女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァイアサンズ・メルヴィレイ(15)

「それよりも、そろそろ時間だぞ。 中央広場前に集まろう」
「あ、ああ」

そう促され、俺は中央広場前へ向かったが、そこには異様な程の数のプレイヤーが集結していた。
その皆々が、昨日まで存在しなかった、やたらSFチックなオブジェクト…青色の淡い光を放つ楕円と、そのど真ん中にそそり立つ三角タワーに向かって、次々飛び込んでいっている。

「何だあれ?」
「今回のインスタンス(一時的)マップ…闘技場への転移門だ。 ちなみに名称はオベリスク、という」

なるほど、イベントは専用フィールドでやるよ、ってことか。
ここにはそんなスペースないもんな。
でもなんつーか、アバターが次々と吸い込まれる様は、まるでブラックホールだな。

「てか、これ何人居るんだろう」
「分からんが、100人は軽く居るな」
「マジかよ…」
「レオ、行こう。 もう時間ないぞ」
「ああ、分かった」

そう言うと、龍真はさっさと転移門へ飛び込んでしまう。

だが、俺はそれよりも、中央広場の周囲に、あの露天商がまだあるのが気になった。

あのレンタルソード、結局何がどれだけ売れたんだろうか。
俺は興味本位で露天をタップしたが…。


--------------------------

レンタルソード (黄)+ 0:   0c(∞)

レンタルアーマー(赤)+ 5: 2,000c(33)
レンタルアーマー(青)+10: 10,000c(12)
レンタルアーマー(緑)+15: 30,000c(9)
レンタルアーマー(白)+20: 50,000c(2)
レンタルアーマー(黒)+30:100,000c(0)

レンタル回復薬          50c(574)
レンタル回復薬スーパー    70c(112)

--------------------------

「なんじゃこりゃ!?」

店の品ぞろえがガラッと変わっていた。

「そういう事か…」

剣を買い損ねた連中、あるいはさらなる強化を目している連中相手の商売か、これ。
ってか、「レンタル回復薬」の存在とネーミングにツッコミたくなったが、ゲーマーとしての直感で、これは購入しておくべきだ、と予感した。

というのも、レンタル回復薬が存在するという事は、大会の戦闘終了後は「体力が自動的に回復しない」可能性が高いからだ。
つまり、これを購入しない場合、HP回復は自前の回復薬、あるいは魔法が使える仲間がないと不可能という事に他ならない。
これは致命的な仕様だ。

回復魔法が使える、のぞみさんの「トラウム」がここに居ないのが悔やまれるが、それを嘆いても仕方ない。

「くそっ!」

ここで買わないと、確実な負けだ。
それどころか、何もできずに退場となる可能性がある。

それだけは避けなければならないと思った俺は、レンタル回復薬スーパーを4個購入した。
龍真からお金を借りてるから、来月の携帯代が膨れる事はない。
でも、このゲームでお金を借りるのは、現実にお金を借りている事に全く変わりない…。
ゲーム内で赤字になれば、オークションハウスで現金とCenを交換しなければならない羽目になる。

「しかし、なんだよこれ…。 剣が売り切れたら、今度は鎧かよ。 どういう商売だよ」

俺が思わずそんな事をつぶやくと、「そこのお兄さん! 剣あるよ」と誰かが俺に話しかけてきた。

「…誰、君?」

このゲームはエリアチャットがデフォルト設定なのだが、そのつぶやきを聞かれてしまったのか、やたら幼い感じの男性剣士…アバターネーム「ユーズ」が話しかけてきた。

「俺、ユーズ。 この大会に参加しようとしてた友達がさ、急に部活で来れなくなって、剣余ってるんだよ。 余った奴、要らない?」

…部活?
お前、高校生か中学生だろ。
このゲーム、18歳以上推奨だぞ、オイ。

だけど、それを今相手に問うた所で意味はない。

「剣余ってるって…。 色は何?」
「赤。 攻撃力+5の、200円の奴」

赤か…。 
最初にお買い得って言われてた奴だな。
買った方が良いんだろうか…。

「どうするんだよ、買うのかよ、買わないのかよ。 もう大会始まるまで時間ねぇんだから、さっさとしてくれよ」
「わ、分かった、買うよ」

ここまで来れば、もうなるようになれだ!
課金してる姿勢を見せれば、龍真の考えも変わるだろ!

「じゃ、よろしく。 余りもんだから、ちょっと割引して、2,000から1,500にしとくよ。 とっととトレードしてくれよな」

ユーズがそう言うと、トレードウィンドウが現れた。

--------------------------

「ユーズ」が「レオ」に対し、以下の条件でトレードを要求しています。 承諾しますか?

・「ユーズ」:レンタルソード(赤)
・「レオ」 :15,000Cen

 はい(Y) いいえ(N) 条件の再提示(R)

--------------------------

「じゃ、よろしく」
「分かった…。 …!?」

…15,000Cen!?

「おい、何だこれ!? 15,000Cenって、どういう事だよ!」

一瞬見過ごしかけたが、桁が増えていることに直前で気づいた。
俺がそれを指摘すると、ユーズはヘッドセットの向こう側で、小さく…だが確実に「舌打ち」をした。

「…え? ああ、ごめん、入力ミスしちった。 メンゴメンゴー」
「…ワザとじゃねぇのか、お前」
「何でだよ、俺がワザとやったって証拠あんのか、お前」

確かに証拠はない。
だがこのキレっぷりは、多分確信犯だ。
最初から、詐欺にかけるつもりだったのか。

これ以上関わらない方が良い、と思った俺は何も言わず、即座に「いいえ(N)」を選択した。

「…はっ、覚えてろよテメェ! 大会で出会ったら、ズタズタにしてやるからな!」

そう捨て台詞を残して、「ユーズ」は転移門へと飛び込んだ。

「待てお前!」

だが、転移門に飛び込んだ先は、

「うおっ」

まるでローマのコロシアムのような巨大闘技場だった。
年季の入った煉瓦作り(というテクスチャだけど)、所々に設置された戦士の胸像、びっしりと壁面に絡まったツタは、昔の甲子園を思わせる。

「デケぇ…!」

それと、人多すぎ!
コロシアムの周囲に人が大勢居る様は、マジで夏の甲子園そのものだった。
俺がその規模に躊躇していると、カノンちゃんのインフォメーションウインドウによるアナウンスが飛び込んでくる。

「そろそろ、大会はっじまっるよー! とっとと集合してねー! 入り口はこ・こ・だ・よ♪」

と、矢印付きの地図がポップ。
おかげで、俺は迷う事なく旧甲子園…もとい、闘技場へと突入できた。

中はもちろん球場…ではなく、だだっぴろい石版敷きのステージ、その周囲にはぐるっと観客席が設えられているという、定石を裏切らないレイアウト。
これ、少年誌のバトル漫画で良く見る光景だが、開発側もこういうの好きなんだろうか。

…けど、周囲は人、人、人の嵐で、俺は完璧に龍真の姿を見失っていた。

「おい、龍真! 居るか!?」

だが、龍真の返事はなく、

「サラちゃーん、どこー!?」
「今から始まるのか、どうなるんだろうなぁ」
「よっしゃ、やるぜー!」

という他人の声が返ってくるばかり。
ヤバいどうしよう、マジで龍真とはぐれた。

だが、俺の視界を遮るように、響希カノンちゃんのインフォメーションウインドウが飛び込んでくる。

「それでは、定例イベント『剣闘士たちの祝宴』はっじまっるよー! みんな、参加してくれてありがとー!」

うおおおおおーーーー!!! 
と、参加者全員の歓声。
その怒濤の勢いに、俺は圧倒されそうになる。

「だけど、参加要項はちゃんと読んだかなー? この大会はねー、露天で売ってる武器防具でないと参加できないんだよん☆ 自前の強い武器で、俺TUEEEしようったってダメなんだからねっ♪」

すると、結構な数の「えーっ!?」というどよめきが結構聞こえてきた。

…読んでない奴、結構居るんだな。
まぁ俺も人のこと言えないけど。

「はーい、資格のない方々は観客席に移動っ!」

すると、多数のアバターが見えざる手に捕まれて、ポイポイと観客席に放り込まれていく。
なんかその光景が愉快で、思わず笑ってたが、

「そして参加者の方々、レンタル装備以外の品物は一時預かるね!」

そんな驚愕のアナウンスを聞かされた。

不意に発光するマイアバター。
周囲の連中の悲鳴と怒号までもが聞こえる最中、俺が「機能」アイコンで、ステータスウインドウを開くと、確かに「レンタルソード(黄)」と、「レンタル回復薬スーパー」以外の品はすべて無くなっていた。

…レンタル回復薬、買っててよかった!

だけどこれ、自前の回復薬は許さない仕様だったのか。
こりゃ相当に極悪だろ!

実際、俺のその考えを裏付けるかのように、周囲からは相当に不平不満の声が漏れていた。

「はいはーい、ミンナ、ルールはちゃんと守ろうねっ♪ 次はちゃんと要項を読んできてね~」

何がルールだ。
課金してない奴は参加すんな、って言いたいだけだろ。

というか…。
こんな洗礼を浴びせられたら、次からのイベントは確実に課金してしまうな。
俺も今、「課金して良かった」って思ったもん。

「それじゃ行くよー! 今回の参加者は521名、うち、有資格者355名! 人数多すぎるから、予選を開始しまーす!」

「予選!?」
「なんだよ、予選って?」

<続く>
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。