女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

さかもと未明さんの炎上コラムにモノ申すというか

 漫画家・さかもと未明さん(47才)が雑誌『Voice』に寄稿したコラムに対して起きた炎上騒動。問題のコラムは今夏、さかもとさん自身がJAL国内線に搭乗した際の体験を明かしたもの。要約すると、次のような内容だ。

 愛媛から羽田に向かう機内で、ずっと泣き叫び続ける乳児がいた。さかもとさんはその声に耐えきれず、着陸態勢に入った後にもかかわらずシートベルトをはずして通路を走り、乳児の母に「あなたのお子さんは、もう少し大きくなるまで飛行機に乗せてはいけません。赤ちゃんだからなんでも許されるというわけではない」と怒鳴り込んだ。着陸後も怒りはおさまらず、JALに対しても猛烈なクレームを入れた──。
 これについて、ネット上では、<赤ちゃんが泣くのは当たり前><恥知らずにもほどがある><「いってやった」みたいに書き散らすのが下品>など、さかもとさんをバッシングする書き込みがあふれた。これに対し、当のさかもとさんはこう語る。

「私としては議論していただくことを前提に書いたので、多くのかたに話題にしていただくのはうれしい限りです。波風が立つのは覚悟のうえ。ただ、是非とも“全体”を読んで、私の提案について、考えていただきたいと思います」

 さかもとさんは同コラムで、その後、正式にJALを取材し、広報部の人間とともに整備中の機体の中まで入り、防音対策について聞き取り調査したことを明かしている。そして、乳児連れの乗客用に防音壁のある個室を設けることは航空法によって不可能であることなどに触れ、「搭乗マナーや機体の工夫について改めて議論してもいいのではないか」とも綴っている。
 確かに、「自分が我慢できなくなったから」という、あくまで自分中心の考えで機内ルールを無視してまで怒鳴り込んだことは褒められた行為ではない。<金を払っている乗客は何を主張してもいいの?>と彼女を非難する書き込みもあったように、そうした“権利意識”が潜在していた部分もあったかもしれない。
 とはいえ、赤ちゃんの泣き声を不快に感じる人は彼女だけではないだろう。そこで、彼女としては、泣かせてまで赤ちゃんを飛行機に乗せることの是非と、その対策について論じたいと思って寄稿したというわけだ。


~あくまでも常識的(多分)に判断した俺の感想~
※続きは折りたたみに

>「あなたのお子さんは、もう少し大きくなるまで飛行機に乗せてはいけません。赤ちゃんだからなんでも許されるというわけではない」
着陸時にシートベルト外して走るような非常識な人は、常識がきちんと身につくまで飛行機に乗るべきではないでしょう。
それに、いくら表現者とはいえ、どんな主張や発言であれ全てが受け入れられる訳ではないってのも知ってるでしょ?

>「搭乗マナーや機体の工夫について改めて議論してもいいのではないか」とも綴っている。
搭乗マナーとか、機体の工夫とか、そういうのはどこかのお偉いオッサンとかがもう山ほど文句付けた後。
遥か過去に議論を尽くされて、もう改良の余地ないでしょ。
「議論して頂く事を前提に~」とか言ってるけど、話題にするどころか、提案する必要性すらないじゃん。

それでもなお提案したいっつーなら、まず自分が代案出すべきじゃないんでしょうか?
ぶっちゃけ、シートの脇にイヤホンあるから、それでクラシックでも聞いてたら良いじゃん。
俺はそうする。

>とはいえ、赤ちゃんの泣き声を不快に感じる人は彼女だけではないだろう。
俺個人としてはだね、この母親が周囲に「すみません」的な対応をしていたら(していたのかもしれないけど)、もうちょっと違ったとは思う。
一日中泣く子供…多分、気圧で耳が気持ち悪いと訴えていたのか、見慣れない所で怯えていたのか、単純にお腹が空いたのか、体調がよろしくなかったか、いずれかはあったと思うけど、それに気づけない母親もどうかと思う。
ま、子どもの性格的なものなら、飛行機じゃなくても新幹線でも列車でも同じことだったろうから、それは仕方なかったのかもしれないけど。



>まとめ
一応、他のブロガーさんの意見も見てたんだけど、「さかもと氏が、そういうのを我慢できない精神的にアレな人だったから仕方ない、交通事故のようなもんだ」に凄い納得してしまった。

ただね、俺としては、赤ん坊の泣き声を「微笑ましい」と感じず、「やかましい」と感じる人(で、それに我慢できない人)が、さかもと氏の他にも少なからず居る…という所に、現代日本人の利己主義を感じて、寂しいというかやりきれないと感じました。

誰だって赤ん坊の時期はあってだな、他人様に迷惑かけて大きくなってきてるんですよ。
父親やってる俺が言うんだから間違いない。 他人に面倒かけてない赤ん坊や子供なぞ絶対に存在しない。

でも、自分は良くて他人はダメなの?
それって(ry


スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

そのさかもと氏を擁護するつもりも(知らないし)、丼$魔さんにオフェンドするつもりも無いという前置きの上で。

私は悲しいかな、"状況によっては"泣き声を煩く感じてしまう方です。そもそも泣き声ってのは"アラート"であって、ヒト(親)の耳に鋭く響くようになっているのが普通だと考えています。少なくとも、泣き声は心地よくてそれ聞いてたらぐっすり眠れる、なんてものではないですよね。だから泣き声が聞こえたら、「なんだ?」って気になります。そして子どもが近くにいたら、ニッコリ笑いかけて「笑ってごらん」って顔で訴えてます。
ただ、疲労困憊してるとき、(泣き声とは別件で)とてもイライラしているときなどにいつまでも泣き止まない泣き声を聞かされ続けたら、正直「早く泣き止まないかな」とは思いますよ。もちろん、顔はニッコリのままですけどね。

私は飛行機を利用する機会がそれなりにあるのですが、飛行機の中で赤ん坊の泣き声が響いたことは何件かありました。離着陸時はすべての電子機器が使用禁止ですし、機内の音楽ラジオサービスも止まるのかも?(このサービスは普段使わないので不明)。だとすればその泣き声をひたすら"我慢"するしかないわけですよね。狭いシートに縛られたまま。
丼$魔さんが仰るように子どもの側の問題かもしれないし、子どもの要求に対する親の対応が誤っていたのかもしれない。特に親が子どもを「泣くのは当然」と放りっぱなしだったりすれば、「一体何やってるんだ!?」とは思ってしまうかもしれません。そこに疲労困憊やイライラが重なれば、一言言いたくなる気持ちも分かります。

まぁこの一件に関しては、着陸時にシートベルト外して機内歩き回るさかもと氏の方が非常識ですよね、明らかに。

「乗せてはいけません」ってのは難しい話で、子どもが泣かない年齢になるまで飛行機に乗せない親、映画館などの公共の場には連れて行かない親ってのがいると聞いていますので、それが氏の"常識"になってるんでしょうね、きっと。つまり、小さな子どもが迷惑をかけるのは当たり前だけれど、そう思っていいのは周囲の人間だけで、親はその迷惑を最小限に抑える義務・責務がある、みたいな不文律があるんじゃないかと。"常識"をぶつけ合わせようとすると炎上するのは当然ですね。
  • posted by jj 
  • URL 
  • 2012.12/03 00:33分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム