女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーW AtoZ 運命のガイアメモリ感想

またまた仮面ライダーの感想だよもん!
っていうか俺の好きにブログ運営して何が悪い!(逆ギレ


で、超期待して見た「AtoZ」、正直な所、ストーリーとしてはあんまり…だった。

【DVDのシーンタイトル】

1:襲撃
2:始まりの雨
3:依頼
4:ライディングバトル
5:T2ガイアメモリの力
6:NEVER
7:敗北
8:風都市民に告ぐ
9:オルゴールの真実
10:切札
11:闘いへ
12:コンプリートAtoZ 
13:2人で一人の仮面ライダー
14:メダルの戦士(オーズ)
15:風都の風
16:エンディング


あらすじは折りたたみ以降へ!


【あらすじ】

軍用ヘリで新型メモリ:T2ガイアメモリを輸送中、ヘリが傭兵組織「NEVER」に襲われ、風都に26の新型ガイアメモリが散らばった。
NEVERとは死者をベースにした蘇生傭兵6人組であり、その隊長は「仮面ライダーエターナル」。

場面変わって、風都で花火大会があるらしい(エンディングのフラグ) しかし、雨が降るかもとのこと。
照井くんに亜希子所長が「花火大会行こうね~(はぁと)」とか言ってるが視聴者的には非常にどうでもよい。

この後、公園でフィリップ君にちょっと親子関係のイベントがあるんだけど、テレビシリーズでは母親・シュラウドの正体が分かる前に作られた映画だからなのか、母親の事でちょっと心揺れてるフィリップくんの描写が全体的に強引、というか非常に情緒不安定っぽく見える。

「相棒、相棒って、君に僕のことが全てわかるっていうのか!」

いや、何をメンヘラちっくな事を言ってるんだよフィリップくん。
後半のフラグ立てってのは分かるけど、ちょっと強引すぎるっしょ。

鳴海探偵事務所に依頼人がやってくる。
フィリップ君の母親:シュラウドによく似た女性、マリアという熟女からの依頼。
熟女の中の人は杉本彩。
(※ってか、冴子さんもそうだけど、何故か「W」って色っぽい熟女の起用が多いんだよなぁ…。)

風都に乗り込んできた傭兵テロ組織、NEVERを止めて欲しいという依頼。
仮面ライダーアクセルである、照井くんと共にNEVERの面々と戦うものの、新型メモリであるT2ガイアメモリによって、翔太郎たちが使用している従来のメモリの機能を停止させられ、変身できなくなって大敗北。

NEVERの隊長:大道克己は街を乗っ取り、ビルの広告映像を使って街の皆に「俺たちが輸送ヘリ襲撃した時にうっかり散らばしたT2メモリ探してくんね? あと1個なんだよ! 集めた人には何か良いものあげるよ!」と広報。
それを見た街のみんな、メモリを求めて大騒ぎ。

ミュージアムの園咲冴子さん「みんないい感じにイカれてるわ」

いやいや、貴女には言われたくないって、視聴者の大半が思いましたよ、マジで。

その頃、フィリップはマリアさんからこっそり渡されていたオルゴールの中に入ってたメモを頼りに、コンサートホールでマリアと逢瀬。

「あなたは…。 僕の…母さん?」と言うフィリップに対し、「ざぁーんねーん! 俺のオフクロでーす!」といきなり登場のNEVER隊長:大道克己。

そう、マリアさんは息子のためにT2ガイアメモリを集めようと、フィリップくんに一芝居打ちつつ近づいたのだった!

フィリップ「そんなバカなーッ! うっ!」

フィリップくんあっさり捕獲。
大道克己がフィリップを捕獲する理由は、T2ガイアメモリの制御装置としてなんだけど、それはこの後のシーンで判明する。

その頃、事務所でいい感じにおやっさんの妄想に浸ってた翔太郎は、突如NEVERグループ紅一点の襲撃を受ける。
短パンハイキックのアクションがおっさんにはたまらんですよ(マテ
そして生身をやめ、ドーパント化して襲いかかる紅一点。ちっ。
こっちは生身の人間、人間を越えドーパント化した敵の攻撃を受けて虫の息…のはずなのに、ファイアーキック食らっても全然平気な翔太郎さんマジパネェっす。

ところが、戦闘の最中に、事務所の外壁の一部が壊れてるのを発見する翔太郎くん。
何かと思えば、そこには敵がうっかり散らばした新型のT2ガイアメモリにして最後の一つ、「T2ジョーカー」のメモリが。

翔太郎「…切り札はいつも俺の所にくるようだぜ!」

そ、そんなカッコいい事言ったからって、なんというご都合展開!ってことには騙されないんだからね!

ロストドライバーとT2ジョーカーのメモリを使って、翔太郎は一人、仮面ライダージョーカーT2に変身。
見た目はまぁまぁカッコいいんだけど、仮面ライダージョーカーは見た目が黒一色、メインが肉弾戦、そして必殺技はパンチとキック。
どこのシルバークロウですかー!? と言いたくなるほどの地味さ。

事務所で戦闘してたはずの翔ちゃんと紅一点は、なぜかフォーゼ第1話で見たことあるような橋の下に移動して戦闘。
そして紅一点さんは、見た目も地味なライダーパンチのメモリブレイク食らって退場。

仮面ライダージョーカーT2に変身できたので、とりあえずNEVER隊長、仮面ライダーエターナルの野望を阻止に向かう翔太郎と照井くん。
っていうか、エンジンブレードしか使えないのに、生身で乗り込むなよ照井くん。
相手普通に銃火器で武装してるんすよ。 

「翔太郎…知らないのか」
「何をだ」
「俺は…死なないんだ!」

いやまぁ、照井くん、勇者すぎて大好きだけどね俺は!

そして最終決戦の地、風都タワーに乗り込む二人。
照井くんが生身でNEVER雑魚を相手しつつ、ジョーカーがエターナルと戦うという、いかにも三条陸先生らしいジャンプ的展開。

しかしここでT2ジョーカーはエターナルに敗北、T2ガイアメモリ「ジョーカー」を奪われてしまう。

大道克己「目標…達成!」

そこに、突然翔太郎に敗れた紅一点が現れ「ねぇ…体の調子が…おかしいの…何で?」

大道「そりゃマキシマムドライブ食らえばそうなるよ、バカじゃね? さよならー」
紅一点「そんな!」
大道「それに俺の真の目的はなぁ! この街をぶっ壊して、皆を俺たちと同じ死人にしてやる事だよーだ!」
翔太郎「やめろー!」

っていうか元々の目的、何だったっけ?

しかし、ここで期待違わず、マリアさんが大道を止めようと、細胞結合破壊注射を打ち込む。
そして反撃で撃たれて瀕死になるマリアさん。

T2ガイアメモリの制御装置として怪しげな機械(風都破壊装置)に組み込まれていたフィリップくんは、自力で制御に抵抗し、T2ガイアメモリが通常のガイアメモリが使えなくなる理由を検索し、検索完了。
従来のメモリが全使用可能となる。

瀕死のマリアさんをフィリップくんが抱きとめる。
マリアさん、実の息子大道のために、息子が死んだ後も息子の事ならなんでもしてやろうと悪事に身を染めていたけど、フィリップくんとの家族ごっこで、自分が見失っていた本当の愛情を再確認したのでした。
フィリップ君に詫び、感謝するマリアさん、そのままフィリップ君の胸の中で死ぬ。


「仲間がやってくれたようだぜ…!」
フィリップ君がT2メモリによる機能制限を解除したので、当然、照井くんのAのメモリも使用可能になる。
仮面ライダーアクセル、全開! 
「振り切るぜ!」 ブロロロロロォオオン!!「トライアル!!」

そして、場面は代わり、翔太郎とフィリップ、そして大道。
「僕たち二人で仮面ライダー」の例の口上。

「「さぁ、お前の罪を数えろ!」」

仮面ライダーWに変身した二人は、エターナルと再戦すべく突撃する。
だがエターナルは戦闘より先に、独力で風都破壊装置を動かそうとする。
それを止めようとするも、邪魔しに割り込んでくるルナのドーパント。
しかし何故か途中で割り込んできた仮面ライダーオーズがルナのドーパント倒して、Wはエターナルとの戦いに戻る。

風都タワー頂上での最終決戦、本気出したWの前には、エターナルとて敵じゃない!
しかし、エターナルが放った、T2ガイアメモリ全使用マキシマムドライブによる荒技「風都タワーまるごと切断」によって、地上に転落させられるW。
地上100mくらいの高所から落下していくWを見て、「仮面ライダー!」という皆の悲痛な叫び。

しかし、そこで風都に風が吹く。

「風が…風都が、みんなが僕たちに味方してくれているんだ!」

いや、男塾の富樫を思い出しましたよ私は。

そして何故かそこで、背中から天使のように6枚の羽を生やすW。
風都の風の力を得て、ぐんぐん上昇を続けるW。
そのまま風都タワーてっぺんにいるエターナルに向かって、光の矢となり一直線に飛翔という、本当にシルバークロウさん的構図。
勢いのままにエターナルのエネルギー弾を蹴り破り、そのままエターナルの胸元にライダーキック10連発、そしてさらにトドメの一撃を加えて、エターナルを爆散させるW。

大道「死ぬのは…久しぶりだぜ」

いや申し訳ないんだけど、そのセリフ全然上手くないですから…。

そして、NEVERは壊滅し、街に平和は戻る。

無事開催された花火大会で、照井くんと亜希子所長のデートという誰得シーンが展開された後、エンドクレジットで翔太郎とフィリップの会話。

翔太郎「…お前、何か大人になってないか」
フィリップ「ふふ、そうかもね? ボーッとしてると置いていくよ翔太郎?」
翔太郎「何ぃーッ!? 何があったんだお前!」

…この会話で、この話は「母親から自立した子供」ってのをテーマにしたかったんだなー、ってのがようやく分かった。
マリアさんの中の人が杉本彩なもんで、途中スゴく色っぽいシーンがあってね、なんか年上の女性に色々とセクシーなてほどきを、的な事しか思いつかなかった(マテ


まぁ、シナリオは割とご都合主義だったけど、演出と音楽の使い方、キメ台詞の使い方、キャラの魅せ方が相当にカッコ良かったので、不覚にも面白いと思わされてしまいました悔しいぜビクンビクン(ぇ

こういう面白さは、映像ならではの利点だよねー…。

(2月2日追記)
記事の誤植「黒木瞳」を「杉本彩」さんへと訂正いたしました。
訂正が遅くなり申し訳ありません。

ところで、確認のために調べてたら、AtoZに、髭男爵の山田ルイ53世とか出てたみたい。
ってか、どこのシーンで出てた??(ぉ
スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.01/24 15:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。