊してやった時だ。
これは鶴羽先輩の主張だったし、俺も同意見だ。

勝つ材料は殆どない。
こちらが勝ってる物と言えば、ガードができる事と、体力がやや上(回復薬が尽きているのか、それとも余裕なのか、相手はゲージの8割程度しかなかった)な事だけだ。
それ以外は、全て相手が上回る。

だけど、絶対に一泡以上吹かせてやる。 見てろ。

俺はそう堅く決意し、闘志の炎をたぎらせると、距離を計りつつ、再び「喉元突き」による牽制の一撃を繰り出した。

相手はまたもあの「双剣カウンター」を繰りだそうとしたが、それは俺も読んでいて、突きは紙一重で届かない。
相手のカウンターが空振りしたところに、キャンセルでの「水平斬り」がヒットし、続く連携の「上段袈裟斬り」「下段足払い」もフルヒット。

よっしゃ、やったぜ!と思ったのもつかの間、敵の体力は殆ど減らなかった。
小技を一発当てた程度だった。

「…く」

これが課金装備の補正か。
分かっていたけど、報われねぇな、これ。

すると、敵…「キリエ」も、「喉元突き」を繰り出してきた。
反射的にガードする俺だが、そのまま流れるような動作で、「水平斬り>逆水平斬り>上段袈裟斬り>下段足払い」と、連携を混ぜた連続攻撃を繰り出してきた。

「うお…っと!」

一瞬、汗で手が滑りそうになったが、中段、中段、上段、下段、と危なげなくガードした。
さらなる追撃があるかと思ったが…ない。
無理はしないその態度、底が知れなくて不気味だ。
うかつに手を出せば、がっぷり噛まれるような恐怖がある。

だけど、こちらから行かなくては。
相手が余裕かましている間に、できるだけ体力を削ってやる。

そう思った俺は、再び「喉元突き」を繰り出したが、相手も全く同じタイミングで、「喉元突き」を繰り出してきた。

ギィン、と高い音を立てて、両者にノックバックが発生する。
俺はこの空いたリーチから一気に攻撃を届かせるべく、「下段足払い」を選択したが、相手も「下段足払い」と、同じ攻撃を選択した。

「(なんだこいつ…!?)」

「水平斬り」と「水平斬り」。
「喉元突き」と「喉元突き」。
「上段袈裟斬り」と「上段袈裟斬り」。

激突する剣と剣、煌めくエフェクトの火花。
俺と奴は、互いに全く同じ攻撃を繰り出し続けた。
剣と剣の「相打ち」の連続、そのシンクロっぷりに、うわぁっ、と周囲が一気に盛り上がる。

「すっげぇ、カッコイイ!」
「やるなー、あの連中!」
「いい決勝戦じゃん!」

だが、俺の心中は決して穏やかではなかった。
何がいい決勝戦なものか。
この「キリエ」は、俺の攻撃を読んで…あるいは、見てからの超反応で、攻撃を合わせて来ているのだ。
お互いの技量の拮抗、その結果のシンクロじゃない。

この完全なシンクロの理由…多分、俺は準決勝あたりからリサーチされ、対策を立てられていたのだろう。
明らかに手のうちを知られ過ぎている。

そして…相手が、双剣を封じて片手剣の技を使いだし、手加減の遊戯に興じているのは、

「キ・リ・エ! キ・リ・エ!」
「おらー、レオ、絶対勝てお前! 全額お前につぎ込んだんだぞー!」
「ブラック先生カッケェっす! マジパネェ!」
「二人ともいいぞー!」

この大歓声が目的だった。
つまり、盛り上げるだけ盛り上げて、ちょっとはピンチを演出し、最後に圧倒的な力の差を見せつけて勝つ…そんな事を目論んでいるのだろう。

そして、俺の思惑どおり、敵は「二刀流」スキルを使わず、とにかく「魅せる」プレイに徹し、カッコイイ決勝戦を演出し続けた。

「いけー、そこだキリエ! さっさと決めちまえ!」
「無課金相手に手こずらないで下さい、先生!」

まるで華麗な闘牛士と愚鈍な闘牛だな、と自虐的な気持ちに駆られた。
捌ききれないほどの手数を出して、相手を宙に舞わせてやりたい…そう思ってはいるのだが、いかんせんゲームの中では、システムに規定されている以外の技は出せない。

…しょうがない。

気は引けるけど、やるか。

俺はシングルチャットのアイコンをタップ、「キリエ」に話しかけた。

「…アンタ、強いね。 キリエの外見だけパクってるかと思ったのに」
「…」

無視された。

「双剣のスキルって、どうやって習得したの?」
「…」

またも無視。

「この後、猛攻撃の予定? カッコよく俺を倒すの?」
「…」

…完全無視かよ! しょうがねぇ、最後の手段!

「ところでさ、ヒロインは誰が好き? やっぱキリエだけあって、エリス一筋な訳? 俺はメリアさんが良いな」

エリスってのは、アニメ「WWS」の劇中、村を守ろうとした可憐な女性剣士で、メリアさんは村の孤児たちを見守る修道院のお姉さんだ。

「…やっぱ、メリアさんの大人の魅力が最強みたいな? 胸元とか、エリスの完敗だよね。 ソフマットの初回特典の水着ポスター、圧勝だったじゃん」

「…お前は何も分かってないな」

おっと、返事が帰ってきた。
しかも、想像より恐ろしく渋い声。
…もしかすると、中身はおっさんか?

「全部良い! …だが、ミルファに叶うヒロインは誰も居ない! ミルファ最高!」

ミルファって誰だっけ、と脳内検索を開始したが、思い当たる名前はただ一つしかなかった。
あの5歳児…?

「え、いつも危険な行動ばかりして、メリアさんにいつも叱られている、あのミルファ…?」

「そうだ! 天使過ぎるだろ、あの行動、あの泣き顔…! ミルファちゃん可愛杉!」

やべえ、コイツマジで討伐しなくちゃ。
っていうか、キリエのくせに正妻放置とか、主人公の風上にもおけないだろ。

「おいおっさん、ロリコンは良くないぜ! 犯罪者は俺がメリアさんに代わっておしおきしてやる!」
「誰がおっさんだ! ロリコンだ! てか犯罪者じゃねーし!」

いや、お前インモラルプレイヤーじゃん。
最初、「WWS」の本かDVDのパッケかで、キリエ先生のグラ取り込もうってしたろ? 著作権に思い切り触れただろ?

「うるさいうるさい! メリアみたいな年増信者に言われたくねーよ!」
「年増じゃねーよ! やっぱ大人の魅力ってのが分からないのかなぁ、ロリコンは!」
「お前、マジで殺す!」

と、容赦なく煽ったのが良くなかったのか、キリエ先生…の偽物はアニメの主人公らしからぬ毒満点な台詞を吐いて、俺に猛然と切りかかってきた。

<続く>
スポンサーサイト

*Comment

 

そういえば現実の人たちあんま絡んで来ないな。

てっきりガッツリ大会に参加してるかとも思ってましたw

これからかな。
  • posted by ユラ 
  • URL 
  • 2014.06/25 17:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム