女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァイアサンズ・メルヴィレイ(17)

「それでは、選ばれし剣闘士たち…その名前を発表しまーす! …第16位、『レオ』さん! タイムは3:07! 僅差でギリギリ入賞ー!!」

と同時に、拍手とどよめき、そして歓声がわき起こる。

「おおおっ! 危ねぇー!」
「おお! やったなレオ! 流石だな!」

っていうか、いきなりコールされるとは思わなかった。 しかも本当に入賞するとは。 
16位、つまり最下位だけど。
いや、あぶねーあぶねー。

カノンちゃんのアナウンスはその後も15位、14位、13位と続き、

「第12位! 『ユーズ』さん! タイムは2:42! おめでとうございますー!」

「…おい、マジか」

うわーっという歓声と共に、俺を詐欺に掛けようとした、あの学生も入賞した。

「どうした、レオ」
「実はな、ここに来る前にアイツと一悶着あってな…」
「またか? 昔からそうだが、レオ、お前は本当に人とトラブル起こす奴だな」
「あっちが悪いんだよ、龍真! 俺を詐欺に掛けようとしたんだから!」
「分かった分かった。 それと、今ここで、僕の本名を呼ぶのは止めてくれないか? なるべくニックネームか、シングルチャットにしてくれるとありがたい」
「あ、悪い」

「それでは、栄えある10位以上の方のご紹介に移りたいと思いまぁーす! 選び抜かれた十剣士! 彼らの名は! それは!」

ドルルルルルとドラムの連打音と共に、カノンちゃんの期待感溢れるアナウンス。

「…CFの後でぇー♪ てへっ☆」

ちょっと構えていた俺は、思わずコケそうになった。
自宅アパートのコタツの中で。



そして、スマートタブレットの画面は、全画面サイズでのCFに切り替わった。

…しょうがねぇ。 CFが過ぎるまで待とう。

「…。」

俺が勤めてるとことは違う、大手コンビニの新作弁当のCF。

「…。」

特定保健食品のお茶のCF。

「…。」

今までにない、香り高いコーヒー製造機のCF。

「…。」

映画を舞台にした遊園地のイベント案内のCF。

5本目のCFに差し掛かった所で、俺はキャンセルアイコンを探し始めたが、特にそんなものは見あたらない。
宿屋のではあったのに。

「おい、龍…、いや、バールハイト、これどうなってんだ? ここのCFはキャンセルできないのか?」
「ああ、ここのCFはキャンセル不可だ」
「…もしかして、他のイベントでも、こんな仕様?」
「そうだ。 定例イベントに参加すると、だいたい毎回こんな風に、強制的にCFを見させられる」

画面では、俺たちには全く縁のなさそうな、UV化粧品のCFが流れていた。

「何でキャンセルできないんだよ…。 不親切だな」
「忘れたか? そうしないと、賞金を出せないからだ」

そういや、そんな事言ってたな。
でも別に、CFとか飛ばしても問題ないだろ。

「大ありだ。 このゲームでの賞金を、僕は『餌』と表現したが、より正確に言うなら『顧客の誘因のための宣伝方法』なんだ」

なんか、講釈が始まりそうなイヤな予感がしたが、一応聞いてあげた。

「なんだ、その…顧客の誘因って」
「ほら、テレビや雑誌なんかで、『簡単なクイズに答えて素敵な商品をゲット!』なんて企画があるだろう?」
「ああ、あるな、確かに」 
「あれは『景品表示法』という法律によって、ああいう宣伝方法が許可されているんだが、このゲームでの『賞金』も、あれと同じ根拠法のうち『オープン懸賞』に基づいて、企業から提供されて

いる。 商品を売るために、このゲームの協賛企業となり、懸賞で気を引いて宣伝する…。 その形式を満たすため、僕らは絶対にCFを見なきゃいけない、って訳さ」

「素敵な商品」は、ここでは「Cenという架空貨幣」のことだ、と龍真は付け足す。

「でも、俺たちはクイズなんてやってないぞ」
「この剣闘士大会がそうだ」
「はぁ…」

言ってる事はまたも意味不明だったが、この延々続くCFは、どうやらこのゲームで賞金を出すための、法律に乗っ取った宣伝行為って事らしい。

「しょうがねぇなぁ…。 でも、男が化粧品のCFとか見ても意味ないと思うけどな」
「僕の所は、スーツのCFが流れてるぞ」

そういや、人によって流れる内容は違うんだったな。
確か、レコメンダシステムとか言ってたっけ。

「ところで、改めて言うが、驚いたぞ、レオ。 まさか、本当に無課金装備で入賞するとはな…。 正直、お前をちょっと甘く見ていたかもしれない」
「だろ? 無課金攻略だって、夢じゃないかもしれないぜ」
「それはどうかな…。 むしろ課金していれば、16位ではなく、優勝できていたかもしれないのが惜しい」
「おい、まさか優勝しろって言うつもりかよ」
「このイベントの勝利条件は知っているだろう? 賞金は1位と2位にだけ授与。 3位以下は無収入。 つまり最下位と同じ扱いだ」
「いや、まぁ、そう言われりゃ、そうだけど…」

言ってる事は間違ってないけど、辛辣すぎないか、それ。

「むしろ僕は、お前が勝利条件を明確にしないまま、闘いに挑んでいることに閉口しているよ。 もっとシビアな考え方をしてくれないのが、な」

龍真の発言って、マジで効率厨の発言と同じだな…。
本当なら、「金渡したんだから、もっと本気になれよ」って言いたいんだろうな。 
一応友人だから、表現を多少抑えてるだけで。
でもまぁ、俺も「金さえ都合して貰えれば龍真の言うとおりに戦う」って言ったのは事実だし、そこは主張を受け入れなければならない。

やがて長々続いたCFは終了し、再びカノンちゃんのアナウンスが始まった。

「第10位! …『死季姫』さん! タイムは怒濤の2:27! おめでとうー!」

名前がコールされると、わーっという歓声と拍手がわき起こる。

…あ、これ、本物の歓声じゃなくて、ただのサウンドエフェクトなのか。
そういや、俺が入賞した時にも歓声上がってたな。

「続いて第9位! …『イズナヒロユキ』さん! タイムは驚愕の2:26! 1秒差だよ、凄いよねー!」

カノンちゃんのコールが続くのを聞き流しながら、俺はふと疑問に思った事を、龍真に聞いてみることにした。

「なぁ、龍…バールハイト」
「何だ、レオ」

どうも、ニックネームを口にして呼びあうのって、アレだな、恥ずかしいな。

「この上位の連中、名前に覚えはあるか」
「半分くらいは分かる」
「すげーな、マジでいろんな人と交流持ってるんだな」
「ただし、戦闘方法までは分からないぞ。 僕の興味はその人の『性格』だけで、戦闘力は興味の対象外だ」

それに、僕には彼らの戦力を理解したくともできない、と龍真は付け足した。
まぁ、そうだよな。 
龍真、ゲーマーじゃないし。

「そうか、それじゃ仕方ないな」
「その点は、力になれなくてすまない」

俺は、もしかすると「オリオン」の奴が出てくるかと思ったが…。

「第4位! 『ウルフファング』さん! タイムは2:12! すっごいねー!!」

10位から4位まで、オリオンの名前がコールされる事はなかった。
…まぁ、麻痺剣なんかで不意打ちをする人間が、ガチバトルに参加するのは無理なんだろうな。

そして、本戦は10分後に開始される事が告げられると共に、再びCFタイムとなった。

「お、今度のCFはキャンセルできるじゃん」
「3位以上の人を見たければ、このCFを我慢して見続けて下さい、という事だ」
「…帰ろうぜ、り…バールハイト。 どうせ、外見だけ見たって、どういう闘い方をするのか分かる訳じゃねぇし」
「まぁ、お前がそう言うなら、戻るが…。 何かあったのか」
「ちょっと気になる事があってな」

さっきの露天での品ぞろえの件もあるし、情報収集に勤めた方が良いと思ったのだ。

闘技場を出ると、入場時にはなかったはずの、テントの露天がポツンと存在しており、俺はそこをイヤな予感と共にタップしたが、

--------------------------

レンタルソード(赤)+ 5: 4,000c(14)
レンタルソード(青)+10: 20,000c(16)
レンタルソード(緑)+15: 90,000c(16)

レンタルアーマー(赤)+ 5: 4,000c(16)
レンタルアーマー(青)+10: 20,000c(15)
レンタルアーマー(緑)+15: 60,000c(16)
レンタルアーマー(白)+20: 90,000c(16)
レンタルアーマー(黒)+30:200,000c(16)

レンタル回復薬         100c( 98)
レンタル回復薬スーパー     150c(100)

--------------------------

「ちょ待てよ!」

品揃えを確認した途端、そんな声がリアルに出てしまった。
レンタルソード(赤)が、400円?
何か価格が倍くらいになってるし。

課金アイテムに手を出してもいいか…と思った矢先にこれかよ。 どんだけがめついんだよ。 
鬼かよ。 課金の鬼かよ!

「はぁ…全くもう」

何だかこのシチュエーション、山の頂上とか、辺鄙な所の自販機は価格が高くなってるのを思い出してしまった。

「闘技場内に戻ろうぜ、り…バールハイト」
「収穫はなかったのか?」
「なかった。 無駄足だった」
「それと、早く呼び名に慣れてくれ。 バ・ー・ル・ハ・イ・ト、だ」

分かってるよ…。
てか、お前は俺のアバターを「レオ」に設定したから違和感ないんじゃん。


俺たちが闘技場に戻ると、周囲がかなりざわついていた。

「…何かあったのかな」
「ちょっと聞いてみるか。 すいません、何かアナウンスがあったんでしょうか?」

流石というか、龍真が速攻で周囲の観客に話しかけてみると、

「ああ、ほら、予選が終わったから、負けた連中の大半が帰ろうってしてたんだけど、そこでいきなり『賭け』が始まるってアナウンスがあったんだよ。 それで皆、足止めされてるところ」

と、アバターネーム『アマダム無双』さんがそう答えてくれた。
顔はその大半を覆う半ヘルメット型だが、口元から髭面が見えている。
渋い声質からして、30代くらいの男性かもしれない。

「…賭け?」
「残った16人のうち、誰が勝つかって賭けさ。 1回戦が終わった後、8人になってからベット(賭け)開始で、見事勝利者を当てた人には、ベットした額と倍率に応じて、謎のアイテムが手に

入るんだそうだ」

なるほど。
バトルに負けたら、今度は「賭け」で、祭りの続き。
参加者は一人残らず養分になってもらおう、って事だな。
エグい事考えるぜ、この運営。

「…賭け? そんな事が可能なのか…?」

だが龍真は、そんな事を呟いた。

「もちろん。 詳しい事が知りたければ、ほら、あそこに浮いてるカノンちゃんをタップしてみろよ。 アナウンスがリプレイできるぜ」
「へー、アマダムさんは誰に賭けるんです?」
「俺のダチ。 本戦に勝ち残ったから、そいつに賭けるよ。 思いっきりプレッシャー掛けてやるぜ、うひひ」
「それはいいッスね」

そう言って、俺とアマダムさんは笑った。

「じゃな、いっちょプレッシャー掛けに行ってくるわ」
「はい、いってらっしゃいー」

そう言って、俺と龍真は、見た目の割にはきさくなおっさん…アマダムさんを見送った。

「おい、バールハイト。 お前はもちろん俺に賭けるんだろ?」
「賭けない」
「うごっ」

速攻でブッタ斬られて、俺はヘンな声を出してしまった。

「何だそれ! そこは冗談でも『賭ける』っていう所だろ!?」
「いや、そういう意味じゃなくてな、ちょっとイヤな予感がするんだ」
「…イヤな予感?」

何だよそれと促すと、龍真は怪訝そうな口調で返答する。

「そもそも『賭け』とか…ゲーム内での賭博行為が認められるはずがない。 違法行為がこんな風に横行してるなんて、今までなかった。 初めて見た」

なんだ、そういう事か。
てか、カジノがあるRPGとか珍しくないぜ。

「それはいくら勝とうと、現実にお金が増える訳じゃないからだ。 だが、換金可能なこのゲームでの賭博行為は、法律に触れる可能性が極めて高い。 だから賭けない」

…でも、ゲームで儲けるのが禁止なのなら、そもそもこのゲーム自身が賭博行為に相当するんじゃないのか。

「だからこそ、このゲームの定例イベントは、違法行為にならないよう、既存の法を遵守した形で作成されている。 僕の目には、それが十分すぎるほど見て分かる。 なのに、それを自ら壊しに

来るとは考えにくいんだ」

…なるほどな。 
じゃあ、考えられる可能性としては…。

「1、一時的なイベントなら違法行為でも露見しないだろう、という確信犯の場合」
「2、一部の運営スタッフにおける、法律の勉強不足、つまり過失の場合」
「3、配布されるアイテムが、換金不可能なクズアイテム。 つまりそもそも賭博として成立しない場合」

龍真は、そんな可能性をサラサラと列挙してみせた。
俺は少し考えて、

「…3かな、一番高そうな可能性は。 次に2、1の順だと思うぜ」

と私見を述べた。
根拠はもちろん、今までのゲーム経験からだ。

「僕もそう思う。 『謎のアイテム』とか、そこらへんをぼかしたアナウンスになっているのは、期待感を煽っているのかもしれないな」

なるほど…。 

「だから賭けないのか、バールハイト。 クズアイテムだと分かっているから」
「いや。 将来、法曹たらんとする人間が、自ら法を踏みにじる訳にはいかないからだ。 それが半分」

…半分?

「残る半分は?」
「お前が勝てないだろうと思ってるからだ」
「それ、本人を目の前にして言うの!? ってか、それは本戦での結果を見てから言えよ!」
「勝てばいくらでも撤回するよ」
「へいへい…」

俺たちは、闘技場の中空に浮いている、半透明カノンちゃんをタップして、『賭け』に関するアナウンスを確かめる。

1回戦終了後…8人になってからベット開始。
1口100Cen、最大100口。
負けても2次、3次と再ベット可能、か。

アマダムさんの言ってる事は間違いじゃなさそうだ。
エグいなぁ、ホントに…。

…そして、遂に決戦の時が来た。

<続く>
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。