女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

リヴァイアサンズ・メルヴィレイ(22)

そして迎えた準決勝戦は、本当にしんどかった。
相手は「ウルフファング」という奴で、これまたブレードアーツ使い。
はっきり言って、総合的な戦闘力では、俺は完全に負けていた。
しかし、それでもなお勝てたのは、相手が俺よりも大幅に少ない体力で挑んできたからだ。

「(あ、こいつもう回復薬の残量がないんだな)」

やったぜラッキー、と思ったのもつかの間、相手は俺の体力を全損させる勢いで切りかかってきた。
その奮迅ぶりは、プレイヤー名のとおり、飢狼の如くだった。

「(おいおいこいつ…! この状態から勝つ気なのかよ!?)」

相手の執拗にして冷静な攻撃、そして集中が切れた俺のジャストガードが決まらなくなってきた事もあって、戦闘は野犬の噛み合いのような泥試合を呈した。

…だが、ギリギリの接戦、その最後に俺が勝利の切符を手に入れた。
でもまぁこれは、体力差を考えれば妥当な結果だった。

すると、歓声のSEや花吹雪に混じって、

「おおおーっ! 大穴! やるじゃん、レオって奴!」「あいつ無課金だろ? 凄いな!」
「お前のせいで大損こいたぞ! 大穴すぎんだろ!」
「おめでとうレオ! お前に賭けてて良かったぜ!」

と、偽りじゃない、本物の歓声が徐々に混じり始めた。


「おめでとう! これで準優勝は確定だな!」

そして3度、龍真が俺に近寄ってきて労いの言葉を掛けてくれる。

「ありがとう…。でも悪いけど、もうだめだ」
「なんだ、弱音を吐くな、あと一つで優勝だぞ!」
「いや、回復の手段がないんだよ。 回復薬スーパーが、あと一つしかない」
「なんだ、そんな事か。 ちょっと待ってろ、決勝戦までは僅かに時間がある」

すると、しばらくバールハイトが硬直した後…。
画面の奥、観客席の奥側から誰かが走ってくる。
あれは、もしかして…。

「こんばんは、レオくん」
「あ、のぞ…いや、トラウムさん!?」

トラウムこと、石原のぞみさんがやってきた。

今ちょうど都合良く、龍真の家に来たのか?
それとも、元々家には居たのか。

もしかすると、俺が龍真の試験「使える奴かどうか」に合格したから、姿を見せる事にした、という事なのだろうか…?
だが、とりあえず経緯は後回しだ。

「レオくん、こっちに寄ってね、『ヒーリング』掛けるから」
「ああ、ありがとう」

今はありがたく、回復させて貰おう。

「ヒーリング!」

ライトグリーンのエフェクトがマイアバターを覆い、残る体力がみるみるうちに回復していく。
回復の最中、龍真が独り言のように話しかけてきた。

「最初はな、露天商の回復薬を買おうとしたんだが、金額が凄い事になってたから、トラウムを呼んだんだ」
「マジでか。 どれくらいだ」
「10倍だ。 僕も絶句した」

ワァオ、と俺はアメリカンなため息をつきそうになった。
それじゃ確かに、買うか買わないか躊躇しちまうよな。
「ウルフファング」さんが、回復薬買わなかったのも納得だよ。 リアルは彼も飢えた狼…貧乏なんだろうな。

「ところで、この『ヒーリング』って、メチャ便利だよね。 どうやったら魔法が使えるようになる訳?」

俺がふとした事でのぞみさんに放った質問だが、龍真の答えは「魔法の本」だった。
オークションハウスにランダムで売っている「魔法の本」を買う事で、魔法が習得できるのだという。

「ただ問題なのは、魔法を習得するためには『契約』という名のクイズに答えないとダメだという事だ」
「く、クイズ? それを間違ったら?」
「魔法の本代が無駄になる。 ちなみに、本はかなり高額の課金アイテムだ」
「でも、クイズとかなら、龍真は余裕で合格できそうだけどな」
「僕の時は、芸能、ゲーム、アニメのクイズだった。 それで全く歯が立たなかった」
「あ、そ、そう…」

どっちにせよ、回復魔法は必要不可欠だ。
今後の旅において「ヒーリング」の入手は考えておかないといけないな。
課金アイテムらしいけど、ここで負けても1万円は手に入るからな。

…いや、でも、こんだけ苦労したんだから、ここまで来たら勝ちたいな。
あと1つ勝てば、5万円なんだし。
1万と5万じゃ、差があり過ぎる。

そして、自分でも驚く事に、俺の胸中には「課金装備にしとけばよかった」という思いが雲のように湧き始めた。
母ちゃんの飯や、回復薬不足による勝利という幸運があった事もそうだが、課金しておけば、もっと楽に勝ち進めたかも、という気持ちに囚われはじめたのだ。

俺は、決勝戦前のCF…「ラーメンの鉄人」が監修した、「白豚骨カップラーメン」の映像を見ながら、今後のことを考えていた。

無課金を続ければ、イベントの度に、毎回こんなギリギリの闘いを続けなければならない。
その苦労は、身に染みて分かった。

だが、こんな幸運が、次もあるとは限らない。
今回の資金を元手に、装備や「ヒーリング」等の魔法を買い揃えた方が良いよな、絶対…。

そんな結論が出たところで、遂に最後のアナウンスが飛び込んできた。

「遂に決勝戦ーっ! いぇー! みんなノッてるー!? 楽しんでるー!?」

カノンちゃんのMCに「うおー」という歓声と拍手がわき起こる。 でも、これもただのSEだ。
テレビの面白くないコントでも入る「笑い声」と同じアレだ。
実際に拍手してるプレイヤーは皆無ってのは理解してる。

「『剣闘士の祝宴』も、遂に最終戦となりましたぁ! 優勝の誉れに預かるのはどちらなのか!? さぁ皆さん、賭けはギリギリまで受け付けてますよー!」

そして超恥ずかしい事に、ポージングした俺の姿が、スマートタブレットの一面に、燃え盛る炎と共にギャーンと飛び込んで来た。

「ここまでを勝ち抜いた剣闘士の一人は、なんと無課金の勇者! レオくんでーす!」

だけど、くやしい事に不思議と気分は高ぶってくる。

「うおー、レオ! 行け、俺お前に賭けてるんだからな!」
「絶対にコケるんじゃねぇぞ! 死んでも勝てよ! 応援するからよ!」

そう…。
俺、今までの人生で、こんな経験なかったんだよな。
何かで勝つとか、1位になるとか…。

「超大穴! 頼むぜ、勝ってくれ!」
「行けよ、応援してるぞー!」
「俺、2次も3次もお前につぎ込んだんだぞ! よろしくな!」

巨大掲示板、「@ちゃんねる」で指定レス貰った時と同様に、掛け値なしの本音、心からの応援を貰って、不覚にも心が動く。

…勝ちたい。

あと一つ勝てば、5万円が貰えるんだ。
一ヶ月分のバイト代。
そして、こいつらから、どんなに祝って貰えるんだろう。
それを実現しえる「勝利」。

それが今、手の届く所にある。

「対して、もう一人の勇者は、双剣使い『キリエ』! 皆さん拍手ー!」
「…何だって!?」

アナウンスで告げられたその名、そしてインフォメーションウインドウに飛び込んできた顔の画像を見て、俺は思わず声を上げた。

「キリエ…。 双剣使いって…!」

てか、あの剣って片手専用じゃなくて、二つ買えば両手に装備できるのか。

「…まさか、あの!?」
「何だ!? 知っている相手か、レオ?」
「こいつは…!」

レンタルアーマー(黒)。
両手に持った黒と白の剣。
そして目元を覆う黒の前髪。

「第4次オッズは、レオくん16.79に対し、キリエくん1.01! 圧倒的だね!」

うおお、と周囲の観客がガチでどよめく。
「ブラック先生マジパネェっす」とか「キリエがマジでキター」との声。

…間違いない!

「アニメの主人公」
「は?」
「深夜枠で放送してた『Words Worlds Swords』ってファンタジーアニメだよ! 主人公の「黒の双剣士」こと『キリエ』だ、コイツ!」

てか、両手のレンタルソード(黒)剣と(白)剣。
あの時、最高課金額の剣を両方買ったのはコイツか。

「レオ、お前…」

龍真が何か言っているが、耳に入らない。
最後の最後になって、とんでもない奴が現れやがった。
損得勘定などハナから度外視の廃課金プレイヤー、しかも双剣使い。
おそらく先の街からここに舞い戻ってきて、自分の実力を誇示するために参加した奴だ。

「…大学生にもなって、アニメとか見てたのか?」

そのツッコミに、俺の意識は一気に現実に引き戻される。

しまった…隠してたのに、ついテンションが上がってしまったせいで、うっかりカミングアウトしちゃった…。

「レオくん、もしかして…オタク、だったの…?」

のぞみさんのちょっと引いた声。

「…ゲームオタクなのは知っていたが、まさかアニメまでとはな」

いいぢゃん!
大学生が深夜アニメ見てたってさぁ!
人の趣味にケチつけんなよ!

「いや、面白いって評判だったんだぞ? 文芸誌で社会現象だと言われたし、主題歌はオリコンにも入ったんだぜ? 知らないのか?」

と、俺は(一部)嘘を飛ばした。

「そ、そうなのか…? トラウム、知ってたか?」
「ううん、ごめん…分かんない」

多分分からないはず、という俺の見込みは的中し、とりあえず「社会現象になってたから見てただけだよーん」という体裁を取り繕う事には成功した。

「勝てそうか?」
「奴は無敵だ。 アニメではサラマンダー軍のユージーン将軍を一騎打ちで倒した」
「いや、アニメの話じゃなくてだな」

そして、俺のテンションは再びマックスに達した。
なんというか、アニメキャラと闘うというシチュエーションが、こんな燃えるとは自分でも思ってなかった。

「なるほど、『キリエ』さんは名前が黄色…インモラルプレイヤーだな。 最初、本物のアニメキャラで登録しようとして警告されたクチか」

「還魂のリヴァイアサン」のキャラクターメイキングにおいて、各自の顔グラフィックは、ある程度イラストっぽくデフォルメした形になる。
写真を参考にした「似顔絵」という表現が最も妥当だろうか。

「でも、うまくデフォルメされてる。 ちゃんとキリエだって分かるもんな」

そして逆にアニメのキャラは、やや現実よりにデフォルメされていた。
ま、そのせいで、アニメの「キリエ」と同じ部分は、名前だけになってしまってるけど。

「名前には著作権がないからな。 そこまでするとは、よほど『キリエ』でプレイしたかったんだろうな」

と、龍真の冷静な批評が続く。
まぁ実際、俺もMMO「ドラグーンファンタジー」では、「グラウド」だの「ゼフィロス」だの、別ゲームの名前のプレイヤーは結構見てきた。

そして、少なくともこの「キリエ」は、俺と同じく「Words Worlds Swords」のディープなファンだって事は分かる。
敵として現れなければ、ゆっくりと話してみたい存在ではあった。

だが非情にも、目の前にはオートデュエルのダイアログが再び出現し、戦闘開始のタイムカウントを始めた。

「それではいきまぁす! 『剣闘士の祝宴』決勝戦! 3、2、1…。 DUEL、スタートぉ!」

<続く>
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム