女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァイアサンズ・メルヴィレイ(6)

DATE : H27.1.19
TIME : 18:56
STID : *UNKNOWN*


俺たちは夜食の買い物を済ませてコンビニを後にし、チャリを押しながら龍真のマンションを目指す。
久しぶりの会話に龍真の近況を聞くこともなく、『還魂のリヴァイアサン』のゲーム内通貨が、実際には不可能なはずの、現実の通貨と何故換金できるのかを問いただしていた。

「で、何故現実の通貨と換金できるのか。 そのカラクリだが…」
「何なんだ」

「ズバリ言うと『広告収入』だ」

「広告…」

思わずそう反芻したが、これだけ自信たっぷりに言うって事は、ゲーム内にアダルトサイトへのバナーが貼られてるとか、そんな事じゃないよな。 
広告、で考えられる事と言えば…。

「もしかして…」
「何だ? 思いついた事でもあったか?」
「ゲームをプレイしてる最中に、CMが流れたりするのか…?」
「その通り。 正確にはCMじゃなくて、CF(コマーシャル・フィルム)と言うがな」

龍真が説明してくれた所によれば、このゲームでは、プールされた原資…メーカーのスポンサーが用意した『賞金』を、プレイヤー同士が取り合う、という形になっているらしい。

その賞金の源が『広告収入』、つまりスポンサーがゲーム内でCMを流す代金としてメーカー側に渡したお金、なんだそうな。

「…あの、知らなくてアレなんだけど、CM料って、そんなスゴいのか?」
「まず、テレビの例で説明しよう。 平成26年における日本の総世帯数は52、717千世帯だが、そこに平均視聴率10%の番組が流れたとする。 すると、5、271千世帯の人間がその番組を見る事になる訳だ」
「約520万人か…」
「そう。 視聴率が15%の番組なら、約800万人だな」
「なるほど。 今の携帯ゲーム機はCM流せるほど高画質化してるし、『モンスターバスターポータブル2』みたいに、400万本売れたメガヒットソフトもあるしな。 それならゲームでCM流すのは可能…か。 でも、何で今までそれが無かったんだろうな」
「市場が小さいからだ。 そもそも、お前が今言った前提は間違っているぞ。 この例なら、同じメーカーのオンラインゲーム『モンスターバスターフロンティア』の一般的な接続数を例に上げるべきだろう」
「市場が小さい…って、どれくらいだよ。 あのネトゲもかなりヒットしてたんだぞ」
「あのゲームの接続数は、最大6万、平均3万だ。 つまり3万人しか、ゲーム内CMを見ない」
「3万!? テレビの1%以下!?」
「ああ。 根本的に市場が小さい…それがゲーム内にCMが出てこなかった理由だ」

だが、龍真はそこで一息ついてから、言葉を継いだ。

「…ったのだが、最近になってちょっと事情が変わってきた」


「何?」
「通販サイトなどで『あなたへのオススメ商品』とか、『この商品を買った人はこんな商品も見ています』って欄を見たことがあるだろう?」
「ああ、あるよ。 あれ不気味なほどに、的確にオススメしてくるよな」
「あの仕組みを『レコメンダシステム』と『協調フィルタリング』と言うんだが、「リヴァイアサン」を製作した、株式会社カプリコンはそれをCFに組み込んだ」

…え? え? ってことは…。

「じゃあ、個人それぞれが好きそうな、オススメCMしか流れない、って事…?」
「その通りだ。 しかも時間が経つほどに、その傾向は顕著になる」

そうなると、どうなるんですか、藤宮先生。

「ユーザーセグメントを最適化した事で、ニーズマッチング率の極めて高いCFが作製、放送出来るようになったんだ。 不特定多数の家庭に流れる、無作為に放送されるCMよりも、遙かにユーザーの潜在需要を喚起する要素となった事で、ネットゲーム内の市場価値が再評価された」

…は? つ、つまりどういう事?

「要は、CMよりもCFの方が広告効果高いから、テレビのCMと同じように計算しないで、もっと人数増やして考えてよ、という事だ」

それでも良く分からんが、まぁCMを見る人間が3万人より増える、って事を言いたいのは分かった。
で、実際どれくらいになるのさ。

「多く見積もっても7万人前後だろう」
「少なッ! それでやっと1%越えかよ!」
「いや、そうでもない。 テレビ局の予算は、局によってかなり幅があるが、平均して2000億円くらいだ」
「に、2000億!?」
「そしてこの予算の大部分が、スポンサー…企業からの広告収入で賄われている事を勘案すれば、たった1%でも、費用対効果が十分にあるのは分かるだろう?」
「…2000億の1%って、つまり」
「ユーザーが7万人強と見積もれば、30億円だ。 実際は他にもあるんだが、とりあえずこれが、人参として僕ら競争馬の鼻先にブラ下げられている、という事実を理解できたかい?」

「はぁ…まぁ、なんとなく分かった。 俺たちはゲーム内でCMが流れるのさえ我慢すれば、賞金30億円目指して戦う事ができますよ、って事だな」

だが、俺がそう返答すると、龍真は頭を抱える仕草をした。

「僕がこれだけ分かりやすく説明したのに、そんな端的な理解しかできないのか…」
「悪かったな! 俺は藤宮先生みたいに頭良くありませんから! ってか、お前、案外ゲームの事知ってるんだな」
「経済ゴールドスミスの先月号に記事が載ってたんだ。 新時代のゲームビジネスモデル、ってな。 それで興味を持った」

そんな雑誌読んでるのか…。
とにかく、30億円を接続数の5万人で割れば…一人当たり6万円か。
つまりそのゲームで勝ち抜けば、15万円を作るのもそれほど難しくない、かもしれない。
っていうか、龍真は否定してたけど、それ1000万円も普通にありえるんじゃね?

…そう考えたら、結構やる気出てきた。

敷居の低いソーシャルゲームに中毒性の高いMMOとか、かなり極悪な組み合わせ。 きっと参加者は多かろう。
だがこっちは、小学生の時からゲームやってんだ。
そんじょそこらのニワカユーザーには負けたりしないぜ。

「燃えるなぁ、ゲームやってお金が貰えるって…! 俄然やる気になってきたぜ! 株式会社カプリコンって、素晴らしいメーカーだな!」

俺は、意気込んでそう龍真の肩を叩いたが、

「何を言ってるんだお前は」

当の龍真は苦笑していた。

「儲かるのはユーザーじゃなくてメーカーに決まってる。 実際にやってみれば分かるが、実物は悪魔のようなゲームだぞ」
「え、だって今、儲かるって言ってたじゃん…」
「儲かることは儲かる。 だが、誰でもって訳じゃない。 実際にこのゲームで稼げているのは、ほんのごく一部の人間…強プレイヤーの連中に限られてる。 僕なんか、ゲームそのものに不慣れだから、課金してパワーアップしないと、ごく普通のプレイヤーと張り合う事すらできない」
「なるほど」

…よーく分かった。 確かに、龍真が古参ゲーマーの連中とバシバシやりあってる絵なんて、全く想像できないしな。

「残念だが、お前の想像の通りだ。 正直、僕のチームの攻撃力は、他の連中に比べて大きく水を空けられてる。 そういう訳で、戦力補強のために、お前をスカウトしたいんだ」

なんだか、プロ野球のスカウトみたいだ…と、俺は思わず苦笑してしまう。

「まぁ、分かった。 その前に一つ確認したい」
「なんだ」
「15万円くらいだったら、そのゲームで稼げるのか?」
「分からない。 金額的には十分可能だとは思うが、そもそもお前自身の戦力が、あのゲームでどれだけ通用するのか、全くの未知数だからな」

まぁ、それはそうだよな。
実際に…体験しないと、何事も分からない。
ダウンロードは無料って事だし、試すだけ試してみよう。

「よし、良いぜ。 一緒にプレイしよう、龍真」
「分かってくれて嬉しいぞ、レオ」

龍真が、仰々しく片手を差し出す。

「行こうか、冒険の世界へ」
「よろしく頼む」

その手を、俺はしっかりと握り返した。

「…っと、その前に」
「どうした」
「いや、ちょっと今日は帰りが遅くなる、って連絡しとこうと思って」
「そうだな、それが良い。 むしろ泊まっていけ」
「おいおい、彼女さんが居るのに、そんな事できるかよ」

軽口を叩きながら、俺は携帯を取り出し、あかり姉の番号を呼び出して電話した。

…出ない。 まだ帰宅してないのかな?

しょうがないので、メールアプリで「今日は友人と勉強しますんで、遅くなります。 夕飯までに帰れないので、叔父さん達に伝えておいて下さい」と送信しておいた。

「よし、これでOK。 行こうぜ」
「ああ、期待しているぞ」

だが、龍真のマンションに近づくたびに、

”レオ…。 貴方、またゲームする気なの!? 皆に言ったでしょ、もうゲームは止めるって!”

心のどこかで、そんな叫びが、あかり姉の声で再生された。

…心配しないで良いよ、あかり姉。
分かってくれないかもだけど、これはゲームじゃなくて、ちょっとした新型のバイトみたいなものなんだ。 
もう、以前みたいに、我を忘れてゲームにのめり込むなんてしないからさ、安心してくれ…。
本当に、俺はもう、大丈夫だから…。

そんな事を、俺は何度も繰り返し思いながら、俺は心に焼き付いた、あの日のあかり姉の泣き顔を慰め続けた。


DATE : H27.1.29
TIME : 18:20
STID : *UNKNOWN*


龍真の自宅は、近年開発された駅郊外の新興住宅地、そのド真ん中にある。
高級ホテル然とした、超豪華な高層マンション。
玄関は電子ロック式で、ホールのようなロビーを抜け、病院によくある業務用ベッドが入りそうなほどデカいエレベーターで、一気に最上階まで上っていく。
その通路の最奥、街の美しい夜景が一望できる20ー1号室が、龍真の部屋だ。

「お邪魔しまーす」
「どうぞー、わ、レオ君久しぶり」
「はは、スイマセン、いきなり来ちゃって」
「外寒かったでしょ、こっち暖房効いてるよー、どうぞどうぞ。 あ、リョウくん、コート預かるよ」

そう言って出迎えてくれたのは、石原のぞみさん。
龍真の彼女で、俺と同じ宇園大学の教育学部2年生だ。
龍真は法学部だから北キャンパスになるが、彼女は俺と同じ南部キャンパスに居るので、生協(学生食堂)で、本当ごくたまに顔を合わせる事はある。
ショートカットがよく似合ってて、笑顔も可愛くて、正直、こんな娘が彼女だったら良いな…なんて考えた事もある。

「すまないな、のぞみ」
「ううん、準備は出来てるよー」

だが石原さんは龍真の彼女であり、二人はラブ視線を交わすと、さっさと隣の部屋に入っていった。

「…にしても」

久しぶりに龍真の家に来たが、相変わらず中も超スゴいな。
まるで、中世ヨーロッパの王室みたいな豪華な内装。
本革のソファ、背の高い観葉植物、シャンデリア、誰が描いたのが分からない油絵の風景画、派手な壁時計、そして棚の上の豪華な調度品の数々。

苦学生の俺には、それらがいくらくらいするものなのか、さっぱり価値が分からない。
かろうじて価値が分かったものと言えば、本棚に並んでいる、ブリタニカ百科事典のハードカバーくらいだ。
ただの百科事典じゃなく、一冊が13,500円もする超高級品で、それのフルセット全36巻がズラッと並べられている。

…一体お家賃いくらなの、コレ。
セレブは違うわー。
将来の官僚スゴいわー、格が違うわー。
やっぱ庶民の踏み込める所じゃありませんわー。

そんな感想を抱いていると「おい、レオ何やってる? 早くこっちに来てくれ」と急かされた。

「うぇい、今行きますー」

隣の部屋では、豪華なテーブルをこれまた豪華そうなソファーが囲んでて、石原さんが俺達3人分の紅茶を入れてくれた。

「よし、レオ、さっそく始めようか」

龍真が待ちきれない、という感じで催促してくる。
お前は小学生かよ。

「おお、どうすれば良いんだ?」
「まず、『リヴァイアサン』をダウンロードしてくれ。 カプリコンの公式HP、サインボーグ、ベルニッチストア、ググループラス、どこでも落とせるぞ」

俺は自分の携帯…。 
小型スマートタブレットを取り出し、UASシリーズに実装されている基本OS「サインボーグ」が提供しているゲームアプリのページ「サインボーグショップ」に移動、検索で「還魂」で検索。
すると速攻で「還魂のリヴァイアサン」は見つかった。
タップして展開、使用規約の一番下に移動して「同意します」をさらにタップ。

「よし、インストール開始」

俺がそう呟くと、

「おい! 利用規約はちゃんと読んだか!?」

龍真が慌てた様子でそう言った。

「え!? 何かあったのか?」
「規約はちゃんと読んでおけ! このゲームは、個人情報を多量に収集する、って書いてあったんだぞ!」
「でも、もう同意しちゃったし」
「まぁ…そうだな…。 しかし、迂闊だぞ」

書類を読まずにハンコを打つようなものだ、と龍真は言った。

「てか、個人情報の収集って、何があんだよ? 他のアプリでも、よくある事じゃん? そんなに目くじら立てるようなもん?」
「それは、プレイしながら説明しよう。 …多分、お前も引くと思う」

…引く?

「あ、インストール終わったぞ。 以外と軽いんだな」
「インストールは2回あるんだ。 今のは基幹システムのインストールで、2回目にチェックとデータインストールが行われる。 こっちがかなり重い」

「チェックって何だよ…。 お、始まった」

いくつかの企業広告が通り過ぎると、荘厳な音楽と共に、「還魂のリヴァイアサン」のタイトルが仰々しく表示された。 メニューは今のところ「START」だけなので、とりあえずタップする。

「あれ? タップしても、何も始まらないんだけど」
「そこに鍵がふわふわ浮いているだろ? それをドラッグして、メニューの脇の扉のアイコンに重ねてくれ」
「ああ…こうか?」

ガチャ、と扉が開…かない。

「おい、何だよこれ」

だが、龍真に聞くより早く、画面に変な文字列が現れた。

「ボイスパスワード登録『リヴァイアサンズ・メルヴィレイ』…? 何だこりゃ」

だが、俺がそう呟くと同時に、ガチャとアイコンの扉が開いて、画面が白く光った。
続く電子音声で「ようこそ、我らが冒険の海へ!」とアナウンス。

「何だこれ」
「指紋認証と声紋登録だ。 犯罪抑止のために、ログイン時に毎回記録される」
「し…もん!?」

ええっ!?
『指紋認証』って、ドラッグで鍵を突っ込んだ時に!?
カメラか何かで指紋撮られたの?
ってかそんな事、俺聞いてないよ!

「その通りだ。 だが、これも規約に書いてあった」
「うわ、何かイヤな気持ちになるなー」
「ゲームの仕様上、仕方ないと思うぞ。 このおかげで『なりすまし』によるログインは不可能になっているからな」

…なるほど、確かにこれなら、携帯を奪われても、他人にログインされる危険性はほぼない。
お金が絡むとあれば、確かに犯罪防止策は不可欠だからな。
指紋を勝手に撮られたのはイヤだけど、それで物理的なアカウントハックを完全防止してると思えば、納得すべきなのだろうか。

すると、画面はアバター登録へと移った。

「よし、じゃあ次はアバター作成だな」
「私が撮ろうか? 綺麗に撮ってあげるよ」

そう行って、石原さんが腰を上げ、手を差し出して俺に携帯を渡すように促してくる。

…撮る? え、まさか、これ…?
もしかして、デジ研で南原先輩が、自分に似たキャラを使ってたのは…?

「ああ、そうだ。 このゲームのアバターは、カメラで自分を撮ることで自動生成される。 まさに『自分の分身(アバター)』だな」
「マジで!? 自分で自由に作成できないの!?」
「出来ない。 理由はもう分かるだろ」

は、犯罪防止、ですよね…。

「その通り」
「でもこれ、写真とかを撮影すれば、『なりすまし』できるんじゃ…」
「その話はよくある。 有名人の写真や、アニメキャラで登録しようとする連中は多いらしい」
「じゃあ」
「止めといた方がいい。 2回目のインストール前に、データチェックが入る。 肖像権や著作権に触れるのが分かった時点で、警告される。 やり直してなんとか登録できても、最初からインモラルプレイヤーの仲間入り、とハンデを負うぞ」
「わ、分かったよ…」

本当はそれでも、自分をそのまま登録するのはイヤだったのだが…。

「じゃ撮るよー、はい笑ってー。 1+1は?」
「2」

カチャ。

「おお、いい感じじゃないか」
「わ、ちょっと可愛いー、似てるー」

ゲームの中に出現した俺のアバターは、カメラで撮った写真を元に、ちょっといい感じにデフォルメして再現されていた。
なんというか、少年マンガに出てくる、脇役のやんちゃ少年、と言った感じのキャラだ。

「似てるよー、レオくんそのものだね!」
「そんな…似てるかな?」
「ああ、似てるぞ、いい感じだな」

だけど、このアバターは、いかにも「ちんちくりん」な感じで、俺はあまり好きになれなかった。
もしかすると、このアバターが本当に自分に似てたから、だろうか。

…というか、これではっきり認識できたが、やっぱりマイキャラ作成の時に、自分の名前を入れたり、自分のイメージを投影する奴って、良くも悪くも自分に自信のある奴、だよな。

こんなキャラ作るくらいだったら、「魔法少隊まじかる☆あーじゅ」のピンク娘、キルシュブリーテで登録した方がまだマシだった。
でもそれだと、藤宮や石原さんにどん引きされてしまうしな…。 主にキモオタ的な意味で。

「よし、最後に名前登録だな」
「え、もう終わり? って、何でお前が勝手に入力してんの?」
「本名を入力しなければならないからだ。 携帯キャリアの契約者固有IDと照合されるから、どっちにせよ偽名だと弾かれる」
「マジかよ! 本名プレイとか、それはいくら何でも恥ずかし過ぎるだろ!」
「心配するな、ニックネームの入力は可能だ」
「ニックネームも、『レオ』で良いんじゃない?」
「そうだな、そうするか」
「ちょっと待てー! 何お前等、勝手に入力してんだよ!」
「良いじゃないか…。 どうせ僕が入力しても、君が入力しても、内容はさほど変わらないんだし」
「いや、そういう問題じゃねぇし!」

気分の問題だし!

「でも、レオくんって名前、カッコいいと思うけどな。 呼びやすいし」
「うん、のぞみの言うとおりだ」

わー、何ー、何ですかこれ。
民主主義ですか?
いわゆる数の暴力って奴ですか?

「ニックネームは『レオ』…と。 これで2回目のチェックとインストールが終われば、冒険が可能になる」

勝手に終わらされたー!

はい、と龍真からタブレットを手渡され、何か急にやる気が無くなった俺は、最終チェックの「はい」を無造作にタップする。

すると、2回目のインストール画面へと移行し『キャリアと通信中… 登録内容を照合しています…』と、先の入力内容をチェックしてる旨のメッセージが出てきた。

1分ほど待って、入力内容と携帯の空き容量のチェックに「合格」した旨が表示された。 ま、当然だけどな。

そしてデータインストールが始まったのだが…。
今度はインジゲータが全く動かん。

「…今度のインストールは、かなり重そうだな」
「チェックにも多少時間が掛かるが、インストールデータでは、マップ、アイテム、インスタンスシステム、モンスターデータをまとめてコピーするから、かなり時間掛かるぞ」
「どれくらい?」
「約20分」
「長ッ! ってかデカッ!」
「ははは、時間を無駄にする気はないぞ」

龍真はそう朗らかに笑いながら、自分の携帯とヘッドセットを俺の方に差し出して来た。

「とりあえず僕のキャラを使って、のぞみと一緒に冒険に出てくれ。 分からない事があれば、随時説明する」
「え…?」
「よろしくお願いします、レオくん」

石原さんは、にっこり笑って、そう言った。

<続く>
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。