女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUNNER'S HEAVEN(♯0)の後書き

という訳で、無事に、「ガンナーズへヴン」のシャルル+エイグリル編とも言える、「♯0」が完結しました!
途中でエルミにハマって、気付けば一ヶ月近く小説書いてなかったりとか色々ありましたが、とにかくご愛読ありがとうございました!

で、俺が創作修行時代の頃、「後書き」を書くのは「作品が完結してから」と、お師さん達に厳しく戒められておったのですよ。
「後書きで内容を書かないと伝わらない」というのは、本編で全てを読者に伝えきれていない、つまりは自身の技量の未熟ゆえに他ならないと。

という訳で、あまり気が進まないのですが、作品の性格上必要だと思いますので、このように章の終り毎に「後書き」を挟ませて頂きたいと思います。

まず初めに、お礼とお詫びを申し上げさせて頂きます。
この作品は、あるテーマを軸として、それに対するいろんなハンターさんの「解釈」を、冒険活劇タッチで描く予定の作品です。
そのため、実在する幾人かのブロガーハンターさんに、それとなく「テーマ」への解釈について取材していると同時に、「貴方のマイキャラをモデルとして小説内に登場させて良いでしょうか?」とお伺いを立て、登場人物とさせて頂いております。

で、まず最初に出てきたのが、下記のお二人です。

「シャルル=サンドリオン」のモデル…「灰色の戦乙女」のAshさん

まぁもう、最初のコメントを頂いた時に誰だかモロバレだったので、今さら大仰に言うのも何ですが、シャルルのモデルがAshさんです。
ブログ内で良く見られる、お色気…もとい華やかなお洒落装備記事と、縛り大剣武神25分針という強烈な技量、黒龍騎士団団長という設定、実に(絵描きさんらしく)エンターテイメントとして分かりやすい要素満載だったので、イメージが最も容易だった方のうちの一人ですね。 
キャラクターとしては一番最後に生まれたのですが、小説の構成要素に凄く親和性が高かったので、無事登場と相成った訳であります。
っていうか、メインの女性キャラが少ないと分かっていたので、是非とも登場させたかったってのが本音ですw

一応、作中のセクシー…もといセクハラシーンは、ご本人に了解を頂いてはいたのですが、後から見なおして「これは酷いわ」と思いつつ、ちょっと悪ノリし過ぎて止められませんでした(マテ)

ご本人さんのイメージカラー「灰色」は古典名作RPG「ウィザードリィ」で死亡の蘇生に失敗した時に「灰」になる、のを引用されているのですが、名前を付ける時には、「灰」繋がりで、でもちょっと可愛らしく「灰かぶり姫(シンデレラ)」から引用しました。
でも、本編中でそんなシンデレラ姫の如き恋愛シーンは皆無です(ぉ


「エイグリル=ローグ将軍」のモデル…「老人と森丘」のラームさん

ラームさんのブログ記事を読ませて頂いておりますと、記事の節々にMH世界をこよなく愛してらっしゃる事が伺えるのですが、その「MH世界を愛している」のと、ノーマル「スノウギア=ドライブ」で武神やっちゃうその技量、その思慮深さにインスパイアされて「国を率いていく指導者」としての立ち位置で、小説に登場と相成りました。

なお、ラームさんのキャラクター設定は以前にお伺いさせて頂いていた(浅黒い肌、頬の傷、目が悪いなど)のですが、作中で語られている黒鳥(龍)騎士団のイメージは、「正直村」でのフォトコンテスト作品の黒騎士姿に由来しています。

それと、俺は存外に、TRPGっぽくキャラクターを作っておりますので、そのキャラクターはブロガーさんご本人の立ち位置をある程度反映させた物になっております。

例えば、今までの作品で出てきた登場人物の「知名度」は、お持ちのブログのヒット数に比例してたりします。
なので、

「モンスターハンターイラストブック」の矢崎さんをモデルにした「キャミノ」、
「MHP3やってみたい」の塩さんをモデルにした「ソルト」、
「親父のMHP2G日記+α」のBADさんをモデルにした「悪王」

は「一般にも知られるほど有名人」という脳内設定となっております。

これと同様に、「アーマード・コア」及び「FPS経験者」のキャラクターには「傭兵属性」が漏れなくくっ付いておりまして、それゆえにエイグリル将軍とシャルルは「傭兵経験あり」という事になっております。
(※他にも同じ理由で傭兵経験のある方が居ます)

で、この「アーマード・コア」に登場する傭兵の事を「レイヴン(大烏)」と呼称しているため、劇中では、前バルベキア公が指揮し、エイグリル将軍が団長だった頃は「黒烏騎士団」、権限を剥奪されてクリス王子が指揮する事となり、シャルルが団長になってからは「黒龍騎士団」とネーミングが変更された…と言う設定な訳ですね。

ところで、今回のお話は、「ガンナーズ・へヴン」という名前なのに、いきなり無関係そうな「大剣」と「戦争」から話が始まって、なんのこっちゃと思った方もいらっしゃったかもですが、実はこの「♯0」は、一言で言うと「舞台の説明編」です。

「ももたろう」で言えば、おじいさんとおばあさんを紹介して、桃が川から流れてくる所まで。
ストーリーのテンプレで言えば、「とりあえず登場人物を全部紹介し終わる」所まで書いた訳です。
つまり、ようやっと今から本編の本編が始まる訳ですね。 

…ええ、実際は、「プロローグ(Overture)終わったのに、またプロローグ(♯0)」だった訳です。 スイマセン。
ホントの本篇は次(登場人物紹介)の次からだッ!

しかしまぁ、俺が小説を書く時には、こうして他人様のキャラクターを脳内再生して演技させる訳なのですが、実に、このお二人のキャラクターは素晴らしかったです。
自分が脳内で作ったキャラだと、どうしても自分の分身となるからなのか、ある一定の「枠」を越えられないものなのですが、実在の方を取材して書くと、自分の手にも負えないほどの強力かつリアルなキャラクターとなり、それは凄く創作の上で助けにも励みにもなるのです。
(※ま、俺が二次創作に長く関わってきたから、こういう作り方の方が向いているからかもなのですが)

そのおかげで、単に説明描写で終わるだけだったプロローグ編も、良い感じに話が膨らんだように思います。
実際、今回「筆が勝手に走る」体験をしましてですね、クリス皇子がシャルルに「結婚してくれ」と言い出したのは、構想なしの全くのアドリブです。
自分でも、どうやってこの拡げた風呂敷を畳むか考えてない(ぉ)のですが、シャルルが逃げだしてからクリス王子が追いかけてくるシーンは自分でもなかなか面白く書けたなーと思っておりますし、伏線も結構含ませられたので助かりました。

ただまぁ、俺が申し訳ないなって思っているのがですね、そのキャラクターの扱い。
流石に事前にお断りをしていたとはいえど、実際に本篇での扱いを見てビックリされた事かとは思います。
かたやセクハラ、かたや拷問ですからね(ぉ
ですが、許可を頂いた他の皆さんの扱いも、実は大体こんな感じです(ぉ)

学芸会の劇であっても、全員が主人公に成れる訳ではなく、話にピンチが無ければスリルも味わえません。
むろん、皆さんの造形したキャラクターを貶めるつもりは毛頭ありませんが、ここは創作作家としては是非ともお願いしたい所ですので、そういう事情をご勘案された上で、多少、手荒な扱いになる事も、広い心でご容赦いただければと思っております。

後ですね、キャラクターの造形はお借りしたものではありますし、実際にそう言いましたが、話の展開上、モデルになった方々と、キャラが全く違う行動を取る時があります。

端的な話、シャルルが(ビアンカも)そこまでお洒落さんではなかったとか、これから登場する某方と某方の「自己厨度」が酷いとか、リアルには仲が良いはずのハンターさん同士が、劇中では愛憎渦巻く死闘を繰り広げたりとか。

キャラをお借りして演じさせるだけに、この厨展開には多少気が引ける部分もなくはないのですが、まぁそこは、楽しめるような作品にする事でお返ししたいと思っておりますので、ご容赦下さいませ。 できればパラレルと割り切って見て頂けたら嬉しいです。
あと最後に、この作品は、MHの世界設定をなるたけ維持するようにしていますが、痛快娯楽活劇としての側面を最大限に優先しておりますので、時々公式設定を完全に振り切ったトンデモ解釈が混じる事がございます。
まぁそこも、生暖かく見守って頂ければな~、と思います。 
よろしくお願いいたします。


…いやぁ、やっぱ後書きって、必要だとは分かっていても、自分の手品のタネを明かしているというか、自分のギャグの説明をしてるような気がして、冷や汗出てくるぜよ(ぉ)
スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.07/25 17:48分 
  • [Edit]

お疲れ様です。 

後書きも良かったです。
早く次が楽しみです!
  • posted by ゆうた 
  • URL 
  • 2012.07/22 09:53分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。