女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァイアサンズ・メルヴィレイ(9)

DATE : H27.1.20
TIME : 11:04
STID : 00941724


「お前なぁ…何やってんだ! しっかり確認しねぇか!」
「す、すいません…。 お客様にも確認して下さい、と言ったんですが…」
「客が確認とかするかッ、このクソチビがッ!」

俺、桐嶋礼雄のアバター「レオ」が、謎のPKプレイヤー「オリオン」に惨殺されてから、次の日の朝。
この日のバイトは、朝勤務(8:00~13:00)だったのだが、またそこで俺はヘマをし、店長から店の裏に呼び出されていた。

その原因だが、主婦らしきおばさんが、コンビニでガス、電気、水道の公共料金を支払いに来た。
公共用金の支払いは、レジを通して店の領収印を打ち、領収書を相手に返せばそれで済む。
だが、運悪くというか、どこか気がそぞろだったのか、俺はぴったり重なっていた請求書のもう1枚に気づかなかった。

つまり、未支払いの請求書の半切れがコンビニにそのままあるのだ。
幸いにして、そのおばさんは店長の知人だったらしいので、今から店長が頭を下げて、支払いのお願いに行くのだが…。

「相手さんが『払わない』って譲らなかったら、また欠損でお前の給料から引くからな、覚悟しとけよ」
「ええっ!?」

だってそのガス代、16,000円くらいあっただろ!?
それ全部俺のせい!?
それじゃバイト代とか残らねえじゃん!

「何が『ええっ!?』だ! だから誰のせいだと思ってんだよ! 欠損が嫌なら、そもそもミスすんな! お前みたいな足手まといののせいで、俺まで手間喰うハメになるんだよ!」

時給の無駄だぜ、と店長は吐き捨てて店へと戻っていった。

「畜生…!」

苛立ちのあまり、俺は金網をガシャンと蹴り飛ばした。



「あ痛っ」

思ったより痛かった。

それにしても、ついてない事ばかりだ。
そもそも昨晩、あの腹立つPKプレイヤーに出会ったりしなければ、気を取られてこんなミスなんてしなかったのに…。

いや、そもそも、バイトにこんな責任を押しつける店って、どうなんだ?
あそこまでバイトを悪しざまに言う店とか、ネットでよく言うブラック企業そのものだろ。
少なくとも「足手まとい」とか「クソチビ」とか、人格や外見を否定するような発言は必要ないはずだ。

「もう、こんな店で働けるか…」

逃げるのは負けのような気もするし、実際俺の責任もあるけど、ここは何か間違っている気がする。
こんな所辞めて、別の所で働こう。

俺は裏から店内に戻ると、物品の賞味期限チェックの傍ら、就職用のフリーペーパーを手に取る。

コンビニの朝は7時~8時にラッシュがあって、土方や会社員の方々にコーヒー・タバコ・菓子パン・弁当を売り捌きまくった後は、多少暇になるのだ。
決してサボってる訳じゃないぞ。
ちょっと余裕ができただけなんだ。

「これは…厳しいな…」

だが、就職のフリーペーパーを実際に見て、思わずそんな感想が漏れる。
他のコンビニやホールスタッフ、スーパーのパート、どれもこれも殆ど時給800~900円台で、どこに行こうとそんなに変わらない。
月給換算だと10万円後半だった。

しかし月給20万円台となると、こっちは2種免許とか、大型とか、介護福祉士とか准看護師とかの資格が必要だった。
一番スゴいのは、市民病院の外科医募集で月給70万円。

「…ダメだ、これは」

こうしてフリーペーパーを眺めていくと、ごく当たり前のことだが、誰でもできる仕事は時給が安く、資格や特殊技能を持つ仕事でないと高い給料は貰えない、という事が分かってくる。

俺に最も向いているであろう、中古ゲームショップは正社員募集だった。
一瞬だけ喜びかけたが、毎日5時間勤務で月給68,000円だった。 おーい。

「…。」

俺は…どうなるんだろう。
できればバイトじゃなくて、企業に就職したい。
父親がまだ元気な時に言ってた「金は家庭の生命線」という言葉。
それが実感を伴って俺の肩にのしかかる。

でも、バイトですらここまでメチャクチャ言われる俺が、より高度な事を求められる一般企業で、はたしてやっていけるのか?
そもそも、俺には何の資格もない。
車の免許も持っていないし、保科や小野田さんみたいな対人スキルもない。

そもそも社会に出られるのか、という考えがチラリと脳裏を掠めた。

いや、違う。 違うはずだ。
もっと、俺の未来は、輝かしいものであるはず。

「く…」

小学生の卒業文集に書いた俺の夢。
だが、2年後に迫る現実。
その落差を思うと、胸が押しつぶされそうになった。

今の俺にできるのは…。
店長の罵声と、不満に耐える事しかないんじゃないだろうか。

そう思った俺は、フリーペーパーを片づけてレジへと戻った。
仕事…しよう。


DATE : H27.1.20
TIME : 12:54
STID : 00941724、00914582

「こんにちはー、レオくん」
「…おはよう、保科」

12時のレジ精算が終了し、勤務がようやく終わろうかという頃に、昼勤務シフトの保科がやってきた。

「あれ、どしたんです? やたら暗いじゃないスか」
「え、そうか?」
「ええ、またなんか失敗しました? 顔に負のオーラがメッチャ滲み出てますよ」

…そんなにヒドい顔してたのか、俺。

「ほらほら、キープスマイリング! そんな顔してたら、お客さんイヤな気分になっちゃいますよ」

と保科は笑って言った。

こんな精神状態で、笑えと言われても笑える訳がない。
…と言いたかったが、保科の言うことはもっともだ。
俺とて、店員が無愛想なのは嫌だしな。

俺は深呼吸し、叱られた事を記憶の片隅に追いやって、なるだけ笑顔を作ろうと試みた。

「こんなんでどうだ」
「微妙ですね。 ちょっとキモいかも」

保科は俺の姿を見て肩をすくめると、スタッフの制服に着替えるべく倉庫の奥へと向かった。

「何か引き継ぎないスか? 店長から言われている事とか」

伝える事に多少の抵抗はあったが、今日の失敗の件と、店長が謝罪のため知人の所に行ってる事を伝えた。
また保科に皮肉の一つでも言われるかと思ったのだが、

「また失敗したんですか」

とカラッと笑われただけで終わった。

「…どうした、今日のお前、何か上機嫌だな?」
「ええ、昨晩面白い事がありまして」
「へぇ…何があったんだ?」
「まぁ、ちょっとね。 へへっ」

そう言って、保科の奴は返事を濁した。

「んじゃお疲れっス、レオくん」
「ああ、お疲れさまー」

俺はコンビニを出ると、この後どうしようか迷った。
一瞬、このまま店長を待つべきなのか…と思ったが、どうせ自分の勤務時間は終わってるし、顔を合わせたくなかったので、帰る事にした。

「…あ、そうだ」

チャリを大学近くまで走らせた時、唐突に良いことを思いついた。
気分転換を兼ねて、デジ研でリヴァイアサンの操作方法を聞いておこう。
土曜日だけど、どうせ誰か部室には居るはずだ。


<続く>
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。