女神の機械槍

モンスターハンター関係の二次創作(イラスト・小説)ブログでしたが、最近はオリジナル小説に傾倒中です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽかぽかアイルー村G

どうも、表題のゲームの発売が決定されたようです。

「マジで…?」

というのが、俺の率直な感想なのですが、「夏までにはまだプレイヤーを驚かせる事をします」と、カプンコさんが仰ってましたので、ああやはり、夏までに「モンスターハンターポータブル3rdG」の発表がなされるんだろうなーと思っている次第。 
そして発売は多分1年後、平成24年の春。
ぽかルーGの発売は飽き、もとい秋かな。

正直なところ、「3rd」のレビューは、フルコンプしてから書こうと思ってたんですが、こういう駆け足の販売展開では、途中であってもちょっと喋らざるを得ないですね。

で、「3rd」における俺の率直な感想を申し上げてしまいますと、何の偏見もなしに単独のゲームとして見た場合、「P3」凄い面白かったです。 いや、今でも面白い。
当面、いろいろな武器で戦い続けるでしょうので、俺の狩人ライフはまだまだ続くと思います。


ただし、MHPシリーズの最新作、続編として見た場合、面白いけど「未完成」だと言う評価も足したいと思います。

つーのも、大変残念ですが、「3rd」には、俺が最も嫌う、商業主義の匂いが濃厚に漂ってる。
いや、商業主義そのものがダメだと言ってる訳じゃない。
だけど、俺はですね、ゲームもエンタテイメントについても、作り手さん達が好き放題やっている作品が好みなんです。
「俺達が作りたいのはこんな作品なんだよ!」
って、モニタ越しに伝わってくる作品は、大抵の場合絶対面白い。
その作品の中に、どれだけ純粋な「好き」という気持ちが詰まっているかという事は、ガチでプレイヤーにはビシビシ伝わりますからね。

これに対し、企業の都合で作っている作品というのは、大抵面白くない。
より正確に言うと「商業主義」を念頭においたゲームというのは、オタクな俺の表現で言えば「鼻につく」んです。

範馬勇次郎的な表現でいえば「ゲームの純性を損ねるが如き行為」。
極上の料理に、ハチミツぶっかけてダメにしちゃうが如き行為なんですね。

そして残念な事に、MHシリーズにおいても、この「商業主義」の流れは止められなかったようです。
まぁ、MHP3の体験版は、俺としてはGEBの発売に合わせてきたもの…だと思ってるんですよね。
P3の潜在需要を奪われる前に、市場をP3色に染めてしまえ、というカプンコ上層部の命令で、急きょ強引に発売したという。
つーか、もう今さらですけど、体験版の双剣、強くて面白かったらしいのに、製品版ではきっちり調整してるし。
それならさー、体験版にこそ弓と笛とガンランス入れとけばよかったじゃん…。


その、商業主義。 おカネは誰だって大好きだ。 俺も好きだ(ぉ
そして、一番俺が懸念していたのが、下記のような考えがカプンコ社内に蔓延する事でした。

「こんだけ『2G』売れたんなら、今作ってる『P3』は、『P3』と『3G』に分割しちゃえよ。 そうすれば400万本×2=800万本の超ヒットだ。 ボーナスがスゲェぞ、遊びほうだいだぞ、家のローン完済だぞ、クルーザー買えるぞ、海外旅行行けるぞ」

大変残念なことに、俺がカプンコの上司なら、確実に部下にこういう事言う(ぉ
そして仮に部下の立場であったとしても、上司にこういう事言われたら、分割しちゃう(ぉ

だってねぇ、P3の最初のスタッフコメントで言ってたじゃん?
「武器を極限までカスタマイズできるシステムを搭載している」って。
「メモリーカードを抱きながら眠る事になる」って。
あと「協力プレイが面白いことになる」って。

それらの要素はどこに行ったの?
俺が考える限りは、今、鋭意開発中の「3G」にそれらの要素が載ってるとしか思えない。
いかなカプンコスタッフでも、↑のような白昼夢、あるいは煽るためのウソは言わないでしょうし、何らかの要素はその時点で「存在していた」だとしか思えない。
それが載ってないという事は、「P3」は、いわば「3G」のための「入門編・前半」としか思えないんですよ。

そして、入門編にふさわしく、また、400万本を販売するゲームとしてふさわしく、序盤の難易度をダダ下がりにする。
特に、モンスターを倒さないでも作れる、農場武器が強すぎるのはその典型例というか、
「初心者でも何とかできるようにしとけよ」
と上司から言われてあんな強さにしたのが見え見え。

とりあえず、初見のプレイヤーでも、ジンオウガくらいはなんとかクリアできるレベルにして。
正直、時間さえかければ、全くの素人さんでも、P3の村クエはほぼクリアできる、と思ってます。
これは良くも悪くも、新規のプレイヤーへの窓口を広げる行為。

そんでもって、実は新規モンスターが、意外と少ないんですよね。
「トライ」のモンスターから新たに加わったのが、アオアシラ、ラングロトラ、ウルクスス、ジンオウガ、ハプルボッカくらいで、あとは亜種なんですが、アオアシラとラングロトラとウルクススって、結構行動が似てるし、ぶっちゃけ使い回しのような印象を感じたプレイヤーさん方も居るはず。

まぁ、あれは、ジンオウガに至るまでの練習…といえば聞こえはいいですが、はっきり言うと、製作期間の割には、追加されたモンスターの数が少ない気がする。
以前、モンスターの追加においても、バランス崩さないように慎重にしている…というスタッフコメントがありましたけど、今回のP3では、ちょっと首を傾げざるを得ない。

まぁ、今日はこんな所にしたいと思います。
っていうか、カプンコ本社に、「3G」への要望をお伝えしたいと思うので、ここ数日「ここを改良しようぜP3」的な記事を載せたいと思います。

あ、ぽかルーGはですね、前のぽかルーレビューでも書きましたが、以前のままのゲームシステムだったら、今度は確実に買わないですねー。
それでも買いそうな自分がちょっとカプ畜、と思えてカッコいいのですが(マテ
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

どうも3rdは「肩透かし、期待はずれ、何故売ったし」って思います。
2Gの続編というか、ポータブルの続編としてプレイしましたが、
どうにもヌルすぎる。
そのくせ、モンスターの面倒な行動のせいでプレイ時間だけは伸びていく。
村下位で10分15分とかザラじゃないですか。
今までのモンハンにあった爽快感が根こそぎ取られている。そう思うのは僕だけでしょうか?

初心者や新規の窓を開くのはいいとして、既存ユーザーの事を考えてもらえて無い感じがします。

3Gでこれらが改善されていれば購入意欲も湧きますが、現状は購入しない方向です。

では。
  • posted by 蒼星石@ヴぃっぱ 
  • URL 
  • 2011.03/30 15:11分 
  • [Edit]

 

3rdはラスボス倒して一段落ついた辺りからどうにもやる気が失せてます。上でヴぃっぱさんが仰っていた爽快感の無さと、「リアルな生態系」がウリだったトライをベースにしたにも関わらず、ペッ子に召喚されたジョーはハンターしか狙わないような「不自然さ」にウンザリしてしまった感じです。最近は宇宙で∞級の冒険を楽しんでます(笑) あ、でもモンハンが嫌いになった訳ではないので、まぁ何にせよ3rdGに期待ってコトですね。
  • posted by 634 
  • URL 
  • 2011.03/30 18:35分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.03/30 20:17分 
  • [Edit]

NoTitle 

3rdは楽しいですが確かにまだ物足りないことはありますね。
単体クエにいるオトモボス(アシラ、ウルクなど)は、それ独立のクエストの方が良かったです。ウルク、バギィは単体クエがありませんし。
2ndG上位と比べてもこんなには無かったですし。
新規層を取り入れるにはいいかもですが、2ndや2ndG等から始めた人にとってはヌルいと感じてしまいますし。
端材バグやオートガードガンス等スタッフの調整不足もマイナス評価に拍車をかけてる気がします。
でも、良くなった部分があるのも事実ですし、次回作の3rdGは是非完成品として出して欲しいものです。
  • posted by Gekkou 
  • URL 
  • 2011.03/30 21:14分 
  • [Edit]

 

同感です。
3Gあってのものなんだと考えなきゃやってらんないヌルゲーでした。ちなみにもう売りました。
僕は2Gから入ったのでかなりギャップは激しかったですね。
村クエで出てくる乱入ジンオウガもジャギットショテル改であっさり葬れるし、ジョーも聞いてた程強くないし、アマツアルバは例によって弱い……
多分一番強いのはクルペッコ(笑)
なんか、モンハンなのに無双やってる感じなんですよね。
終焉を喰らう者はなかなか楽しめましたが……
終焉を喰らう者がGのスタンダードだとすれば、取り込んだ新規層はGが出た時ついていけるか不安ですね。P3発売以来電車の中で未だにモンハン持ちができてないハンターさんを結構見かけますから。
とりあえず、グラビ出せ!(グラビLOVE)
  • posted by 南嵐茶真 
  • URL 
  • 2011.03/31 06:44分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

丼$魔

Author:丼$魔
モンスターハンターをこよなく愛する熱・血・猿。

しかしどういう経緯を辿ったか、最近はオリジナル小説を更新中。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。