女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7・26 NHK高校講座「マンガはやっぱり面白い!」 に対する管理人の感想

聞き役:KIKI
ゲスト:荒木飛呂彦
内 容:
(1)都立総合芸術高校における、荒木先生のキャラクター論と実技
(2)マンガとアートについて
(3)マンガとファッションについて
(4)マンガと芸術について
 ※内容の順番は入れ替わっています

以下折りたたみへ

感 想:

(1)荒木先生のキャラクター論について

荒木:JOJOの場合、世界観とキャラクターを同時に作ると、同時にストーリー・プロットが出来てくるんです。
で、作家のメッセージ性というものは、滲みだしてくるというか、背後に隠してる

KIKI:先生の作品でよく語られる「人間賛歌」とは?

荒木:それは、人間中心に描く、って事なんです。主人公が道具を使ったり、神様が都合よく助けてくれるって事ではなく、己の心と知恵と力を使って問題を解決し、状況を切り開いて立ち向かっていく事です。
ルネッサンス思想の影響なんですよ。
人間は素晴らしいんだ、人間を描くのが一番面白いし、みんな人間が一番興味ある。 そういう意味で、キャラクター(を作るのがマンガにとって最も大事)かな。

KIKI:じゃあ、無機物であっても、ちゃんとそういう性格付けがなされていればOKという事ですか?

荒木:そうですね。それに加えて、僕は「前向きな行動原理」って物を付け加えています。こう、読者の人が「読んでたらなんだか力が湧いてくる」みたいな。

※この後、荒木先生は、生徒に対して(ナレーター曰く)「秘伝」の「キャラクター身上調査書」を見せてくれる。

araki01.jpg

---------------------------------------------------

【荒木飛呂彦のキャラクター身上調査書】

・名前、年齢、性別
・身長、体重、生年月日、星座
・出身国・出身地、血液型、髪の色、利き腕
・その他の身体的特徴(※ここ、結構スペースを割いてた)

・父親はどんな人、母親はどんな人
・兄弟、姉妹、祖父、祖母
・将来の夢
・口癖、くせ
・恐怖(欠点、弱点)
・尊敬する人、嫌いな人(恨んでいる人)
・その他の性格上の特徴(長所や短所)
・親友
・ボーイフレンド・ガールフレンド
・受賞歴、犯罪歴、学歴、資格
・職業、学校
・経済状態
・好きな食べ物、嫌いな食べ物
・特技、特殊能力、必殺技、キメ台詞(※ここもスペース割いてあります)
・その他(※不明な項目だけど、多分「その他の能力」って意味だと思う)

・好きな音楽
・好きな芸能人
・好きな本
・好きな映画
・好きな言葉
・花
・アクセサリー・髪型
・ファッション
・コレクション
・色
・香り
・芸術

(※俺が「好きな」と打つのが面倒になったんじゃなくて、実際の調査書でもおそらくは前に来るはずの「好きな」が省略されてます)

・関係している組織、会社、犯罪など
・スポーツ、乗り物、格闘技
・好きな場所、土地
・お酒、煙草
・ペット

---------------------------------------------------

以上です。
その細かさと、なんだか好きなファッション系などのリア充項目が多いのにはビックリ。
パッと見た時の「外見」に関する項目なのかね。
キャラ作りについては小池先生も似たような事言ってたし、「キャラクターを作る」って事にちょっと真剣に取り組まないとダメなのかもしらん。

ただ、個人的に気になったのは、性格(キャラクター)を構成するには、恋愛経験や、過去の傷、尊敬する有名人なんかも必要だと思うんだよね。
だからこの表はJOJOを作る時に使うためのもので、その他のジャンルになったならば、各個人で作り直さなければならないと思う。

あくまでもこれは荒木先生のスタイルと理解しつつ、でも大変勉強になりました。

---------------------------------------------------

荒木「例えば、他のマンガであるんですけど、運動がダメというキャラが、後半バトルで強かったりって展開があるんですが、これは作者さんに設計図がないので、キャラクター像がブレてるんですね」

荒木「なのでそういう事がないよう、自分の頭の中の設計図として、これらの要素を組み合わせて、有機的に人格を作っていく訳です」

---------------------------------------------------

※以上で、「荒木先生のキャラクター論」は終了。

都立総合芸術高校の生徒さんが、実際に荒木先生の指導に従ってキャラクターを作るシーンもございましたが、率直に言えば、もっと荒木先生をクローズアップして頂きたかったのに、全然サラッとした扱いで、俺の怒り心頭激烈発火状態。

そりゃ一般人には全くウケないだろうけどさ、それだと荒木先生を呼んだ意味ねーだろッ…!!
どんな層がこの番組見るのか考えろよ!

(2)マンガとアートについて

荒木先生は、子供の頃親御さんの買ってた美術書を読む機会があったんだそうな。
それで、ポール・ゴーギャンの絵を見て「ああ、大地はピンクで書いてもいいんだ」と思ったと。

araki02.jpg


美術の先人たちにリスペクトを得て書いているのが今の荒木絵。

araki03.jpg

※記事を理解しやすくするために、テレビを写真でとった画像をアップしてますが、肖像権や著作権に触れる可能性が大なので、不都合が生じた場合、または苦情があった場合はただちに削除いたします。

(3)マンガとファッションについて

えっとまぁ、グッチ(裕三にあらず)があるよね?
あのファッションブランドの。
それとJOJOのコラボについて語ってた。
あと、荒木先生の絵がファッション誌の表紙を飾ってた事が紹介された。

(4)マンガと芸術について

ルーブル美術館にJOJO画が飾られていた事が紹介されていた。 館長が「荒木先生の絵には美術たりうるパワーがある」って言っていた。
まぁ確かに荒木先生の絵は芸術の域にまで踏み込みかけてるよな。

---------------------------------------------------

所感:
荒木先生の吸血鬼っぷりが半端なかったです。
50歳越えてるのに、30代と言っても全然通用する若々しさ! 
本当に仙道(波紋法)や石仮面持ってんじゃねーのかと思わせる見た目でしたわ…。
まぁ、番組内容については、さっきも書いたけど、荒木先生のお考えを頂ける場面が超少なくて大不満。
構成を考えたADが俺の目の前に居たら、間違いなく

---------------------------------------------------

「人体実験だッー!」
ドスッ 「ぐえっ」
「はははJOJO! 俺はお前が長年に渡って研究してきた結果を、一夜にして知るのだッ!」
ファファゴォオオオ
「はッ! …光が!?」

---------------------------------------------------

もしくは

---------------------------------------------------

「長(オサ)!」「長(オサ)!」
「血は 永遠なり!」
クルッ ドッガァ! ブビュゥーッ

---------------------------------------------------

というように石仮面の実験台にしてますね、ええ(マテ



NHKのweb放送でも見れるんで、興味ある方は是非見てね!
スポンサーサイト

*Comment

 

アニメはどんな感じになるんだろう…
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.08/07 15:48分 
  • [Edit]

参考になります。 

どうも、absintheです。
キャラクター身上調査書は大変参考になりました。
自分も拙いながら物語を作っている身です。
これくらいは出来るように頑張ります。

ちなみに。
先日返答頂いた小説ですが、「8」話で完結なのですが……読んで頂けると幸いです。
スピンオフに関しては私個人としては大歓迎です。
違う人が書いたらどうなるのか、大変興味がありますね。
かのクトゥルフ作品群のように、皆で書き合えたら面白そうですし。
丼$魔さんが書いたのも見てみたいですね(マテ

では、アドバイス有難うございました。
  • posted by absinthe 
  • URL 
  • 2012.08/08 17:55分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

> アニメはどんな感じになるんだろう…

俺もPVみたいなの見ましたけど、「深紅のロマンホラー」的な印象はあまりなかったっていうか、綺麗でお洒落な感じでしたね・・・。
いや、作画は割りと忠実だったから良いんですけど。
  • posted by 丼$魔 
  • URL 
  • 2012.09/09 12:47分 
  • [Edit]

Re: 参考になります。 


> 先日返答頂いた小説ですが、「8」話で完結なのですが……読んで頂けると幸いです。
> スピンオフに関しては私個人としては大歓迎です。
> 違う人が書いたらどうなるのか、大変興味がありますね。

あ、ごめんなさい、俺は7話の後半を8話として認識しておりました。
ちゃんと読んでますよー! スピンオフ的な物については俺も好きです。

以前PECOさんから、マイキャラ書いて頂いたことがありますけれども、やはり他人のイメージと自分のイメージは違っており、またそれが面白く嬉しいんですよね~。
  • posted by 丼$魔 
  • URL 
  • 2012.09/09 12:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。