女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

パワーゲームのアキレス腱

先日、滋賀県OOT市OUZZK中学校にて、もの凄いイジメによる自殺が発生し、報道がされましたね~。

・イジメの首謀者の苛烈な行為(死んだスズメを喰わせる、金を巻き上げる、自殺の練習させる、実際死んだ後に写真にイタズラする)

・その首謀者の親、祖父がPTA会長や警察官だったため、教育委員会や市長はだんまり

・先生もイジメの現場を目撃して「ほどほどにしとけよ」と止めずにスルー、後にイジメをじゃれあいと思ったと意味不明の釈明

・自殺後に、イジメの有無の調査をするものの、市長の「もう追加調査しないよ!」や、教育委員会の「アンケートにはいじめの事実…らしきものが書いてあったけど、事実かどうか分かんないし、加害者の人権に配慮しなければ」という神対応

・市の顧問弁護士が、被害者の親に「いじめがあったって証明できんのかよ! 何年何月何日何時何分何秒に何処であったのか言ってみろよ! またどうやったら解決できんだよ!(ハァ?)」と詰問

という、これ以上ないほどの隠蔽体質で、ネットでは大評判。
正直、自分の体験的にも、子供を持つ親としても、イジメ問題ってのは看過できない問題ではあります。

イジメ問題…。
「いじめた側が悪いのか、いじめられた側に問題があったのか」
「どうすれば未然に防げたのか、またどうすれば解決できたのか」

には様々な議論がある所ではありますが、正直、悪い悪くないの倫理的な議論はあまり意味がないような気がするんです。
俺が記憶している子供の世界は、もっと野生的で、原始的なパワーゲームの世界でしたから。
強いか、あるいは人に好かれるか、その総合力によって人の「優劣」が決まる無慈悲な世界。
俺はそう思ってますので、倫理がどうのというよりは、実際的な対策を優先すべきだろうと思います。

すなわち原始の狩猟世界同様に、自らの狩猟技術を鍛え、相手の弱点を知り、相手の力を封じて先制攻撃でボコボコにする。
この世はどういうフィルターを掛けていようとも、最終的には弱肉強食です。 力を持つ側が強いです。
アプトノスみたいに「生肉」と呼ばれて無駄に狩られたくなかったら、強くなるしかない、と俺は思っています。

で、実際にどうするのかというと、俺としては予防策を強く提唱したい所であります。
女子のいじめについては対応が分かりませんが、男のいじめ解消、その予防についてはある程度分かります。

筋肉を付ける事です。

筋肉の鎧と言えるほどに、筋肉トレーニングをしまくれば、腕の太さ、胸の厚さなどの見た目、そしてじゃれ合い(柔道の授業とかね)の際のうっかりパワーで、「こいつヤベェ」といじめられる事はなくなります。
誰でも知ってる事ですけど、「強者はいじめられない」からですね。

格闘技を習わせるのも良いことですが、相手を怪我させた時が恐ろしいのでですね…。
適切な正当防衛になるとは限らないし、えてしていじめっ子の方が格闘技習ってたりするから性質悪い。
逃げ脚鍛えたり、防御力をかさ上げした方が絶対に効果的。

それにね、大人になっても職場でイジメってあるのよ。
学校の中だけでは絶対に終わらない。
だから、イジメられる人に原因が無かったとしても、「いじめっ子から目を付けられた理由」を自分で解消しておかないと、後々また自分の身に災いを招きます。

そういう意味では、大人になったら口八丁で、世渡りという処世術を身につけるのも大事。
別に口が巧いのは恥ずかしくないよ。自分が生きて身を守るためです。


で、このOOT市のイジメの例ですけど、正直このイジメは度が過ぎてますよね。

実は、いじめにおいて、イジメる側には、ちょっとした法則があります。
それは、大抵の場合、イジメる側の家庭環境が不幸なんです。
俺の体験談からの発言なので、信憑性には欠けますが、何かの目的・目標がある人…視線が「外」に向いている人は、イジメなんて暇な事はしません。
ただし、何か鬱屈した問題を抱え、それが解決しない状態にある子供は、「内」に視線が向き、鬱屈を晴らすために人をイジメます。

ぶっちゃけた話、イジメっ子ってDQNの場合が多いでしょ? そして彼らの家庭環境は、大概不幸です。
でも、彼らも友達を作り、打ち込める物を持たせてやれば、つまり外に目を向かせれば、イジメは徐々に解決していくんですよ。
そして、それこそが教師の目的でもあるはず。


でもこのOOZ市の場合、多分首謀者の子供は、両親の育て方が非常に悪かったんでしょうな。
厳格な家庭の圧迫的な教育だと、大概の場合、子供は歪んで育ちます。
あなたの身の回りでも、偉いさん所の息子は葛に育つ確率が割と高いでしょ?
マンガで言えば「はだしのゲソ」のクソ森とかさ。ギギギ。 
今回の場合、その鬱屈が、いじめられっ子に向いたんでしょうな…。


さて、本題。
イジメに対しては、いろんな原因、対抗策がありますけど、一番の対抗策は、相手側の親をフルボッコにする事です。

「親」こそが、イジメというパワーゲームのアキレス腱。

俺がOOZ市のイジメられた側の親だったら、息子に言って(あるいは自分で)教室を盗撮し、イジメの原因を映像や音声で確保します。
盗撮罪? 家宅侵入罪? やだなー、子供の命を守る方が優先に決まってるじゃないですか。 
いざそうなれば、もちろん後でゴメンするよ。

そんで弁護士に相談した上で、相手の家に直接乗り込んで、この映像を公開する、イジメの事実(=傷害罪)があるのだから、迅速な対応がなされない場合、賠償金を要求する、と交渉します。
この場合、相手の親がPTA会長、そして警察官OBなのだから(自分の社会的身分に影響あるんで)余計効果的なはず。

…でも、何も言わずに映像をいきなりネットにアップして、ほどよく炎上した所で、鬼女板とかに、首謀者の住所・氏名・画像とかの燃料を投下した方が早いかもしれんな(マテ

このOOZ市の首謀者は、炎上したネットの力によって転校したらしいしね。
これが生きてる間だったら、何もかも解決したのにね…。

そう、全てが終わってからじゃ遅いのよ。
親が命を掛けるべきは、子供がまだ生きている間です。
そういう意味では、もっと早いうちに、この子も親御さんに相談できればよかったのにな、と思う次第です。
スポンサーサイト

*Comment

 

さすがです。
  • posted by オサレ泥棒 
  • URL 
  • 2012.07/10 16:21分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.07/11 11:07分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

> さすがです。

なんか短文で褒められると、裏の意味があるんじゃないかと思って怖くなりますw
でもねぇ、実際いじめに対しては、決定打といえる対応策が無いんじゃないかなぁ。
俺とて、「こうやって子供を守るぜ!」という、多分可能性高そうな方法書いてるだけですし…。
  • posted by 丼$魔 
  • URL 
  • 2012.07/11 20:58分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

>未然策に関しましては色々方法があると思った始末です。
そうですね~。 あまり言いたくないのですが、何でいじめられた親御さんは、もっと早く気づいて対応してあげられなかったのか、と思うのですが…。
某掲示板においても、いじめに対する復讐方法なんかが列挙されてるんで、案外面白いですよ。

> 「GTO」の実写ドラマが始まったのは、こういった未成年の事件の多さからでしょうか?
「黒の女教師」とかもそうですし、空想でしか教師の在り方を教えられないのかもしれません…。
ちょっと悲しい話ですが。
  • posted by 丼$魔 
  • URL 
  • 2012.07/11 21:00分 
  • [Edit]

返信ありがとうございます 

いっそ学校に監視カメラをつけては?あと警察官を常駐させて治外法権態勢(笑)を学校からなくすべきだと思いますね。
そもそも国民の税金で働けててる訳ですしそのくらい警察はがんばってよいんじゃないでしょうか。
  • posted by オサレ泥棒 
  • URL 
  • 2012.07/13 17:15分 
  • [Edit]

Re: 返信ありがとうございます 

> いっそ学校に監視カメラをつけては?
それなんてソーシャルカメラw
某小説でそのネタあったんですけど、イジメっ子は監視カメラの範囲外の箇所で主人公をイジメてましたよ。

ちなみに俺が思う、安価で効果的な策としては、学校内の指導ネットワークに、警察を混ぜ込む事だと思います。
学級崩壊や暴力事件を起こしがちな問題児童を早々からマーク、リスト化して、児童相談所と連携し圧力を加えれば、クソガキもビビって思いきった事はできなくなると思います。
  • posted by 丼$魔 
  • URL 
  • 2012.07/13 18:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム