女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想とビジョン

今年の夏ですけど、多分、一部において、現在休止中の原発が運転再開する事になるかと思います。

理由はねー、今年の夏もわりかし暑くなるんだけど、クーラー用の電力足りないから。
厳密に言えば、国の貿易収支の黒字化のために、企業の節電の一部解除を行わざるをえないから。
今も既に、原発再開の動きがチラホラと出てきてるんですが、夏になるにつれ「節電止めようぜ」の動きは加速するでしょうね。

っていうかね、原発って、稼働してようが停止してようが、どっちにせよ危険なのですよ。
福島原発だって、震災当時、定期点検のためにいくつか停止状態だったし、実際に震災に遭った時は自動停止しました。
でも全部メルトダウンしましたよね。 まぁそういう事です。 

まぁ、チェルノブイリみたいに、人的ミスで稼働中に爆発とかになったら最悪ですけど、そういう事はまず起こり得ない。
で、稼働しても停止してても危険度がほぼ一緒なら、復興のために電力足りないんだから、動かしたら?
って論理をお持ちの方がいらっしゃる訳ですよ。 誰とは言いませんが例えば某ジミソの石ころとか。

そういう方々にとっては、地元住民の「原発を再開させるな」というのは、市民感情としては分かるけど、リスクはほぼ同じなのに、発電しないという損を抱え込んでるだけなので、ヤキモキしちゃうんですよね。


それはさておき、俺も原発には基本的に反対の立場なのですが、いきなり原発を止めてしまうのは、実際問題として結構厳しいと思うんですよね。
節電節電とよく言われてますが、さぁ明日から15%節電しろ、と言われると、できなくはないけど、現実には結構厳しい。

ちょっと「例え話」を挙げてみましょう。
起きている時間を16時間とすると、15%の節電は、そのうち2.4時間を電気なしで過ごす計算になるんですが、仕事や食事など、決して節電できない時間帯もある訳ですから、遊興の時間、端的にいえば団らんの時間から優先的に削らざるを得ない。
無論、昼と夜の電気の使用料とかもあるんで、一概には言えませんが、一般家庭で言うなら、夜の団らんを1~2時間削れ、と言っているのに等しい訳です。
まぁ、エアコンを全く使わないとか、そんなんでも15%は達成できますけど、実際は結構厳しいからねー。
いや、まぁ、実際に被災した方々に比べたら、そんな事何でもないってのは分かってるのですが。


原発を廃炉にしたって、十数年かかるんだから、70年代に設置された、耐用年数越えてる原発から順次止めて行って(っていうか殆どの原発がそうですが)今のうちに真面目に地層処分や海嶺処分を国レベルで検討した方が良いと思う。
何でもかんでも反対するのは、合理的でないと思うのですが、いかがなモンでしょうか。


なので、脱原発・代自然エネルギーという、この世間の潮流はは極めて妥当な流れなのですけれど、その中でも俺が特に注目しているのが、太陽光発電です。 

なんで太陽光発電推しかって、エントロピーの法則ってあるじゃないですか。
閉じたエネルギー系(地表)の中では、全てのエネルギーは拡散しますので、最も効率のよいエネルギー源は、太陽光・太陽熱が一番だろうと思ってる次第なのですよ。

最近は結構ソーラーパネルを家に置いている所も多うございますけど、実は俺の実家も太陽光発電してます。
投資に○○○万円かかりまして、親父と俺で折半して出したのですが、俺、今実家を離れてアパート暮らしなので、別に電気代出してますw

しかし、この太陽光発電、一度設置しちゃえば、10年間は電気代がタダになる上、売電って事で、発電所に電力が売れます。
売電は法律で義務付けられてるんでガチです。
約15年の間、ソーラーパネルが持てば、営業の人は収支はトントンになると言ってましたけど、どうかなーって感じはします。
太陽光発電自体が、まだ始まったばかりなので、ホントに15年も持つの?って感じなんですよ。
メーカーとしては30年保障とかうたってる所もあるらしいけど、実績ないしねぇ…。

しかし、この太陽光発電における投資のコストが遥かに安くなる…つまり初期投資100万円ほどで15年持てば、これはスゲエ儲かりますよね。
パネルが高いのは半導体使ってるからですけど、これがもっと安価な素材でできればですねぇ…。
例えば、クロロフィルで励起電子の移動によってエネルギーを取り出す、バイオ太陽発電とかできないモンですかね。

我ながら夢みたいな事言ってるなぁ、という自覚はもちろんありますよ。
ただ、安価な太陽光発電が実現できれば、日本は電気産業において、世界にリードできる存在になれると思うんだー。
地球温暖化や京都議定書も同時にクリアできるし、企業にはぜひ頑張って頂きたいところです。

脱原発は、資源弱小国の日本にとっては、わりかし厳しい選択肢です。
ですが、困難な時こそ、新たなビジネスチャンスでもある訳で、そこは技術者の方に頑張って頂きたいと思う訳です。

頑張れニッポン!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。