女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂にAR(拡張現実)ゲームキタコレ

ITmedia ニュース 2012年11月16日 09時32分 更新分から一部抜粋して引用

--------------------------------------------

 米GoogleのNiantic Labsは11月15日(現地時間)、AR(拡張現実)機能を採用したAndroid向け無料オンラインゲーム「Ingress」をGoogle Playでβ公開した。
Ingressのページから参加を申し込める。
 Google Playの説明によると、欧州の科学者らが“Niantic Project”で発掘した謎のエネルギーによって人類が危機に瀕しており、プレーヤーはオンラインで互いに協力しながらこのエネルギーと戦うというストーリー。
MMORPG(多人数同時参加型RPGゲーム)の一種で、NianticはMMMMORPG(マップベースのモバイル版MMORPG)と定義する。
Android端末のカメラで現実世界を表示すると、現実世界に潜む謎のエネルギーが見えるので、これと戦う。
同じ場所にいるプレーヤー同士は位置情報で互いを認識できるので、協力して目標を攻撃できる。

--------------------------------------------
(同、NHKニュースより)

グーグルがバーチャルゲーム開発
11月16日 9時52分
アメリカのIT企業、グーグルは、15日、スマートフォン向けのゲーム市場に参入し、日常的な場面を舞台にした、バーチャルリアリティーゲームを公開しました。

グーグルは15日、スマートフォン向けのゲーム市場に参入すると発表し、独自に開発した無料のゲームを公開しました。
このゲームは、2人以上が敵と味方に分かれて、街を歩きながら楽しむもので、スマートフォンに表示された地図を見ながら、指定された場所にある仮想の「パワー」を獲得したり、陣地を取り合ったりします。
グーグルは、ゲーム用の地図に店舗や商品などを表示することも検討しており、新たな広告収入につなげるねらいがあるものとみられます。
当初は紹介制での利用にとどめるとしていますが、グーグルは今後も、日常的な場面を舞台にしたバーチャルリアリティーゲームを開発したいとしています。
グーグルは、現実の世界とインターネット上の情報を融合して見ることができるようにしたメガネ型の端末の開発も進めており、現実と仮想空間を重ね合わせた分野に関心を向けています。

--------------------------------------------



きたか…!!

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /


遂に来ましたねARゲーム。
でもさ、街中で遊ばせて広告収入狙うとか、ちょっとどうかと思うんだがなー。

ゲームに熱中(したふり)→ 自動車事故 → ゲームのせいで事故にあった、賠償金払え

アメリカ人なら、こういう訴訟コンボが成立するの分かってるだろ。
ARゲームは屋内でないと事業として絶対に成り立たない。
グーグルの会社員はモニタ見てないで現実見るべしだと思う。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。