女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

GUNNERS HEAVEN#1 後書き(みたいなもの)

えー、今回の記事は「#1」の後書きとなる訳ですが、まず、まともに時間作れなくて、随分時間が開いてしまった事をまずお詫びしたいと思います。
これも「MH3G」が面白過ぎるせいや…!(マテ

で、シャルルが登場した「#0」は、世界観と登場人物、舞台装置の紹介編だったのですが、「♯1」は、ようやっと主役の登場編な訳です。
しかし、1年かかって主役登場だぜ…? 我ながらこの展開の遅さはどうかと思う…。

そして、後書きとして書いておかなければならない事が

「JJのモデルになった方、どうもすみません…。 さぞかし、こんな展開になるとは想像もしていなかった事かと思います」

です。

劇中で出てきた「JJ」のエキセントリックさを見て、「え、これが俺をモデルにしたキャラクター?」と、ガチで呆然となられた事かと思います。
ホントにごめんなさい(汗)

しかしここは堂々と説明させて頂きたいのですが、物語作り…特に主役格の人には、話をグイグイと牽引していく、強烈なキャラクターが必要な訳です。
そしてまた、ドラマツルギーのセオリーで、マルクはもちろん、物語の後半で、JJの考え方や態度にも変化が見られるようになります。
なので、その変化前…つまり「導入」の際には、この変化が顕著になるように、相当強烈なインパクトを与えなければならない訳です。

そんな訳で、JJは今の所、あれほどまでに強烈なやんちゃ坊主キャラクターとして描かれている訳です。
このキャラづけは物語の後半、ラスト直前まで続く訳ですが、「キチンとエピローグまで書くから!」と言う約束を担保として、なにとぞこの展開にご容赦頂きたいと思います。

まぁそれに、筆者の立場から申しますと、実際JJのキャラクター付けは、まだ良好に扱われている部類に入ります。
他の方のキャラクターなんて、拷問受けたり、セクハラの嵐だったり、既に過去の人だったりと、俺自身「いいのかなー(マテ」と思いつつ書いてるくらいですから。

そして、先んじてお詫びをしておきたいと思うのですが、今回の小説のキャラクター付けで一番ブッ飛んでいるのが「笹神龍心」です。
どれくらいヒドいかって、モデルになったSasamingさんが、関西から直接九州に乗り込んでくるレベル(爆)

そんな訳でまぁお楽しみに! 俺も別な意味でハラハラしてる!(ぉ
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム