女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァイアサンズ・メルヴィレイ(20)

「それではぁー、いよいよ2回戦を開催いたします!
これより先は、トーナメント方式の闘いになりますので、一度、対戦相手をシャッフルさせて頂きますね!」

すると、さっきの8人の顔画面がバラバラに吹っ飛んで、あちこちに飛んでいったかと思うと、画面奥からこちらに向かってくるトーナメント表の最下段に、シャキシャキシャキーンと貼りこまれ

た。

そしてそのままズームアップ。

「第2回戦、第1試合は、『レオ』! オッズは3.87! 対するは、『ユーズ』! オッズは2.72! 皆さん拍手ー!」

「ユーズ…!?」
「おやおや、相手さんも勝ち残ってたのか。 これは因縁の決戦だな」

名前の後に呼ばれた「オッズ」。
通常「賭け率」を意味し、数字が少ないほど有望視されている。 つまり、強いと判断されている。
だが、俺のオッズは3.87で、奴は2.72。
俺をハメようとしたサギ学生「ユーズ」は、周囲の連中には、俺より強そう、と思われている訳か。

「あいつ…装備が」

そして、「ユーズ」が勝ち残り、高く評価されている理由は、見てすぐに分かった。
剣が「紫」、鎧が「白」装備だ。
確か、あれ両方ともに揃えたら、1万円くらいかかったはずだが…?



「へー、お兄さんも本戦残ったのかよ。 案外やるじゃん」

俺の姿を見て、奴が話しかけてきた。

「どういたしまして」
「ふーん…。 ところで、アンタどこの高校?」
「…俺は大学生だけど」
「はっ、大学生? チビすぎ、全然見えねー」
「うっせ、ほっとけ! これでも気にしてるんだよ」

あかり姉からは昔「礼雄は…ちっちゃくて可愛いよ」と言われたが、何のフォローにもならなかった覚えがある。

「ところで、『ユーズ』…覚えてるか? さっきの件」
「知らね。 何のこと?」
「詐欺の件だよ! さっき、課金装備を10倍の値でトレードしようとしただろ!」
「だから知らねぇよ馬鹿。 誰か見てた奴でも居んのか」

俺の詰問に、逆ギレするかと思ったのだが、すっトボケるという予想外の相手の返事。 
それで逆に、俺が言葉に窮した。

確かに…このゲームの中で、さっきユーズがやった事は、俺と奴にしか知り得ない事だ。
第三者の確認ができない中で、こんな風にトボケられたら手も足も出ない。

「それよりむしろ、俺が言った事覚えてるか? ズタズタにしてやるって。 頭ボコボコにぶっ叩いて、さらにチビにしてやるから覚悟しとけよ」

…ムカつくなぁ、こいつ!

「ところでお前、その装備どうした? 子供のくせに万単位で課金とか、どっからそんな金出してんだよ」

やられっ放しもシャクなので、俺も相手を煽り返した。
中学生でこの課金ぶり、おそらく、内緒で親のクレジットカードを使っているパターンじゃないかと思ったのだ。

俺も、親のすねかじりまくってる人間だからデカい事は言えないけれど、こういう節度のない子供は、即座にご退場願おう。
ここは18歳以上推奨、紳士の住む世界だぜ。

「お前みたいな貧乏人と一緒にすんなよ、バーカ」

相手はサラッと切り返してきたが、語尾が微妙に震えていた。 まぁ、多少なりともダメージは与えたみたいだから、良しとしとこう。

「ベット終了ー! それでは、第1試合を開催しまぁーす!」

カノンちゃんのアナウンスと共に、再びオートデュエルのダイアログが画面に飛び込んでくる。

「お前、マジでボコボコにしてやるからな!」

デュエル開始のタイムカウント直前に、奴がシングルチャットでそんな脅しめいた事を言ってくるが、虚勢にしか聞こえない。

「それでお前がやられたら、恥ずかしい事この上ないけどな」

と、保険をかけつつさらに煽り返す。

「3、2、1…。 …DUEL START!」

俺は、イタい子供にお仕置きをするつもりで、開始と同時に、さっきの戦闘で覚えた「キャンセル技」を使おうとした。

「おらぁっ、死ね!」

だが、反射的にイヤな予感がして盾を構えた。

すると、相手がしなやかな動作と共に繰り出して来たのは、「喉元突き」「水平斬り」「逆水平斬り」「上段袈裟斬り」の4連コンボ。

ガガガガッ、という盾を鋭く弾く防御音と共に、俺のスタミナが大きく削られる。
「逆水平斬り」は初めて見るモーションだが、ムラサメ氏の「前蹴り」と同様、熟練度システムで覚えた固有技なのかもしれない。

ユーズの連携は、中段>中段>中段>上段という構成で、ガードこそ容易だったが、あの音から察するに、一発喰らえば最後まで繋がる「連続技」の可能性が高い。 油断は禁物だ。

「…く」

だが、だからと言ってビビって飲まれてちゃ意味がない。
ユーズの奴は調子に乗って、今のコンボを再度繰り出して来たが、俺はコンボの最後の「上段袈裟斬り」を、タイミングを計って「ジャストガード」で弾き飛ばす。

そして、相手がたたらを踏んだ…いや、ノックバックの硬直を喰らった隙に、ムラサメ氏との戦闘で覚えた「水平斬り>上段袈裟斬り>下段足払い」を入れる。
この技は、一度喰らえば最後まで技を喰らい続ける「連続技」ではなく、ガードしにくさに重きを置いた「連携技」だ。
中段>上段>下段とガードすることを知っていれば、余裕でガードできる。

だのに、ユーズはこれをフルヒットで喰らった。
ムラサメ氏と違って、結構防御が甘い奴だな。

「…へー、アンタも『ブレードアーツ』使えるの?」

シングルチャットは依然として続行しているので、ユーズはそんな事を語りかけてきた。

「ま、そりゃそうか。 そうでないと、タイムアタックで勝ち抜けないしな」

そして、こっちが何も言っていないのに、勝手に結論付ける。
俺のはブレードアーツではなく、単にキャンセルを効かせた高速連携だ。
だが、ユーズの発言を否定する気はなく、むしろ俺も同様に感じていた。

というのも、昨晩の野良デュエルでは「ブレードアーツ」はおろか、「キャンセル技」ですら使ってくる奴は誰も居なかったのだ。
デジ研の先輩方も、龍真も「ブレードアーツ」は知らなかった。

つまり、マクロとキャンセルを利用した「ブレードアーツ」は、現時点では一部の人間のみが知る、マイナーな技なのだ。

だが、そのマイナー技を、この闘技場で勝ち残った連中は、当然のように知っていた。
これは、タイムアタックという敷居によって、プレイヤースキルが淘汰された結果、と言えるのかもしれない。
「ブレードアーツ」が無ければ、対人戦には勝ち残れない、という…。

「おらっ、死ね! 死にやがれ!」

そして対戦相手のユーズは、人間性の未熟さはともかくとして、恐ろしく強かった。

戦闘はムラサメ氏とのバトルとは逆の様相を呈し、俺が連打でダメージを稼いでも、敵の一発が重くて、すぐに追いつかれてしまう。

「(く…。 あの課金装備が、あんなに威力あるなんて…)」

レンタルソードとアーマーの補正が、これほどまでに効いてくるとは思わなかった。
同じモーションの技でも、マジでダメージがぜんぜん違う。
俺が3発当てても、奴は1発で良いなんて。

「おらぁっ!」

ユーズが、「喉元突き」から始まる例のコンボを繰り出して来た。
チャンスだと思った俺は、再び「上段袈裟斬り」を「ジャストガード」で弾き返そうとしたが、気が焦っていたのか、タイミングが悪く不発に終わる。

「何ッ!?」

だが、ユーズの奴は、コンボの最後の「上段袈裟切り」をキャンセルして、「下段足払い」を繰り出してきた。
まさか、俺の連携をコピーしたのか。

ジャストガードに意識が行っていた俺は、その攻撃をモロに浴びてしまう。
そして追撃の「逆水平斬り」。

それは危うくガードできたものの、背筋に寒気を覚えた。
もしかすると、この剣撃は「下段足払いからのコンボを試みて失敗したもの」じゃないかと思ったのだ。

「へっへー、遂に逆転。 ここからボコボコタイムだからな、覚悟しとけよ」
「お前がな!」

だが俺の気合いも空しく、体力ゲージの削りあいにおいて、遂に俺はユーズに追いつかれた。

「(くそっ…!)」

ムラサメ氏との疲れもどこへやら、俺は再び高揚に沸騰した精神で、ユーズとの死闘に臨む。

無課金でも、腕があれば勝てると思っていた。
だけどそれは、今にしてみれば甘い考えだったと言わざるを得ない。
そもそも、こんな風なトーナメント形式だと、互いのプレイヤースキルは必然、徐々に拮抗してくる。
となれば、それ以外の要素に雌雄を決するものがあるとしたら、それは課金装備しかない。

「(もしかして…)」

このゲーム、無課金でプレイできて、一見チャンスがあるように見えても、結局は課金しなければ、絶対に勝てないように作られてるんじゃ…?

「おらぁっ! 死ねよ!」

「死ね」という単語に反応して、ピンクのアイコンがポップアップした。
ハラスメントプレイヤーを判定するキーワードだ。
今までもこいつはこんな罵声を何度も叫んでいたはずだ。

それに気づかなかったという事は、俺もよっぽど集中していたと言うことで、今更ながらそれに気づいたという事は、同時に俺の集中が緩みつつあるという事でもある。

そして俺は、

「喰らえッ!」

相手の「喉元突き」から始まるコンボを、遂に喰らってしまった。

「…!」

ズバババッという効果音と共に、大きく引き離される体力ゲージ。
残る体力は俺が3割、奴が4割。
たった1割だが、その差は絶望的なまでに大きい。
何故なら、残り1割を削られるより先に、俺は相手の2割を削らなければいけないが、そのためには今までに倍する効率でダメージを与えなければならないからだ。
つまり、相手の6倍の有効手数が必要となる。

それを瞬間的に悟り、俺の脳裏には一瞬の絶望と、だがそれをかき消す闘志が去来した。

「負けねぇぞ、テメェ!」
「言ってろよ、クソチビ!」
「言いやがったな!」

口では反射的に煽りを続けるが、頭の片隅では、より正確に、より冷静に剣を振るえ、と命令する自分が居た。

煽りとか怒りとか、戦闘には無用だ。
純粋に最適解を探しだし、それを奪い合う闘い。
それに徹しなければ負ける。

とにかく、奴の攻撃を全て封じる事に注力するんだ。
奴の欠点は、気分にムラがある事。
ディフェンスに徹しきれば、持久戦に勝機がある!

<続く>
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。